日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ダウントン・アビー6/NHK公式サイトより引用

スポンサーリンク



イギリス 書籍・映画

イギリス貴族とキレ者使用人たちの不思議な関係『ダウントン・アビー』のオススメ副読本2冊

投稿日:

ロジーナ・ハリソンの描くイギリス貴族と使用人

日本でも好評の『ダウントン・アビー』最終シーズン6がいよいよ5/7(日)23時から放映されます。
グランサム伯爵家が所有する館「ダウントン・アビー」。その時代背景は激動の時代でした。

めまぐるしく変わる20世紀初頭、貴族といえども十年一日のような暮らしはできません。二度の世界大戦を経て社会は変革期を迎え、貴族は使用人を雇用できなくなり、屋敷をも手放さざるを得ませんでした。貴族とそれに仕える使用人たちにとって斜陽の時代、本作の物語は沈みゆく夕日に照らされた輝きです。

この時代を生き抜いた使用人たちの幾人かは、昔を懐かしみ、回顧録を残しました。まさに『ダウントン・アビー』の世界を描いたものです。

『おだまり、ローズ』

『わたしはこうして執事になった』

日本語訳された数少ない作品、いずれも著者はロジーナ・ハリソンといいます。
今回はこの2冊を紹介しつつ、当時の世界を振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

英国初の女性議員 キレ者のご主人様にも負けない

ロジーナ・ハリソン(愛称ローズ)は、1899年生まれ。
貧しい一般家庭に生まれた彼女ですが、生まれつき頭の回転が早いことを母親は見抜いていました。

使用人としてのキャリアをスタートさせたローズは、やがてナンシー・アスター子爵夫人つきのメイドとなります。アメリカ南部出身のアスター夫人は毒舌できまぐれ、猫の目のようにくるくると機嫌をかえてローズを翻弄します。
負けじとローズも、丁々発止のやりとりをして夫人をやりこめてしまいます。

このナンシー・アスターというのはイギリス初の女性議員として知られます。
かのウィンストン・チャーチルと舌戦を繰り広げ、一歩も引かなかったことでも有名。ほっそりとした体つきと優雅な美貌の持ち主としても知られ、イギリスの上流夫人を代表するアイコンのようなでした。
肖像画を見るとかなりの美人ですが、その外見からは想像もつかないほど辛辣な性格でもあったようです。

ローズが同僚であった男性使用人の回想録が『わたしはこうして執事になった』です。年代は性格は異なるものの、全員が貧しい家にうまれ、初等教育のみをうけて最終的にはイギリスを代表する男性使用人にまでのぼりつめています。

ローズも彼らもあまりいい家にはうまれていません。
彼らの年代でも既に使用人はちょっと時代遅れの職業という印象があったようです。別の職業を目指して就いた者もいれば、やむをえず職を転々としているうちに使用人になったものもいます。最終的には使用人をやめ、ビジネスマンとして成功した人も。

彼らに共通する資質は、頭の回転が速いこと、要領のよさ、あきらめのよさです。
回想の中で彼らが頭の良さをひけらかすことはありませんし、上流階級の紳士のようにシェイクスピアをすらすらと引用するわけでもありません。

ただし、ちょっとしたずるを使って得したこと、いたずらを仕掛けてまんまと成功したこと、もうこの家は駄目だとなれば別の職場にさっと移ってしまったこと、そういう機転がいかに利いたかは鮮やかに描き出されます。

イギリスには『比類なきジーヴス』などの「ちょっと抜けた主人と機転の利く使用人」という類型があります。
本書を読んでいると、確かに一流の使用人というのはとてつもなく切れ者だということが実感できます。ローズは、かのチャーチルと舌戦を繰り広げるアスター夫人と対等の弁舌の持ち主です。本当に賢い女性なのです。

 

幽霊におびえ、酔っ払ってしまう使用人たち

本書の語り手は、頭が良いだけではありません。茶目っ気もあります。

使用人たちの何人かは、心の底から幽霊を信じています。なんせ彼らの職場は何百年も続く歴史ある建物です。
その歴史の中には血なまぐさいものも含まれており、「何代目かの伯爵が妻の愛人を刺し殺した」とか「オーブン担当のキッチンメイドが事故で全身に火傷を負って死んでしまった」等々、彼らはそうした伝説を信じて、怯えていたことを恥ずかしげもなく告白します。

イギリス人は幽霊が好きで、まるで古い知人のように語ると言いますが、まさにその通り。
「ホールを歩く貴婦人の亡霊を何度も見た」
そんなふうに、ちょっと親しみすらこめて目撃証言を語る人もいます。

また、語り手のように優秀な使用人だけではありません。
使用人が陥りやすい罠に、アルコール中毒がありました。
酒類の管理は執事の仕事で、ワインをデカンタに移す作業は、彼らしかできない神聖なものでした。

その合間にちょっと一杯、もう一杯……と繰り返すことで、酒浸りになってしまう執事も多かったようです。
なんせ執事のアルコール中毒は「執事病」と呼ばれるほどですから。

そんな執事が何故仕事を続けられるか不思議に思いますが、主人も酒に耽溺するあまり、強く言い出せない場合もあったようです。

執事以外に、食料品にまぎれて安酒のジンを買い込む料理人にも、酒の誘惑は耐え難いものがあったようです。

語り手の一人も、仕事のプレッシャーをまぎらわせるために、アルコール中毒になってしまったと語っています。
彼は主人から「大事な話がある」と呼び出されました。てっきり解雇されるのかと身構えていたら「一緒に頑張って病気を治しましょう」と治療をすすめられ、アルコール中毒を克服したとか! なんとまぁ、主人と使用人の強い絆を感じさせるエピソードでしょうか。

酒を嗜むのは使用人だけではありません。毎晩飲み過ぎて昼まで寝ている主人に閉口した、という話も。
厳格で、禁酒主義者の主君の飲み物に少しアルコールを混ぜて、軽く酔わせて機嫌をよくしていた、という話もあります。
優雅な話でありながら、常にうっすらとアルコールの香りがするような、そんな不思議な体験談の数々。優秀なだけではなく、ちょっとした茶目っけも感じてしまいます。

 

王族だろうと、嫌いな人は嫌い

本書は使用人目線から、有名人の素顔をそっと見られる楽しみもあります。

アスター夫人ほどの貴族となると、王族も遊びに来ます。ゲストとして訪れたチャーチルの印象目撃談もあります。歴史ネタとしてこのあたりも貴重です。

プロフェッショナルである彼らは主人を敬愛していますし、王族との出会いをうっとりと振り返る使用人もいます。
そうかと思えば、主人の気まぐれな性格を厳しく指摘し、王族でも扱いにくいし困った人だった、とハッキリ言えるのがイギリスらしさとも思えます。王族を心から敬愛して、いただいたネクタイピンを宝物だと語る人もいますし、そっけなく振り返る人もいます。

「王冠を捨てた恋」で有名なエドワード8世は、「乗馬が下手なくせに馬にやたらと乗りたがる」とか「身分が身分だけに心配かけさせられて不愉快だった」と忌々しげに回顧されたりしています。
ここまではっきりと言い切れる、そのあたりにもイギリスの国民性を感じます。

 

主人と使用人がある意味では対等、それがイギリス階級社会の一面

これはもちろん本書に登場するような上級使用人、かつ成功した人に限られたことかもしれませんが、読んでいくうちに彼ら自身は主人と自分の間に上下をあまり感じていないのではないかと思えてきました。

もちろん主人の命令には従うものですし、雇用関係はあります。
ただ、主人も使用人もお互い「使用人がいなければ主人は何もできない」ということがわかっているのです。
その関係は複雑で、どこか友情や同志愛のようなものも感じさせます。彼らの結びつきは奇妙で、型に当てはめて考えられるものではないのです。

本書は使用人制度の解説や詳細は含まれておらず、歴史的なイベントについても説明がありません。
そういう意味ではある程度そのあたりの知識がある人向けでしょう。

『ダウントン・アビー』のファンであれば問題はありません。
ドラマ以上に奇妙な人々が登場する本書。激動のシーズン6を見終えて、あの人物もこんなふうに回顧録を出したのかな、なんて想像しつつ読んで、是非ロスをいやしてください。

小檜山青/記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考】ダウントン・アビー6/NHK公式サイト

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-イギリス, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.