日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

自分で写真を撮ったものですが、掲載可能でしょうか?

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

お城野郎! 織田家 関ヶ原の戦い

岐阜城の戦いとは? 織田信長の孫と池田恒興の息子が対決した関ヶ原の前哨戦

更新日:

 

大人になった三法師様(織田秀信)は西軍に属す

関が原の戦いの前哨戦と言えば、誰もが「第二次上田合戦(あるいは上田城の戦い)」を思い浮かべるでしょう。

「犬伏の別れ」や「小山評定」を経て、東西バラバラに別れてしまった真田昌幸父子たち。

それが地元・信州で激突し、結果、真田は徳川の大軍を撃退――という戦国でも屈指のドラマが展開されますが、しかし、劇的と言えば同時期に行われていた、もう一つの前哨戦「岐阜城の戦い」も十分に心惹かれるものでありました。

岐阜城を守った西軍の武将は、かつて三法師と呼ばれ、清州会議で秀吉に担がれた織田信忠の息子・織田秀信。

つまり織田信長の孫です。

これに対し、岐阜城へ攻めかかった東軍武将は、秀吉の子飼い筆頭であった福島正則であり、また岐阜城の城主も経験したことのあった池田輝政でありました。池田輝政の父は、池田恒興。信長と乳母兄弟であり、織田家の中でも特別な存在として活躍しております。

そんな恒興の息子と信長の孫が岐阜城で戦ったのです。しかも天下分け目の合戦に影響を与える前哨戦だったのですから、注目しないわけにはいかないでしょう。

織田秀信/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

清州会議で利用されるも秀吉には恩義を感じていた?

東海道組は福島正則や黒田長政など、打倒三成に燃える豊臣恩顧の大名を先鋒に、一気に西上します。

一方、畿内で挙兵した石田三成率いる西軍は、大坂や伏見を押さえて東へ進み、伊勢、美濃まで進出してきました。木曽川を越えればそこはもう尾張。清洲城主の福島正則は東軍についていましたので、美濃−尾張の国境線である木曽川が東西を分ける最前線となりました。

そのため最も重要となる拠点が、今回のテーマとなる岐阜城です。

同城主の織田秀信は、当初、家康に加勢して会津へ向かう予定でした。が、準備が間に合わないうちに石田三成の説得によって西軍に与することに。

ちなみに織田秀信は、前述のように織田信長直系の孫です。

父親は、本能寺の変で信長と共になくなった長男の信忠。その後の清洲会議で秀吉が織田家の後継者に推薦した「三法師様」がこの織田秀信です。だったら秀吉のことを恨んで、関が原は『東軍一本じゃないの?』と疑問に思うかもしれませんが、秀信は中納言という高い位を秀吉から与えられたりしていて、豊臣家には多少なりとも恩を感じていました。

「本気で徳川家に味方するなら、城1つ落として来いや!」

東海道を西上し、尾張に到着した福島正則は、焦燥感が止まらなかったでしょう。

本拠地・清洲城の目と鼻の先である美濃は西軍に制圧されており、一刻も早く自分たちから攻撃を繰り出したいところです。しかし、江戸から一向に動かない総大将の家康。東軍の豊臣系大名たちは動揺するばかりでした。

そしてそれは、彼らの目付役として同行している徳川家の宿老・本多忠勝や井伊直政も同様でした。

そんな折、家康から一通の書状が届きます。

「本気で徳川家に味方するなら、城1つ落として来いや!」

待ってました!とばかりに岐阜城へ攻めかからんとする東軍の豊臣系諸将。家康の娘婿でもある池田輝政と、最前線の福島正則が先陣となり、内府(家康)様への手土産にとばかりに岐阜城攻めに着手しました。

イラスト・富永商太

イラスト・富永商太

 

実は戦国時代に幾度も攻略されている

実は岐阜城は、戦国時代に「幾度も攻略されている」という点で珍しい城でもあります(前身の「稲葉山城」を含む)。

特に尾張方面からの岐阜城(稲葉山城)攻略は、この時代の戦国武将なら学習しておくべき重要な戦いがありまして……。それが他ならぬ織田信長vs斎藤家の戦いです。

信長は美濃への侵入を木曽川で待ち受ける斎藤勢に再三に渡って阻まれながら、独立志向の高い斎藤家の家臣を一人ずつ調略し、援軍の来ない稲葉山城(当時)へ一気に攻め入って美濃一国を手に入れました。

岐阜城の戦い1

織田信長の時代の美濃-尾張の最前線。この後、1590年代に木曽川と長良川の流れは大きく変わります

 

 

その際、織田信長の岐阜城(稲葉山城)攻めの戦略は一貫して以下の3段階を踏んでおりました。

①最小限の損害で木曽川を渡河し美濃に橋頭堡を築く
②できるだけ速く岐阜城下まで進軍
③岐阜城を囲んで攻城

まずは①について見てみましょう。この尾張―岐阜の自然国境である木曽川は、守備側の斎藤家にとっては第1防衛ラインとなります。

一方、攻め手である織田家はここを最小限の損害で通過し、美濃国内に橋頭堡(攻略拠点)を築いて木曽川の防衛ラインを無力化することが重要です。
また、稲葉山城の高所から常に見張られている状態ですから、織田家の兵は木曽川を秘かに渡河しなければなりません。それには敵の布陣が完了するまでにスピードを持って一気に渡河するか、岐阜城(稲葉山城)からの監視が行き届かない遠く離れた木曽川の下流で渡河するしかありません。

 

支城を一つずつ潰すより、一気に岐阜城へ攻め込むべし

次に②へ。通常、敵地では、支城を包囲または攻城しながら降伏開城させる方法を模索します。
しかし、美濃一国はたいへん広く、もたもたしている間に濃尾平野に大兵力が布陣してしまうリスクがあるのです。特に大垣城のある西美濃方面の動員兵力は大きく、これが援軍に加わると脅威です。

そこであえて支城はスルーし、西美濃の援軍が到着する前に岐阜城下まで一気に進軍することが重要です。
それには、長良川の自然地形で西美濃の援軍を阻むか、あるいは侵攻前から地道に西美濃の武将たちを調略しておき、西美濃の援軍を無力化するか。
こうした事前の準備が非常に重要となります。

更に③について岐阜城(稲葉山城)は、実は籠城戦に不向きだ――という致命的な弱点があります。

稲葉山城は金華山という長良川沿いの非常に険しい山の頂に築城されています。現在は完全にフェイクな天守が建てられケーブルカーでふもとから一気に山頂まで向かえます。

そんなことから薄っすらと想像がつくかもしれませんが、金華山は平場が少なく、曲輪に十分な広さを保てません。ゆえに兵力の収容能力が低いと云われています。
さらに岐阜城(稲葉山城)は井戸が無く、雨水を貯めて飲み水にしていたと云われています。このような城では短期の攻城戦も、長期の包囲戦も不向きなのです。
そのため美濃を攻略するには岐阜城の支城を一つ一つ潰していくよりも、一気に岐阜城を目指した方が得策なのです。

池田輝政、福島正則の岐阜城攻めは、おおむねこの織田信長の戦略を踏襲したものでした。
池田輝政は織田秀信の前の岐阜城主でした。岐阜城主時代に信長の戦略を十分に勉強し、岐阜城防衛の戦略をあれこれシュミレートしていたことでしょうね。

 

本丸から南方は名古屋方面まで見渡せる眺望

こうした東軍の攻め手に対し、西軍・織田秀信はどのような防衛戦略を展開したのか?

あらためて確認しておきますと……。

①木曽川で敵の進軍を阻止
②濃尾平野に敵を上回る軍勢を展開し包囲する

まず、尾張方面から岐阜城下まで、敵の進軍を阻止できる自然地形は木曽川とその周辺の沼地だけです。よって木曽川を第1防衛ラインとするのは必然です。
岐阜城から遠く離れた木曽川を第1防衛ラインとするためには、敵の侵攻計画をいち早くキャッチして、敵よりも早く木曽川にたどり着くことが重要です。

その際、最大の利点となるのは岐阜城(稲葉山城)の眺望です。
岐阜城山頂の本丸から南方は、現代でも名古屋方面まで見渡せるほど開けていて、尾張から木曽川に向かって来る敵の進軍を常時監視できます。

「天守から見た名古屋方面の眺望」金華山ロープウェイHPより

籠城戦に不向きな岐阜城は詰めの城というより、対尾張方面のレーダー施設のような役割を果たしていたといえるでしょう。
実際、斎藤道三や義龍は、織田家の侵攻情報をいち早くキャッチして、織田家よりも早く木曽川まで出陣することにより、織田勢を何度も木曽川で捕捉、撃退しております。

また、織田家の侵攻前から尾張の織田家家臣にいやらしいほどの調略を仕掛け、尾張の犬山城を斎藤家に抱き込むなど、敵地の撹乱も怠りませんでした。
このように美濃に侵攻させないために岐阜城主は、平時から戦に備えていなければならないのです。

 

竹中半兵衛が考えた「十面埋伏の計」とは!?

次に「②濃尾平野に敵を上回る軍勢を展開して包囲する」について。

岐阜城では、仮に織田勢に木曽川流域を突破されても、縦深のある濃尾平野に大軍勢を配置しておくことにより、敵を野戦で包囲殲滅することができました。

それは距離が離れていて岐阜城では中々捕捉できない、木曽川下流を突破されたときには特に有効です。

斎藤家の家臣だった竹中半兵衛重治は、この濃尾平野を活かした縦深防御戦術「十面埋伏の計」を考えたと云われております。
縦に何段も陣を構え、直進してくる敵の攻撃を交わしつつ後退し、最終的に奥深く攻め入った敵を包囲する――という戦術です。
実際に竹中半兵衛重治が考えたかどうかはあやしいですが、斎藤家の動員兵力と広い濃尾平野を考えると十分に有効な戦術です。

織田信長vs斎藤龍興(十四条の戦いより)

織田信長vs斎藤龍興(十四条の戦いより)

こんな防御の強固な美濃(稲葉山城)を織田信長が攻略できた要因はナンだったのでしょうか。

斎藤道三や斎藤義龍の時代には考えられなかったのでありますが……要は、相手が無能な三代目・龍興だったからです。

信長は、龍興に不満を持っていた西美濃三人衆を調略しました。これこそが美濃攻略最大の要因です。そのお陰で、木曽川の渡河を誰に阻まれることなく成功し、西美濃の援軍が来ない平野を一直線に北上、稲葉山城(当時)を一気に攻略できたのです。

先程申しましたように、岐阜城を守る側から見ると、山頂の本丸で敵の侵攻情報をいち早くキャッチして、濃尾平野に大軍勢を展開することが防御のキモであります。

もちろん言うは易く行うは難しでして、この防御システムをつつがなく発揮するためには、岐阜城でキャッチした敵の情報を素早く分析する頭の良さが必要であり、濃尾平野に素早く軍を展開できる日頃の訓練が必須であり、そして敵家臣の調略や城主そのものの求心力など、この城の防御は主のスペックに大きく依存しているのでもあります。

以上を踏まえて、織田秀信は優秀だったか否かを見てい・・・おっと間違えた。
徳川の東軍連合vs織田秀信の「岐阜城の戦い」を見ていきましょう。

 

攻防の戦略を知る者同士の戦い

自分で写真を撮ったものですが、掲載可能でしょうか?

東軍の先鋒は福島正則と池田輝政です。彼らの目付役として家康の宿老である本多忠勝と井伊直政もいました。

その他に、浅野幸長や黒田長政、堀尾忠氏や山内一豊、一柳直盛など豊臣系の武将も数多く参戦。東軍の作戦は、これまでの岐阜城攻略の戦史を踏まえ、できるだけ早く木曽川を渡河し、西美濃(大垣城)からの援軍が現れる前に岐阜城下にたどり着き、攻城戦を開始するというものでした。

一方の織田秀信も、当然、岐阜城防衛の戦略を熟知しております。第一防衛ラインを木曽川に定め、敵の渡河ポイントを狙って攻撃を加える――。

祖父・信長譲りのかぶき者でおぼっちゃんの織田秀信が、寡兵で野戦に出たことを無能だとする意見もありますが、岐阜城が籠城戦に不向きであり、斎藤家が確立した美濃防衛戦略をしっかり理解していれば、織田秀信の木曽川で迎え討つ作戦が間違ってはいないことが分かります。

織田秀信に誤算があったとすれば、尾張方面からやってくる敵が尾張勢だけではなく、東軍連合の大軍団であったことでしょう。また、本来であればその大軍団に横槍を入れるべく、大垣城に布陣する石田三成や小西行長、島津義弘が2万にも満たない兵力で、最前線の木曽川まで援軍に来てくれなかったことも痛手でした。

織田秀信としては、何が何でも大垣城の兵力が、全軍をあげて援軍に来てくれることが岐阜城防衛の絶対条件です。

が、石田三成は若干の兵力を木曽川ではななく、岐阜城に寄越し、自身と小西行長は木曽川の防衛ラインよりずっと手前の長良川の西岸に布陣。島津義弘の軍勢だけを木曽川の墨俣の渡しまで突出させましたが、それもわずか1000人程度の兵力でした。

「おいおい、超有名人の俺様のじいちゃん(信長)の戦史くらい勉強しとけや、ボケ!」

石田三成に対して織田秀信の罵声が飛んでもおかしくないほど呑気な援軍でした。

 

東軍は西軍の失策に乗じて勢いがついた

東軍にとって、岐阜城攻略における最大の難関は木曽川の渡河です。
彼らは軍勢を二手に分け、池田輝政を中心とする軍勢を東の渡し、福島正則を中心とする軍勢を西の渡しに配置して川を渡ります。

名古屋市上下水道局HPより「米野の渡し」跡と「起の渡し」跡

一体、三成西軍は、どれだけの兵力を濃尾平野に展開してくるのか?

それが分からないため、池田輝政と福島正則の軍勢は、二箇所の渡しを同時刻に渡河する戦術を採りました。敵の防御兵が分散するため、ドチラかが失敗しても、ドチラかは成功する可能性が高まる。そして上手く渡りきった組が織田秀信勢に横槍を入れる――そんな手順だったでしょう。

そして実際、福島正則を中心とする西の渡し組は、竹ヶ鼻城から出てきた織田秀信の配下により、木曽川渡河を完璧に阻まれます。

結局、福島正則は木曽川の下流まで回りこむはめになり、怒り心頭となって「支城はスルーせよ」という美濃攻略の定石を破り、竹ヶ鼻城を力攻めにして落城させます。

福島政則肖像/Wikipediaより引用

しかし、そんな無謀な作戦も結果的には良い方向へ転んだのかもしれません。福島正則が無理な渡河を止めて主戦場から離れ、対岸の織田勢も木曽川下流まで向かったため、結果的に池田輝政の渡河がスムーズにいったとも考えられます。

この戦場での柔軟な対応が福島正則の強さなのかもしれません。

実際、池田輝政側には織田秀信配下のわずかな兵力しか守っておらず、大垣城の西軍も全く動いてこないため、輝政は圧倒的な兵力を持って、秀信の軍勢を撃退しました。そればかりか、その後の野戦(米野の戦い)でも圧倒的勝利を収めました。
東軍の兵力を読み違えたのか。石田三成の援軍を期待していたのか。詳細は不明ですが、定石を読み違えた末の敗戦でした。不都合な真実にも目を向けて冷静に自らの戦力を分析してこその戦略、戦術なのです。

かくして池田輝政は美濃に橋頭堡を構築することに成功。

池田輝政肖像/Wikipediaより引用

池田輝政は木曽川下流から戻ってくる福島正則の到着を待ちます。

通常、援軍が来る前に一気に岐阜城下まで攻め入ることが重要なのですが、さすがに臨機応変に対応してくれた福島正則に対して悪い、いや、これで岐阜城に一番乗りでもしたら『ヤツに何を言われるか分からない、メンドクセェな』とでも思ったのでしょうか。
大垣城の西軍に大きな動きがなかったことも幸いし、福島正則の軍と合流した後に岐阜城へ攻め込みます。

 

ド派手な攻防は正則に譲り、本丸への一番乗りをゲッチュー

ここから岐阜城の攻城戦に入ります。
岐阜城は金華山単体の山ではなく、連峰であるので、それぞれの峰に曲輪を構築しています。

ここでも織田秀信は各峰の曲輪に兵力を分散させたと批判されていますが、これも岐阜城の特性である、平場が少なく大兵力を収容できないという特徴を理解していないことからくる誤解でしょう。

そもそも岐阜城は籠城には向いておらず、このような無残な展開で囲まれた時点で降伏すべきですし、実際、東軍も降伏勧告をしました。

が、織田秀信は拒否します。
結果論ですが、この時に拒否して戦ったことが、戦後、織田秀信配下の武将たちの武士としての価値を高め、各藩に破格の待遇で招かれました。

岐阜城攻めに話を戻します。

追手門(大手門)は福島正則、水の手口は池田輝政が担当しました

池田輝政は元岐阜城主であるので、すべて熟知しています。輝政はド派手に武功を飾ることのできる追手門攻めを敢えて福島正則に任せ、実は本丸に最も近い、裏手の水の手口から攻め込み、本丸へ一番乗りを果たします。
さすがの池田輝政も岐阜城一番乗りの手柄までは譲る気がなかったのでしょう。福島正則が絡むと戦もなんだかほのぼのしますね。

本丸まで攻め込まれた織田秀信は自害を考えますが、東軍諸将の説得に折れ、ついに降伏します。

 

その時、石田三成は?

石田三成は、東軍が木曽川の渡河を開始した時点で、小西行長らと共に大垣城を出て、揖斐(いび)川西岸の沢渡(さわたり)に陣を張ります。

「米野の戦い」で織田勢が敗走したのを知ると、さらに家臣の舞兵庫を長良川西岸まで約1,000の兵を派遣。また島津義弘は墨俣まで突出させます。

しかし福島正則らの軍勢から途中で別れて長良川に向かっていた黒田長政や藤堂高虎の軍勢が、彼らに気づいていない舞兵庫の軍勢を捕捉し、長良川を越えて奇襲を仕掛けます。これで石田三成は、慌てて大垣城に撤退。結果的に岐阜城のみならず島津勢も墨俣に置き去りにされます。

この一件からみても、石田三成は後手を踏みまくっています。

そもそも岐阜城が籠城戦に不向きな城であること、ゆえにずっと前に大垣城を出陣して木曽川流域で全力で阻止しなければならないという美濃防衛の定石を踏んでいません。
美濃の生命線である木曽川を突破された上に濃尾平野に大軍勢を展開できなければ、岐阜城は戦わずして負けなのです。

「そこまで三成さんを悪く言うなよ!」

と、お考えの方もいるかもしれません。それでは石田三成の布陣が間違ってなかった、もしくは何か意図があったとして、その布陣を分析してみましょう。

まず石田三成にとって、東軍の美濃侵攻時点での最大の懸念は、西軍主力の毛利秀元や小早川秀秋、宇喜多秀家、大谷吉継などの大軍勢が美濃に到着していなかったことです。立花宗茂など、少数ながら精強な軍勢も、一度、美濃の垂井まで出陣したものの大津城を攻めに近江に向かってしまったことも誤算でした。
最前線である美濃−尾張間での東西のパワーバランスが既に崩れていたのです。

また、軍を揖斐川や長良川西岸に付近に布陣するという、岐阜城防衛を考えると中途半端な布陣は、そもそも美濃防衛というより、近江、佐和山城を中心にした防衛ラインを考えていたのではないでしょうか。

戦の基本は自陣の外に橋頭堡を築き、それもできるだけ遠くに最前線を構えることです。
岐阜城防衛には明らかに西美濃に寄り過ぎで、素人目にも「そんなところにいてどうすんのよ?」といった場所に三成は布陣しています。

しかし佐和山城を中心に考えると、その先に関ヶ原の天嶮、さらに先には西美濃の大垣城、そして揖斐川、長良川、木曽川という東軍に対して何段にも天然の要害が続きます。
西軍の主力が到着していないことを考えると、揖斐川でも十分、敵側に突出した最前線に陣を張っていることになります。

%e5%b2%90%e9%98%9c%e5%9f%8e%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%844

いずれにせよ、敵を目前にして味方の岐阜城をさっさと切り捨てていることには変わりありません。やはり三成の大戦略に問題があったとしか言えないでしょう。

岐阜城は1日で落城し、東軍は美濃侵攻に成功。岐阜城という強力な橋頭堡を築きました。
家康も遂に西に向けて進軍を開始します。

こうして東山道と東海道からやってくる大兵力を安全に美濃で合流させることがが可能に‥‥なるはずでしたが、東山道からやってくる徳川秀忠率いる徳川家の主力に対して、信州上田城を守る真田昌幸がそうは問屋が卸さない戦いを展開します。

東軍は東海道組のみで関ヶ原の戦いへと移行することになりました。

織田秀信は命を助けられ、その後、高野山での幽居生活となりますが、関ヶ原から間もない1605年、26歳の若さでなくなっております。病死とも、自害とも。

 

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

※編集部より

スポンサーリンク

スポンサーリンク

R.Fujise(お城野郎)の日本城郭検定・二級合格証書を掲載させていただきます。

FUJISEさん城郭検定2級

 

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-お城野郎!, 織田家, 関ヶ原の戦い

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.