日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



お城野郎! 豊臣家 関ヶ原の戦い

伏見城は短命なれど超要衝!? 豊臣から徳川への移り変わりでいかなる役割を果たしたか?

更新日:

 

「ぜ~んぶ秀次に譲ってワシゃ隠居するわ」のハズが……

関白の位を甥の豊臣秀次に譲り、朝鮮出兵開始後、秀吉は自身の隠居屋敷を京都の伏見につくりました。

「おいおい、ものすごいカネぶっ込んで名護屋城を築城したばかりじゃないか!」

そんなツッコミを入れたくなりますが、天下人の財布はこれしきのことでは揺らぎません。

【関連記事】秀吉の朝鮮出兵で作られた肥前名護屋城!
大坂城の次に巨大な城が博多ではなくこの地に選ばれた理由は?

徳川の時代に破城されて無残な姿の名護屋城石垣

 

伏見城は当初、京都の南方、今は埋め立てられて存在しない「巨椋池(おぐらいけ)」にのぞむ指月(しげつ)の丘に造られました。

秀吉は城郭というより本当に隠居屋敷を造ろうとしていたらしく、平安時代より、その景観の素晴らしさから歌にも詠まれた指月に隠居所を定めたのでした。軍事的な意味は全くありません。

しかしこの時、秀吉の老後の計画をすべてひっくり返すような出来事が起こります。側室の茶々がまたしても懐妊し、お拾(おひろい・後の豊臣秀頼)を産んだのです。

秀吉に子が産まれたことで、「ぜ~んぶ秀次に譲ってワシゃ隠居するわ」宣言は半ば撤回するようなカタチになってしまいました。

豊臣秀吉/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

引退撤回! そのための城を築くんじゃ

豊臣家の持つ各城の役割は、まずは中心に「大坂城」。豊臣家のプライベートな居城とし、京都のど真ん中には「聚楽第(じゅらくだい)」を築城、こちらは豊臣政権の城として朝廷との政治の場にもしておりました。

お拾が生まれる前は、大坂の豊臣家も京都の豊臣政権も関白の秀次に任せ、秀吉自身は伏見で気ままな隠居生活という計画だったのです。

しかし秀吉は一転、宣言します。

「大坂城は、お拾に譲る!」

「大坂城はお拾・・・え?ということは豊臣家はお拾?え?え!?オレの立場は?」

と動揺したのは秀次です。明らかにその場繋ぎの「中継ぎ投手」とさせられてしまい、本人は絶望したことでしょう。しかし、秀吉にしてみれば「ワシの子がワシの大坂城を継いで何が悪い!生前贈与じゃ!」と、自分が生きているうちに筋道を作っておかなければならないと考えます。

同様に、お拾のために豊臣政権も、より一層盤石なものにしておかなくてはなりません。

かくして秀吉は、引退撤回宣言を内外に知らしめるよう、伏見城の築城を開始。惣無事令が出され、天下が統一されてるとはいえ、現役復帰するからには天下人にふさわしい「城郭」でなくてはなりません。

伏見の隠居屋敷は、当初の計画を変更して巨大城郭へと変貌を遂げていくこととなりました。

 

25万人が導入され約7ヶ月で指月伏見城完成!

当時、築城された最初の伏見城を第1期として「指月伏見城(しげつふしみじょう)」と呼びます。なぜ1期としたかと申しますと、伏見城はその後2度、築城されるからです。

秀吉の第1期築城時には、人夫25万人が導入され、約7ヶ月で完成しました。このとき、茶々が第一子(鶴松)を生んだ城・「淀城」(この城の名から茶々は「淀君」と呼ばれる)は廃城にされ、天守や櫓、門が伏見城に移築されております。

大坂城で生まれたお拾も、12月には「指月伏見城」に入城し、この後、秀吉が死ぬまで同城で共に過ごします。

また、指月伏見城の築城と同時に、この付近の地形を永遠に変えてしまう大土木工事も始まりました。

「古代~秀吉伏見築城以前の巨椋池」/「国営巨椋池農地防災事業」HPより

 

当時のこの付近には巨大な巨椋池(おぐらいけ)が存在し、宇治川が上流の琵琶湖と結び、巨椋池から下流は淀川が大坂、そして瀬戸内海へと結んでいました。

秀吉はこの巨椋池に手を加えて、指月伏見城を戦略要地にするのです。

まず初めに「槙島堤(まきしまつつみ)」を築き、宇治川の流れを小椋池から切り離して、指月伏見城の水堀になるように城の外郭まで流路を引っ張り、さらには港も造りました。

これにより琵琶湖からやってきた船は必ず伏見城下を通過しなければならなくなります。京都へ運び入れる物資も伏見城下の港で荷下ろしをしなければならないので、伏見城一つで水運をコントロールすることが可能になります。

伏見城マップ

秀吉はさらに巨椋池に浮かぶ島や浅瀬を埋め立て、それらをつなぎ合わせて「小倉堤」を築きます。

この付近には大和国(奈良県)と京都を結ぶ「大和街道」が通っていました。南の大和国から京都方面に向かう大和街道は、巨椋池にぶつかると、一旦、東に折れて宇治平等院などがある方面から宇治川に架かる橋を渡り、小椋池を北へ回り込むように伏見へ向かい、京都に至るルートでした。

しかし「槙島堤」と「小倉堤」、いわゆる「太閤堤」ができたことで、堤上を歩けるようになり巨椋池を避けることなく南から一直線に北へ進み、指月伏見城の正面で宇治川に架かる橋(豊後橋)を渡るルートに変更されました。

これは大和街道を短縮し利便性が増しただけでなく、陸地を通るすべての人や物の流れを指月伏見城下でコントロールすることを可能にします。

 

このように巨大な巨椋池に手を加えて京都へ向かう水陸の交通を一手にコントロールする城として指月伏見城は築城されました。

もはや単なる隠居所ではありません。京都と琵琶湖-大坂間の交通を支配する最前線の城と呼べるレベルの築城と新都市開発なんですな。

ちなみに宇治川を挟んだ伏見城の対岸にも「向島城」というその名もズバリな城が同時に築城されます。川の両岸に築城して宇治川を通る船や大和街道を行き交う者に威圧をかけるという、【誰もが一度は発想するも、両岸に築城するお金の余裕がないので誰もがやらない】城郭戦略です。

このように秀頼の誕生により、秀吉が半ば隠居を撤回して本気で築城したのが、この「指月伏見城」だったのです。

 

指月伏見城の威容に最もダメージを受けたのは身内の秀次

とはいえ、政治的に指月伏見城の存在はデメリットもあり、豊臣政権の政治を一層ややこしくして関白秀次のメンタルを崩壊に追い込みました。

 

これまで天下の政治については「聚楽第」の秀次で事が済みましたが、お拾の誕生にやる気を出した「指月伏見城」の秀吉にもお伺いを立てなくてはならなくなりました。また「豊臣家のことは大坂城で」と言われても、肝心のお拾はまだ幼児でお話になりません。

結局、お伺いを立てる相手は秀吉であり、伏見城に出向く必要がありました。

なにしろ秀吉自らが命じた唐入りも未だ道半ばです。秀吉がノンキな隠居生活というわけにいかないのは一目瞭然。そこで指月伏見城が権力の中枢となり、諸大名も続々と伏見城下に屋敷を立てることになります。

秀次事件が起きたのは、まさしくその最中、1595年のことでした。

記録が断片的にしか残っておらず詳細は不明ですが、秀次は高野山で出家を命じられた後に切腹。その後、一族郎等が処刑されるという、秀吉の闇を感じさせる事件でした。

京都洛中の豪華絢爛な聚楽第は、もともと何もなかったようにすべて破壊し、埋めてしまうよう命じられます。秀吉の闇によって「聚楽第」は現代の城マニアにとっても永遠に幻の城となってしまったのです。

これにより豊臣政権の城は「聚楽第」から「伏見城」に移ります。

 

慶長伏見地震で倒壊 新たに木幡山伏見城を普請する

秀次自害の翌1596年、慶長伏見の巨大地震が起こります。

謹慎中の清正が地震直後に誰よりも早く駆けつけた――という逸話は皆さんご存知のところでしょうか。マグニチュード7超と推定されるこの大地震により、指月伏見城は倒壊、秀吉一家は避難を余儀なくされました。

秀吉は、伏見の地に再度、築城を命じます。今度は指月から少し北東に行った木幡山(こわたやま)へ。これを「木幡山 伏見城」と呼びます。

秀吉はこの木幡山伏見城を地震から約1年弱で再建します。

不幸中の幸いで、地震後に火災は起こらなかったので、指月伏見城の資材を転用することができました。また聚楽第も取り壊し中でしたので、大量の資材がリサイクル可能でした。あまりにも早い伏見城再建の裏には秀次事件があったんですな。

木幡山は小高い山です。

指月に隠居所を定め、そして指月に隠居所を建てる段階から、辺り一帯を見渡せるこの木幡山の存在は懸念事項だったようです。木幡山伏見城の築城があまりにも早かった理由の一つに、もともと指月伏見城を築城する際に、木幡山にも既に出丸が築かれて整備されていたという説もあります。

しかし軍事的観点から高地に城を築くのは、京都周辺の畿内では既に数々の戦で否定され、もはやこの時期には時代遅れでした。

応仁の乱以後、京都防衛のために、京都を取り巻く山中に「中尾城」や「将軍山城」などが築かれましたが、すべて防衛に失敗しているのです。たとえば京都を支配下に置いた織田信長は、京都に通じる峠に「宇佐山城」を築きましたが、救援に遅れて城主の「森可成」を討死させてしまいました(浅井・朝倉の挙兵が突然だったこともありましょうが……)。

一方、平地に築いた城は実践でも十分に機能しております。

それが坂本城です。

信長が比叡山を焼き討ちにして、高所の脅威を取り除いた後に定めた京都防衛の要。明智光秀の居城として有名な琵琶湖畔の拠点で、周囲には港やそれに付随する商業地、そして比叡山を経由して今日に至る街道を支配できる要衝でした。

坂本城は、仮に陸地を包囲されても、琵琶湖の水運を利用した後詰めが可能という、完璧な防御のハーモニーだったのです。

 

このように人や物の流れを支配し、一点でコントロールするには、港や街道筋など物流の拠点付近に「城下町ごと」押さえるのが重要なのです。逆に、それさえ押さえてしまえば、敵対勢力が木幡山に登る前に容易に察知・撃退できますし、包囲されても水上からの後詰めが期待出来てしまいます。

宇治川の流れを城の外郭まで引っ張り、木幡山方面に回り込んでいた大和街道を、指月伏見城の正面を通過するように道を差し替えた最大の理由はここにあるでしょう。

秀吉は一見不利と思われる地形であっても、大規模に道路や河川の流路を改めることで、人工的に「要衝」を作り出すことを可能にしました。まさに戦国のデペロッパーですね。

そう考えると指月伏見城の位置は軍事的にも決して間違ってはいないのです。

 

と、秀吉の指月伏見城を擁護してみましたが、最初の伏見城が木幡山ではなくナゼ指月だったのかという真相は正直よく分かっていません。

しかも今回、木幡山に伏見城を移転する理由も全く軍事的な観点からではなく、余震が続く中で高台の方が地震の時に安心という観点からの移転でした。

大砲が本格的に実践運用されていない秀吉の時代(大砲の本格運用は朝鮮出兵後)には、指月より高台の木幡山の方が軍事的に優れている理由はどこにもないのです。

結局、木幡山伏見城は秀吉の最期の城となります。秀吉はこの城で死に、秀頼は大坂城に戻るのでした。

その後、伏見城には五大老の一人・徳川家康が入城し、豊臣政権の城として機能します。

しかし関ヶ原の戦いの前哨戦で、西軍の猛攻により、木幡山伏見城は落城。会津の上杉征伐に向かった家康の城代として入城していた鳥居元忠は壮絶な死を遂げます。どんなに立派な巨大城郭であっても後詰がなく孤立状態では勝てはしないのです。

 

家康は木幡山伏見城で征夷大将軍になる

木幡山伏見城「広島市立中央図書館 浅野文庫所蔵 諸国古城之図より」

 

関ヶ原の戦い以後、豊臣政権を完全に牛耳った徳川家康は、徐々に武家政権、そして徳川政権へと移行させます。

その舞台として必要だったのが、伏見城でした。

西軍の猛攻で落城した木幡山伏見城を家康が再建。現在、縄張りがハッキリ分かっているのはこの第3期の伏見城です。

徳川時代の伏見城/Wikipediaより引用

 

その後、家康はこの木幡山伏見城で征夷大将軍になります。

この例にならって、秀忠、家光も木幡山伏見城で将軍の宣下を受けますが、政治の舞台は再建された「二条城」に徐々に移され、伏見城は廃城となります。

このように伏見城は単なる「戦の城」ではなく「政治の場」として、そして豊臣政権から徳川政権へ移る際にも重要な意味を持つ城だったのです。

 

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

※編集部より

R.Fujise(お城野郎)の日本城郭検定・二級合格証書を掲載させていただきます。

FUJISEさん城郭検定2級

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

【関連記事】秀吉の朝鮮出兵で作られた肥前名護屋城!
大坂城の次に巨大な城が博多ではなくこの地に選ばれた理由は?

 

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-お城野郎!, 豊臣家, 関ヶ原の戦い

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.