日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

戦争のない世を願う両兵衛。まさか最終回寸前でこの近いをあっさりひっくりかえすとは

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】さて来週から賢くなった官兵衛が見られる、ぜったい 第22回「有岡、最後の日」

更新日:

こんにちは、武者震之助です。追加キャストがまた発表されて、なんと『秀吉』で黒田官兵衛を演じた伊武雅刀さんが決まりました。ダブル官兵衛という狙いだとは思いますが、一歩間違えると「新旧トレードしてくれよ官兵衛」になりかねないので、なかなかリスクもある気がします。

6月の猛暑日だからか? 光のヘビーローテーション演技が暑すぎる 

官兵衛が軍師らしくなるはずの不思議な幽閉から、作中は一年、放映期間は一ヶ月。第二十二回「有岡、最後の日」を迎えました。

一ヶ月間何があったかというと、ドラマチックなようでワンパターンで、特に光のアップ、小刻みに震える、叫ぶ、のローテーションの暑苦しさには、見てはいけないものを見ているような気持ちにさせられるものがありました。ひどいことを言ってしまって申し訳ありません。

官兵衛幽閉と前後するイベントといえば、半兵衛が死期を悟るという哀しいものもあるのですが、もっと哀しいのは本作における半兵衛は一体どこでどう活躍したのか、という点です。

軍師官兵衛マンガ半兵衛の軍配を受け取る

死期を悟り、播磨へ出かける直前、松寿丸に軍配を渡す竹中半兵衛/絵・霜月けい

半兵衛が、活躍しなかったわけではありません。

序盤では斎藤家臣として信長を苦しめ、要所要所でニヒルな知性をアピールしてきました。でもそんな場面より、官兵衛に何か助言するところのほうが目立ちました。

スポンサーリンク

何回か前に血を吐くシーンがあった竹中半兵衛が突然死?

何本目だ?竹中半兵衛さんの死亡フラグ(霜月けい・絵)

こんなシーンもあったよね?竹中半兵衛さんの死亡フラグ(霜月けい・絵)

ここで知性あふれるアドバイスをしていればよいのですが、「いくさはやめよう」「ぐんしはたたかいをとめるのがしごとです」という、風紀委員が後輩を諭すレベルものであるため、まったく軍師には見えませんでした。

半兵衛が官兵衛の才知に期待するという部分も、肝心の本作における官兵衛がコーエーテクモのゲームで譬えると「智謀43、橋でも作っていろ」レベルにしか見えないため、半兵衛は何を血迷っているのかとツッコミたくなる始末。

松寿丸隠匿、生存のトリックもスルーされたため、一体本作における半兵衛は何だったのか……と改めて思うのでした。演者が達者なだけに、もったいなさ過ぎます。しかも、わざとらしい喀血も、やつれていく演出もなかっただけに、突然死のようでした。官兵衛の髭ぼーぼーメイクの半分でも半兵衛のやつれ顔に使ってくれたらよかったのに。

スポンサーリンク

宇喜多の裏切りをスルーする「のぶなが大好き」「おれのぶなが嫌い」のループ会話

後半は追い詰められた荒木村重パートになります。村重の狂気はなかなか迫るものがあります。とはいえ、村重とだし、あるいは官兵衛のやりとりの中身はいつも同じです。村重はともかく信長が嫌いで、だしと官兵衛は織田につけばいい、の一点張りです。宇喜多の裏切り等、変化した情勢について語ることはないのでした。

そんな中でとうとう村重は有岡城をやすやすと逃げ出しますが、本作ではなぜか城への出入りが楽勝なので村重も余裕しゃくしゃくで脱出したのだと思われます。

陣内直家「織田につくわ」

陣内直家「織田につくわ」

これでいよいよ荒木側も追い詰められたわけですが、この非常時にも関わらず織田家は当主信長、正室お濃、主要家臣団までも地球儀を見ながらわきあいあいと地理のお勉強をしており、いつものように緊迫感がないのでした。

加藤重徳に今週のMVP!だれだよ?

そしていよいよ、有岡城は滅亡の時を迎えます。

黒田家臣団による官兵衛救出ショーも始まりますが、ここでつっこみたいのはお道さんです。一体なぜ、彼女は毎度毎度峰不二子のようなただずまいで一行にいるのでしょうか。まさかここまで重要な扱いになるとは思いませんでした。

そうはいっても、本作には随所に大河らしさは健在でして、モブ兵士が声を上げて戦う場面や、人道的な看守・加藤重徳はなかなかよかったと思います。変なスローモーション演出がなければもっとよかったとは思いますが……中でも看守重徳のつらさを押し殺した演技はとても達者で、個人的には今週のMVPものだったと思います。これまた、気がつけば死んでいたかのような演出で興が削がれましたが。

そんなこんなで官兵衛は、いよいよ満を持して牢獄を出ました。藤の花をみつめたり、「俺ならこうする」と賢いアピールをする場面もありましたし、本当に軍師らしくなるのであれば何も言うことはありません。

朝の光が眩しくて/絵・霜月けい

外の光は眩しくて/絵・霜月けい

いよいよ、次週から賢くなるのか? 本当に賢くなるのか?

「生きておる……」

と命の尊さを噛みしめる場面が強調されていたり、予告でも絶叫しているし、嫌な予感がしますが、気にしないでおきましょう。さらに来週はどうやら半兵衛さよならアンコールらしいので、さんざん文句をつけた半兵衛の死がもっとクローズアップされるかもしれませんね! 期待しましょう。

武者震之助・記

霜月けい・絵

 

スポンサーリンク

関連記事 「荒木村重の反乱は官兵衛の裏切りが原因だ」




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.