日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

1年間ありがとうございました(霜月けい)

スポンサーリンク

軍師官兵衛レビュー 書籍・映画

【軍師官兵衛感想マンガ】第37話「城井谷の悲劇」楽しい連休を消耗させる演出的悲劇

更新日:

こんにちは、武者震之助です。今回は「城井谷の悲劇」です。楽しい三連休の中日にこんな憂鬱な回を見てしまうなんて個人的にはとても哀しいのですが、それもさだめでしょう。

今週のくだりは官兵衛の人生でも最も血塗られた、宇都宮一族謀殺です。官兵衛が悩みながら宇都宮一族を葬り、鶴姫の命まで奪った己の所業がおたつの死と重なり愕然とする……そんな重厚な展開ならば是非とも見たいところですが、そもそも本作の官兵衛は人妻のだしは覚えていても、初恋のおたつのことは綺麗さっぱり忘れているようなので、期待しないほうがよいでしょう。そんな描き方ができるドラマだったら、毎週私はこんなに荒れ狂っていません。

馬鹿息子を描くために久しぶりの合戦シーンで予算消耗

まず今週は、先週のラストで暴走気味だった長政が案の定、宇都宮一族が籠もる城井谷へ攻め込むところから始まります。
子役の松寿丸のころは神童クラス、天使のようだったのに、なんでこんな残念な子になってしまったのでしょう。

長政の失敗シーンは合戦らしさが珍しく出てきたとはいえ、意味するところはひとつしかありません。長政が馬鹿なのがすべての元凶、ということです。ついでに「官兵衛は賢いのに似なかった長政は馬鹿」と言いたいのでしょうが、ドヤ顔で荒木村重のもとに出向いていった官兵衛という印象が強すぎて(あ、もちろんこのドラマ内でだけですよ)、この親にしてこの子ありだな……なのですが。

馬鹿息子ですみません、黒田長政です(霜月けい・絵)

馬鹿息子ですみません、黒田長政です(霜月けい・絵)

スポンサーリンク

今週も光と糸のトークで時間を消耗

あ、あと先週「光と糸の出番は控えめがいいなあ」と書いた願いはガン無視されて、また脂ぎった光のアップと糸のしょうもないやりとりがありました。この調子だと糸が退場となったあかつきには「あのうっとうしい女が消えたぞー!」と喜ぶ視聴者続出だなと苦い気持ちで考えてしまいます。

さて、いろいろありましたがなんのかんので宇都宮一族と和睦となりました。

和睦の条件として嫁いだ鶴姫と光らのやりとりが律儀に挟まれるわけですが、もう毎週書いていてうんざりしますが、その後の展開を考えると今週くらい「いらん!!」とテレビに向かって悪態をついたことはありません。鶴はじめ宇都宮一族は「また城井谷で春を迎えられるとは」とにこやかで、いかにも官兵衛の温情が素晴らしいと言いたいようです。

あーん、おれがいつ所領を安堵した?何月何日何時何分地球が何回まわったときだよ?(絵・霜月けい)

あーん、おれがいつ所領を安堵した?何月何日何時何分地球が何回まわったときだよ?(絵・霜月けい)

スポンサーリンク

無責任男・官兵衛の信頼性の消耗

が、ここまでの流れを振り返ってみましょう。

宇都宮鎮房「本領安堵してください」

官兵衛「おうまかしとけ!大船に乗ったつもりでいろよ」

秀吉「宇都宮は伊予に移動、宇都宮の領地は官兵衛にやる」

宇都宮「そんな話がちがう!官兵衛殿、約束したじゃないですか!」

官兵衛「うるせーなー!関白の命令にテメエ逆らう気かあ?」

はい、こういうやりとりがありましたよね。

こんな無責任で胸クソ悪いやりとりをしておいて、いまさら官兵衛の温情とかどういうギャグでしょうか。秀吉の暴虐や三成のやる気のない奸臣ぶり、官兵衛の周りをぐるぐる回るカメラワークを挟んだりしてくどいくらいの官兵衛ホワイトキャンペーンをやっておりますが、そんなもん通じませんから。

で、カメラの回転のあと、重々しい官兵衛の声で。

「黒田が生き残る道はただ一つ!」

と入るわけですが、

「官兵衛をロンダリングする展開はただ一つ!」

みたいにこちらは聞こえました。

今日の官兵衛ロンダリング展開は、おおかたの予想通り「長政が馬鹿だから」ルートでした。なんだかいろいろ焦った長政が、鎮房を酒宴に招いて鎮房と内海や一族を惨殺しました。おしまい。

kanbee0914

結局、最期は・・・(絵・霜月けい)

あのさあ……あのさあ……ほんとさあ。

いい加減にしろよ、ほんとうにさあ。

いくら長政の暴走だって言ってもだな、この状況で官兵衛が気づかない、官兵衛の意志が差し挟まれていないわけないだろーーーーがーーーーーーー!!!

いやあ。官兵衛がさんざん賢い賢い、先を見通せすぎて怖いとか言っておいてさあ、息子の動きすら察知できないとかナメてんの?

でもって、この宇都宮問題の一因に官兵衛の無責任で調子のいい約束があったことを視聴者が忘れると思っているわけ?

いやあ……ナメられたもんだよ、視聴者もさ

タイトル変更のおすすめ「ごまかし官兵衛」

失礼しました、あまりのしょうもなさに取り乱してしまいました。なんのかんので頑張ってレビューしてきて、今週は絶対しょうもなさが瞬間最大風速を記録しそうだと思っていましたが、まさに予想を裏切りませんでした。

昨年の大河では、主人公が不可解な土下座をしていて不快でした。しかし今年はむしろ官兵衛に謝罪の王様レベルで土下座して欲しい気持ちで一杯です。何でえらそうな態度なんですか、こいつは? 本当にいろいろひどい奴ですよね、こいつは。この惨憺たるドラマの出来で、宇都宮一族は二度惨殺されたと私は思いますね。悲劇と呼ぶならば、確かにこれ以上の悲劇はありません。史実もひどいけれども、ドラマは馬鹿馬鹿しすぎてひどい。

もう来週からタイトル変えませんか? 『軍師官兵衛』改め『ごまかし官兵衛』にでも。

武者震之助・文
霜月けい・絵

38話はこちら

スポンサーリンク

36話はこちら




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-軍師官兵衛レビュー, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.