日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

書籍・映画

趣味どきっ「お城へ行こう!」のテキストが目を見張る充実ぶり! 写真やイラストを散りばめた4色128ページ

更新日:

 

フルカラーのお城テキスト3冊プレゼント!

『趣味どきっ』というテレビ番組をご存知ですか?

NHKEテレ……つまり以前の教育テレビであり、その道の専門家が様々なことを教えてくれる――とかナントカ説明するから、ややこしくなっちゃうんですよね。

あらためて進めます。

実は現在、『趣味どきっ』で毎週火曜日(午後9時半)に「お城へ行こう!」というプログラムが放送されております。

 

番組の講師は、奈良大学学長にして城郭研究の第一人者・千田嘉博教授。

最近はリアル「真田丸」の解説でも各メディアに引っ張りだこの同氏ですが、今年2月から8回(八陣)にわたって『趣味どきっ』でも「お城へ行こう!」を担当されることになりました。

プログラムの内容は真田氏の城をはじめ、武田信玄や織田信長など人気の高い戦国武将の城郭にも迫り、現在、日本でトップクラスの研究者からお話が聞けるという、非常に有意義な教室です。

実は、その番組用テキスト(NHKテレビテキスト)が、もはや教科書どころではなく、非常に質の高いカラーガイドブック状態でありまして。

趣味どきっ『お城へ行こう!』2

テキストは、ニヤリとはにかむ千田教授でスタート。

趣味どきっ『お城へ行こう!』3

こちらは松代城のページです。

信玄時代は海津城として、川中島統治のために建てられたんすな。

趣味どきっ『お城へ行こう!』5

武田氏城郭では欠かすことの出来ない『丸馬出し』も登場。

さらには

趣味どきっ『お城へ行こう!』7

小田原城の堀で知られる「障子堀」などなど。

コレ一冊だけでも相当な内容が詰まってんじゃん!という充実ぶりなのであります。

なお、このテキストには、当サイトのメインイラストを担当している富永商太氏も多くの作品を提供しており、

趣味どきっ『お城へ行こう!』6

たとえば武田家ファンでも知る人ぞ知るという「古宮城」の再現を試みております。スゲェ!

テキストというから、てっきり文字ばかりで味気のない教科書状態なんだろうなぁと思ったら、もはや一冊の完成した城ガイド本。

あまりに出来が素晴らしいので

「プレゼント用にくださいよー( ^ω^)」

と冗談で申し上げたところ、本当に富永氏より3冊もご提供いただくことになりまして。

しかも表紙には富永氏のサインを入れてもらいました(嫌がる本人をムリに説き伏せたので、もしかしたら後世で貴重な一冊になるかもしれませんw)。

趣味どきっ『お城へ行こう!』1

プレゼントをご希望の方は、当サイトお問い合わせコーナー本文欄に送付先の「郵便番号・住所・氏名」を記した上、送信ボタンをプッシュしてください(2月14日〆切)。※抽選の結果、当選者様へは発送をもってご通知とさせていただきます。

ちなみにテキストは4色128ページで価格は1,000円。

 

スポンサーリンク

参考:趣味どきっ公式サイト

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.