日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

書籍・映画

【悲報】岩波の「日本歴史」シリーズには縄文時代がない?!

更新日:

岩波書店100周年のメーンイベントのひとつ「岩波講座 日本歴史」の刊行が11月からいよいよ始まります。
総勢200人の研究者が、それぞれの分野について講座スタイルで説明してくれます。

全部で22冊、1冊3200円なので、全部で7万円くらい。高い?でも1冊320頁と決まっているみたいで、1頁10円と考えれば、ほーら、うーんとお得感がでませんか。

11月19日発売の第一弾は『原始・古代1』
その後、毎月、1冊ずつ出されます。4回目まで決まっており、「中世1」「近世1」「近現代1」と、それぞれの時代が順番に出されていくようです。

第一巻目はこういう項目。(岩波の特設HPより)
1 古代史への招待  大津 透
2 日本列島の成立と狩猟採集の社会  (東京大学)佐藤宏之
3 縄文時代から弥生時代へ  (東京大学)設楽博己
4 東アジアにおける弥生文化  (九州大学)岩永省三
5 倭国の成立と東アジア  (国立歴史民俗博物館)仁藤敦史
6 前方後円墳の成立  (大阪大学)福永伸哉
7 古墳時代の社会と豪族  (京都府立大学)菱田哲郎
8 倭の五王と列島支配  (関東学院大学)田中史生
9 朝鮮三国の国家形成と倭  (滋賀県立大学)田中俊明

縄文時代とメジャー研究者は排除の模様

あれっと思うのは、縄文時代がほぼ切り捨てられていること。
佐藤宏之さんは、旧石器時代の専門家。設楽博己さんは、弥生時代の専門家として有名。

まったく触れないわけではないでしょうが、縄文専門の「講座」が一つもないのはなんとも不可思議です。
テーマを決めるにあたって侃々諤々の議論があったのでしょうが、1万年以上続いた縄文時代を日本史から外してしまうというのは、なかなか大胆ではないかと。

と言いますのも、

小学校の歴史教科書から縄文時代が外されたときに、どれだけ多くの歴史関係者が、縄文復活のために血と汗を流したことか。そのおかげで、今は縄文時代が小学校の教科書にも復活したのですが、この岩波のはしご外しによって、また縄文が教科書から消える、なんてことがないといいのですが。

参考「【10年ぶり】小6教科書に『縄文時代』復活」(教育情報サイトeduon)

あとは、岩波らしいといえば岩波らしい矜持なのかもしれませんが、
一般の日本人にとってメジャーな歴史学者は、NHKに出てたり、本をたくさん出している人なわけですが、以下の人たちは出ていません。頼んで断れたのか、頼んでいないのか、知りませんが。

  • 小和田哲男氏(戦国時代)
  • 五味文彦氏(中世史)
  • 大石学氏(近世史)
  • 本郷和人氏(中世史)
  • 磯田道史氏(近世史)
  • 千田嘉博氏(城郭考古学)

加藤陽子氏(近現代史)はちゃんといますね。
原始・古代1 (岩波講座 日本歴史 第1巻)アマゾンで予約受け付け中

スポンサーリンク

ぶつぶつ言いながらも編集部はすでに予約すみ。岩波厨な過去エントリー「岩波書店が8月5日に100歳の誕生日!記念で歴史本のベスト5を選んだぞ」もどうぞ。




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-書籍・映画
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.