日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが神詠み國詠み

魚人島もびっくり?山幸彦の愛しのトヨタマ姫はワニだった【マンガ古事記「神詠み國詠み」第15回】

更新日:

前回、竜宮城を思わせるワタツミ(海神)の国で3年を過ごしたのちに、地上へと戻り、見事、兄のホデリ海幸彦を討った(兄にすればとばっちりな感じもしますが・・・)山幸彦ことホヲリ。
そのもとに、3年愛し合ったかわいいかわいい美少女トヨタマ姫が訪れます。

なんと子供ができたというのです。それは3年もラブラブだったのですから不思議はありません。でも、思い出すのは、海幸彦山幸彦兄弟の父親であり、天孫として降臨してきたニニギの命の、現代ならDV認定されるんじゃないかという言動が頭をよぎりますよね。(海でナンパした地上の美少女コノハナノサクヤ姫と結ばれたけど一晩限りの契で妊娠したら「どうせ、俺の子じゃないだろ」と言い放った件)

しかし、山幸彦ことホヲリはお父さんの性格よりもお母さんの心を受け継いでいたようで、そんなことは言いませんでした。ところが、なんというのでしょう。現代的に見れば、嫁さん大好き!いつも一緒にいて助けてあげたい!というイクメンすぎてしまい、とんでもないことが起きるのです。

漫画古事記15回1Page

トヨタマ姫は「別の世界の住人は子を産むときは本来の姿に戻ってしまいます。ですから、出産するところは絶対に見ないでください」と夫に言います。
見るな見るなというと見てしまうのが男の性質? でもあんまり出産の現場を見ようとする人は少ないとも思いますけど、ともかくホヲリはきっと心配だったのでしょう、覗いてしまうのです。
そこにいたのは、ワニ!
漫画古事記15回2Page

いや、ワニでもいいんですよ。覚悟して見たのですから、現実を受け止めて「よく頑張って産んでくれたね」と姫を抱いてあげでもすれば。

ところが、ホヲリはびっくりして逃げてしまったんです。父親の血が現れた?
トヨタマ姫はショックをうけて「恥をかかされた」と産んだ子を置いてワタツミの国へ帰っていったのでした。

この子がウガヤフキアエズ。漢字で書くと「鵜草葺不合命」鵜の羽を屋根に葺いた産屋で生まれたから、「鵜草葺」です。ですからアエズが本名と言えますね。

恵美嘉樹・文

細田雪華・マンガ

恵美嘉樹さんの日本の神様と神社はキンドル版(648円)も発売中!

スポンサーリンク

恵美嘉樹さんの日本古代史紀行発売中




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが神詠み國詠み

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.