日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが神詠み國詠み

謀反は美少女が歌って教えてくれるのが古代のデフォ 【マンガ古事記「神詠み國詠み」25回】

投稿日:

第10代ながら実在した初代天皇ではないかと言われている崇神天皇が、初代たらしめるものに近畿以外の諸国を平定したという逸話があります。
日本書紀では、四方に将軍を派遣して制圧したということで「四道将軍」と呼ばれ、「くっくっくっ、あいつは四天王の中で最弱」という台詞を使いたいところですが、古事記では3将軍です。
東西南北の四方を征服するというのは、世界の中心に自分たちがいて、東西南北は民度の低い野蛮な部族たちの住むところだから教化(征服)してあげましょうという中華思想です。

いにしえからの語りがもとになっていると思われる古事記と違い、同時期(8世紀はじめ)にできたのに、日本がミニ中華帝国として君臨するためのお墨付きとして制作された「日本書紀」は中華思想が反映された結果、もともとは3人だったのがすわりのいい4人になったのでしょう。

古事記の3人の将軍の行き先は、
オオビコが越の国つまり北陸地方、その息子のタケヌナカワワケが東海道(東日本)、そしてヒコイマスノ王が丹波、のちに丹波・丹後・つまり京都府北部〰兵庫県北部あたり
でした。

日本書紀では、これに瀬戸内海方面の中国地方が加わります。
Wikipediaでちょうどいい四道の画像がありましたのでお借りします。


オオビコが北陸へ遠征に行くときに山城国(京都府)で、謎の少女に出会います。

この少女が歌で謀反を知らせたわけです。オオビコはその歌の意味はなんだと聞くと少女は答えずに消えてしまいます。きっとこっそりと反乱を暗喩したミステリアスな歌なのでしょうね〰と思いますが。。。

 

漫画古事記25回1page

さて、その歌詞ですが超訳いたしますと
「ミマキイリビコ崇神天皇の名前)ちゃんはね、ミマリイリビコちゃんはね
あなたの命を盗み殺そうとする人がいるのにね
後ろを振り向くとさっと前に行き
前を向くとさっと後ろに隠れちゃう
そうやって隙を狙っているのに気が付かないなんて
かわいいね ミマキイリビコちゃん」

結構、思い切り身内の反乱を言い切ってますね。

なお原文は
 ミマキイリビコはや ミマキイリビコはや
 己が緒を 盗み殺(し)せむと
 後つ戸よ い行き違い
 前つ戸よ い行き違ひ
 窺はく 知らにと ミマキイリビコはや
です。

漫画古事記25回2page

恵美嘉樹・文

細田雪華・マンガ

恵美嘉樹さんの日本の神様と神社はキンドル版(648円)も発売中!

スポンサーリンク

恵美嘉樹さんの日本古代史紀行発売中




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが神詠み國詠み

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.