日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

軍師官兵衛では渋い演技で重要な役どころをこなした宇梶剛士さんの清水宗治(霜月けい・絵)

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】これまでのモヤモヤ・イライラを吹き飛ばすもの それは合戦!第26回「長政初陣」

更新日:

 

こんにちは、武者震之助です。第26回「長政初陣」です。

いやあ、合戦がなぜかものすごく久々という気がしますね。いや、結構あったはずですし、史実の年表をたどるとこのへんの官兵衛は大車輪で攻めていたはずなんですけどね。

今回いよいよ本格的な初陣を迎えたのは、素直で明るい松寿丸くんこと官兵衛の長男です。黒田長政といえば父に似ぬ脳筋といいますか、残念な扱いをされることが多いのですがどうなることでしょう。人質生活で人格形成にゆがんだ部分があってもおかしくないはずですが、これまではすくすくと聡明で、まっすぐに育ってきました。キャスティングはNHK秘蔵っ子の松坂桃李さんですし、好青年路線でいきそうです。

シンゲンジャー長政「真剣にやります」

長政「うめちゃん先生と結婚したい」

鳥取攻め、三木攻めに続いて武田家滅亡も光の速度でスルー

一方今回の織田信長さんですが、地球儀を見ているほど暇ではないようです。ナレーター無双で一瞬にして武田家を滅ぼします(えーっ!?)。そんなわけでまたしても室内、甲冑なしのの信長さんです。こんなにインドア派の信長公はちょっといないのではないかと思います。
でも快川和尚の「心頭滅却すれば火もまた涼し」と、その助命を嘆願していた光秀はやるわけですね。
なぜか?
Xデーに向けて、突貫工事で光秀のストレスを表現するためです。さらに焼き殺される和尚たちと、『平清盛』を彷彿させる「動揺する麻呂の顔芸で戦いの激しさを表現」テクニックで、武田攻めの苛烈さをアピールします。これは予算がないのかな……とちょっと思ってしまいますね。

「ハワイに行きたい」(霜月けい・絵)

「武田勝頼なぞ知らん!」

スポンサーリンク

これぞ大河!インドアの信長さんは横に置いて 毛利戦線はいいぞ!

予算がないといえば官兵衛の戦もはしょられまくっていましたが、流石に清水宗治をスルーはできないのか、やっとこさ出てきました!
この宇梶剛士さん扮する清水宗治が渋く、戦国をうまく体現しておりまして、よい味を出しております。
戦国らしさといえば毛利家の安国寺恵瓊、小早川隆景あたりも実にシブく、織田や黒田周辺とトレードしたい落ち着きのある役者さんがそろっています。そうか、今見ているのは大河ドラマだったのか、と思い出すことができる貴重な顔ぶれです。妊娠でわくわくしている光と侍女の場面あたりはどうでもいいので、毛利の出番を増やしてほしいところなのですが。

渋い演技で重要な役どころをこなしている宇梶剛士さんの清水宗治

渋い演技で重要な役どころをこなしている宇梶剛士さんの清水宗治・今後、水上での切腹シーンが最大の見どころっすなぁ(ネタバレ御免)

スポンサーリンク

初陣の息子にかける言葉は…「いのちをだいじに」で当たり前体操

祈る光のアップのあとは、長政の初陣です。ここでかなり無茶苦茶な組み打ちをする長政。あとでばっちり「いのちをだいじに」と官兵衛に叱られるのですが、無謀にも荒木村重の説得に赴いてとっつかまった人が言うなよ!とツッコミたくなります。
さらにこのあと長政が「父上の得意な調略」と言うところではまたズコーとなります。官兵衛をちゃんと謀略ができる慎重な将として描かなかったツケが回ってきております……(いつものことですけどね)。
岡田准一さんが声を低くして表情も変えて、軍師になろうとがんばっているのはわかるのですけれどもね。

官兵衛マンガ黒田長政

官兵衛に「猪武者か」と突っ込まれて憤慨の長政さん

溺死させるのは命を大切にする作戦ってことでOK?

とはいえようやく水攻めを立案し、やっと軍師らしさが出てきた官兵衛です。命を大事にしろと説いたあとでいきなり水攻めという飛躍が唐突かつ鬼畜ですが、本編カットされた残虐きわまりない三木・鳥取の干し殺しを脳内補完すれば、なんとかついていけると思います。制作側が本気で流血がないとはいえ、苦しいうえにターゲットを無差別に殺しうる溺死のほうが、槍鉄砲で殺すより人道的だと信じ切っている可能性もありますけどね! と、なんのかんのと書きましたが、このまま軍師が軍師らしくあれば、それなりに楽しみなドラマになるかと思います。

いよいよ次回、大河ドラマ鬼門の「本能寺の変」!

今回は全体的に戦国らしい回でした。信長は地球儀を回さず、戦では人がちゃんと死に、官兵衛は策略をめぐらす……毎回このレベルを保つのであれば安心ですが、なぜかここ数作でトンデモ演出をやらかす「本能寺の変」も近づいております。
『天地人』での長澤まさみさんによる光秀首絞め、『江』での上野樹里さんによるスタンドとの乗馬を超える斬新な描写を怖いもの見たさで期待……はせずに、素直にまっとうな信長の最期を期待したいと思います。お願いですから死の寸前まで地球儀を回す信長なんていうのは、やめてくださいね!

武者震之助・記

霜月けい・絵

スポンサーリンク

27話はこちら




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.