日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まだ半兵衛と官兵衛の名前の差がわからん人います?

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】第9話「官兵衛試される」三成、半兵衛がきたぞ~

更新日:

こんにちは、武者震之助です。第九回「官兵衛試される」です。以前チュートリアルが延々と続くゲームのようと文句を言いましたが、どうやらクエストが発生するようです。

前回のスナックサラリーマン飲み会で、すっかり官兵衛がお気に召したい秀吉は、そのことを半兵衛に語り出します。するとニヤリをニヒルな笑みを浮かべる半兵衛、という構図。

kanbee0302

三成にガンを飛ばす官兵衛

今回序盤で気になった点ですが、特に少々口が悪いだけで無礼な態度をとっていない石田三成に、官兵衛が思いきりガンを飛ばして喧嘩をふっかけるような態度を取っていた点です。
どうしてここまで大きな態度なのでしょうか。おそらく関ヶ原前夜、三成の器量の小ささに官兵衛はあきれるのだと思います。

そのとき、「思えば最初からあいつは虫が好かなかった」とこのへんを回想するのではないでしょうか。思えば大河ドラマにおける石田三成というのも不遇の扱いを受けています。
器が小さいのに無茶をする小者、人の心がわからない堅物、こうした描写が定番でした。

西軍側主人公の『天地人』では打って変わって熱血なようでクールな善玉扱い。どちらにせよ主人公の立ち位置でコロコロ変わるわけで気の毒なことにはかわりがありません。今年の三成は官兵衛にあきれられる小者路線が既定ということでしょう。

そのへんの思惑はさておき、官兵衛の態度が秀吉相手の時と露骨にちがいすぎて、なんだか嫌な奴に見えてしまうのではないかと心配になりましたが。

スポンサーリンク

竹中半兵衛との出会い

kanbee0302-3

そしていよいよ半兵衛との出会いです。官兵衛の策をことごとくニヒルに笑い却下する半兵衛。いかにも少年漫画的な、クールなライバルキャラ描写ですが、これまたちょっと性格が悪いように見えるといいますか。

なぜこのドラマの登場人物は、相手に対してまともな対応ができないのでしょうか。戦国時代の武士は荒っぽいとは思うのですが、そんな彼らにだってビジネスマナーや社会常識はあったと思うのですが。
このあたり一昨年の「いくら武士が小汚い暮らしをしているとはいえ、職場で上司に会う時は顔くらい洗って泥だらけでは面会しないだろう」というツッコミを思い出してしまいます。
それはさておいて、半兵衛によるクエストがついに出題されました。

「依頼クエスト:播磨の大名を説得せよ!」

このクエストですが、史実の結論を書いてしまいますと……播磨の諸大名、赤松や別所はそれぞれ小寺より先に織田臣従を選んでいるので、まるごと創作です。ズコー! しかもそうした対応は、むろん時期的に官兵衛にはできないわけで、荒木村重の手柄によるものだそうです。

スポンサーリンク

初恋の人を殺した赤松め!ギタギタにしてやる!→ 「懐かしいなあ」あれ?

でもいいんです、ドラマですからね! カッコイイイケメン軍師が、得意の弁舌でさらさらと説得すれば納得します。

別所:若年当主が官兵衛の手紙に感動しすんなりクリア(洗脳ぽい)
赤松:ローディング画面が切り替わったと思ったらクリア表示

なんでしょう……この説得シーンのムービーを、スタートボタンを押してスキップしてしまったかのようなクリアは。

特に赤松は初恋の人おたつがらみであんなに因縁があったのに、「赤松領内だ、懐かしいなあ」としみじみ。そしてそれに続く説得場面が一瞬で終わっているとはこれいかに。

こんな「ジョバンニが一晩でやってくれました」的な見せ場の連続でよいのでしょうか。これまではなんとか叫ぶ官兵衛、挿入される兵法書の一節という使い回しテンプレでもプレゼンシーンはあったと思うのですが(一応別所への手紙の中身で『六韜』が出ましたが)、それすらなくなるとはもう、タイトルの「軍師」とは一体何なのか……「同じ播磨の武士として!」という理屈が通じる戦国時代ではありかもしれません。しかし現状の官兵衛は、軍師と言うよりアポなしで強引に名刺を渡してくるイケメン熱血営業マンのようです。
あともう一点ツッコミどころですが、赤松家がいきなり使者を殺しかねない態度であったこと。いくら殺伐とした戦国時代とはいえ、使者は尊重されます。使者が来たら即座に殺すと脅すような家は、まずありえないでしょう。

しかもこのあと官兵衛は、敵は説得できたのに己の主君は説得に失敗していたとか、大軍が接近しているのに直前まで気付かない(荒木村重、毛利×2)、どじっこぶりを発揮します。

突如、本願寺登場!チュートリアルなし?!

ひととおりだしLOVEの荒木村重さんの惚気などを聞くと、またまた突如本願寺顕如が登場します。このへんもいきなり「気が進まないが戦う」と顕如が重々しく言い出すわけですが、説明も何もないので何が何やらわからなくなりかねないのでは。このドラマは歴史通向けに作っているのか、歴史ビギナーに向けているのか、よくわかりません。

ラストには本願寺以上の脅威としてCGで描かれた毛利の水軍が迫ります。ここでも官兵衛はアニメの熱血キャラのように「織田を信じる俺を信じろ!」と啖呵を切ります。

この絶対的に織田を信じる官兵衛にもひっかかるのです。官兵衛は信長の残酷苛烈な部分も聞き知っているはずです。官兵衛は人の命を大事にする男でもあります。ならば残酷な信長に従わざるをえない葛藤があってしかるべきだと思いますが、官兵衛は迷いがないのです。

あるのは信長というビッグウェーブに乗る俺は正しい!という絶対の自信のみです。まるで信長が三英傑になるとはじめから知っているようなブレのなさで官兵衛の智恵者ぶりを強調したいのでしょうが、やりすぎてまるで超能力者になってしまっています。

人情に篤い設定なのに、これから敵対するかもしれない侍女に対して気遣うわけでもないところにも、偽善者めいたものを感じざるを得ないのです。

武者震之助・記

スポンサーリンク

霜月けい・絵

今週の真っ赤なお鼻のかたおかつるたろぉ~

今週の真っ赤なお鼻のかたおかつるたろぉ~

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.