日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

お城野郎! 欧州

ヨーロッパのお城・大解剖!現地の写真を交えて解説します

更新日:

 

ワールドカップ ブラジル大会がいよいよ始まりましたね!

お城野郎としても何か便乗してやろうというやる気だけは満々なのですが、そもそも城とサッカーの接点なんてあるのでしょうか、ムムッ!?(川平慈英風に言ってみたかっただけ♪)

ということで今回はW杯開催記念として世界のお城、その中でも南蛮、いや、欧州のお城について調べて見てみましょう。

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-6

 

 

ヨーロッパの城には3つの起源がある

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-1

「おい、無理すんなよ、お城野郎。完全にアウェイだぞ」という声もかすかに聞こえてきそうな企画ですが、実は昨年、欧州をほっつき歩いてお城情報を仕入れてきてるんですよ。

お城といってもいわゆるノイシュヴァンシュタイン城のような宮殿タイプのお城ではなくて、戦闘用で城塞タイプのガチな城です。

 

欧州のお城の源流を求めてフランスの田舎を10キロ歩いたり、イギリスでは羊の放牧場みたいな場所で寒い中、鼻水たらしながらやってくるかどうか分からないバスを1時間待ったりしながら体を張って集めてきた情報なので、多分ガチです。

ということで、最初に欧州のお城の簡単な変遷を見て参りましょう。

 

欧州のお城の起源を辿って行くと3つの起源にたどり着きます。

◆1 ローマ人がガリア地方に植民して建設した方型の軍団基地(fort、fortress)→からのcastle

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-2

ハドリアヌスの城壁付近の軍団基地跡(イギリス)

 

 

◆2 ガリア人が独自の文化で建設した城塞都市オピドゥム(Oppidum)→高い壁で囲んだ城塞citadelle(citadel) → 高い壁で町ごと囲んだ城市cite(city)→からのcastle

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-3

「アレジアの戦い」で有名なアレジア。ユリウス・カエサル率いるローマ軍団vs首長ウェルキンゲトリクス率いるガリア部族連合の舞台。

 

 

◆3 ノルマン人(ヴァイキング)が欧州中に攻め込んで広めた主塔、天守(Keep、Donjon)→castleの一部として採用!

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-4

フランス、パリのヴァンセンヌ城の主塔(天守)

 

おおっと、英語が。
あと、何語か分からない文字も・・・というあなたも大丈夫です!
万国共通お城用語ですから。

兎にも角にも、上記の3つが融合→発展して欧州の城になっていきました。

 

欧州の城は「城」といっても町まで城壁で囲んであったり、一体どこまで城なのか分からないものであったり、完全に都市機能しかない城市も存在しますが、欧州ではお城用語で明確に区別されています。

日本語に訳される過程ですべて「城」に訳されるのはあまりにももったいない。魚好きの人にアジやサンマを見せて、すべて「これは魚だ」と言っているようなものでしょう。

 

フランス、イギリス、スペイン、ベルギー、ドイツあたりの城や都市の起源には、「ローマ人が建設した~」とか、「ガリア人が建設した~」とか書いてあります。

現地に観光に行ったときは「ローマ人起源?ほほう、ここはfortが起源か。最前線だねえ」とか「ガリア人?ああ、オピドゥムね」と周囲に日本人がいなくてもとりあえず日本語でつぶやき、「ローマ人が建設したオピドゥムが起源で~」というガイドブックやネット記事の誤用(わりと見ます)にはドヤ顔で「ありえない!」とツッコんであげましょう。

 

スポンサーリンク

ローマ軍団が建設した「軍団基地(=fort)」

さて、城を語る前にここで少しローマ人の歴史を振り返ってみましょう。

世界史を少しでもかじったことのある人、また塩野七生大先生の「ローマ人の物語」を読んだことがある人にはおなじみの解説かもしれませんが、ローマ人が領土を拡大して行く過程で、現在のイタリア半島から蛮族の土地「ガリア」と言われる現在のフランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、そしてブリタニアのイギリス方面にユリウス・カエサル率いるローマ軍団を送り込んで征服していきます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-4.5

 

先ほどの◆1はそのローマ人が威信をかけて建設した対蛮族(ガリア人、ゲルマン人)への前線基地(fort、fortress)です。
ローマ軍団は征服した土地に「軍団基地(=fort)」を建設し、そこを中心にさらに領土を拡大していきます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-5
ローマ街道によって網の目のように張り巡らした「fort」は、やがて後方は軍団の司令部として「ちょっとでかい軍団基地(=fortress)」になります。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-6

 

 

ちなみにローマ人の習慣なのか、軍団基地は主に平地にきれいな方型で建設されます。
お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-7

 

そこで居心地がよくなると基地が町になり、兵役を終えた後も退職金を握りしめたローマ兵、また現地妻を作ってしまったローマ兵などが入植し植民市(コロニー)ができます。ドイツのケルンという町の名はずばり「植民市」です。

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-8

現在のケルン。ライン川の向こうがローマ人の土地。手前がゲルマン人の土地というまさに最前線。

 

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-9

ローマ時代のケルンの想像図。川向こうに突出した「馬出し」を設けるアイデアもまさに「城」ですね。

 

スポンサーリンク

町ごと高い城壁で囲む城の起源は?

一方、オピドゥムは蛮族、いわゆるガリア人の村落を指します。

ローマ軍団やゲルマン人などの他の部族からの襲撃が耐えないデンジャラスな世界ですから、ガリア人も自分たちの町を守るためにオピドゥムの守りをガチガチに固めていきます。
これが町ごと高い城壁で囲む城の起源です。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-10

この小高い丘全体がアレジアのオピドゥム。

 

ガリア人はオピドゥムの中心に祭壇(土着の神様)を設置して、城内の精神的な中心地にしていました。
欧州のお城には必ず教会が付属しますが、キリスト教に改宗しても城の中心に祭壇を置くガリア人の様式を受け継いでいるのは面白いですね。

 

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-11

丘の本丸。今はガリアの英雄「ウェルキンゲトリクス」の巨大な像が。

 

ローマ帝国の末期になると、もうガリア人もローマ人も全部ひっくるめてローマ人に(大ざっぱでスミマセン)なっていき、軍団基地もオピドゥムも同化し、全部ひっくるめて城塞化していきます。

やがてローマ帝国が消滅し、かつての軍団基地やオピドゥムの防備をガチガチに固めて独立し、欧州にバトルロワイヤルな時代がやってきます。

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-12
南フランス。ヴィルヌーヴ・レザヴィニョン。

 

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-13
ヴィルヌーヴ・レザヴィニョンの城塞。元々はこの城壁内だけが町であり、城でした。

 

ヴァイキングは船に乗ってドコまでも

小領主同士が小競り合いを繰り返していると、ちょっとそれエディタいじり過ぎでしょと言いたくなるほど戦闘力がハンパないノルマン人、いわゆるヴァイキングが北からやってきます。
彼らは船に乗ってどこまでもやってきます。

最初は略奪して帰っていくだけでしたが、「このまま住んじゃった方が楽じゃね?」と考えるようになり、「どうせなら南の暖かい土地目指そうぜ」ということで地中海まで進出していきます。

北フランスやイギリスの領主が「こんなショボいとこ略奪するより南の方が豊かでっせ、旦那」とささやいた疑惑さえありそうです。

 

ノルマン人は海や川がないところには船を担いでやってきたそうです。

もうどんだけ船が大事なんだよ!という展開ですが、彼らの進攻は城に新たな施設を生み出します。それが主塔とよばれるKeepいわゆる「天守」です。

見晴らしの利く櫓のような施設は以前からありましたが、キープは領主の住居にもあたる施設です。ちなみにムーミンの家もまさにその主塔タイプです。さすが北欧起源。

 

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-14

イングランド南部の最前線「ドーヴァー城」

 

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-4
フランスの「ヴァンセンヌ城」

 

このノルマン人の天守が最後に融合して欧州の「城」が完成します。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-16

カルカソンヌ城

 

定住したノルマン人もやがて現地と同化して、キープの役割も徐々に変わっていきます。

最初は領主の住居と財産管理の施設だったりしましたが、その防御性能の高さから捕虜、特に捕虜でもVIPな捕虜の牢屋としても使用されました。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-4

 

牢屋といえば地下に作るものという認識がありますが、初期の牢屋は最上部にありました。塔の上に閉じ込めておけば逃げられないだろうという発想で、自分の住まいの上に牢屋という、こんなアバンギャルドな感覚が中世の欧州のお城なのです。
お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20140616-17

 

しかしある時から「やはり領主は見晴らしのいい上階に住むべきだろう」と方針転換をして、牢屋が地階(G階=日本でいう1階)になり、これがどこかで誤訳され地下牢となり、フランス語で天守の意味だったはずのDonjonも意訳されてダンジョン=地下迷宮の意味に発展していきました。

 

ここから城の構造へ、と行きたいところですが、長くなりそうなので本日はここまで。

ワールドカップ記念ということでお送りしてきました欧州のお城特集ですが、ではまた4年後に。
というのは冗談で、またやらせてください~。

 

 

◆覚えておくと、いつかドコかでカッコよく振る舞える本日のまとめ

「城? それ、パレスだろ(吐き捨てるように)」

軍団基地起源かオピドゥム起源か確認しよう!

ムーミンの家は天守♪

 

 

 

 

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

 

※編集部より

スポンサーリンク

フザけた連載だと誤解されぬよう、R.Fujise(お城野郎)の日本城郭検定・二級合格証書を掲載させていただきます。

FUJISEさん城郭検定2級

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-お城野郎!, 欧州
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.