日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

早雲・太田道灌ツーショット(絵・アニィたかはし)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ

【江戸城主 暗殺されて 一句読む】by太田道灌 4コマ漫画『戦国boogie-woogie』vol.13

更新日:

 

生まれてくるのが遅すぎた戦国大名といえば伊達政宗がその代表だが、逆に早すぎたのは誰か?
斎藤道三は、信長と絡む余裕はあったから、特に早い感じもしない。
北条早雲ならば、その第一候補になれそうだ。
が、「江戸城を作ったコトぐらいしか知られていない」あの人も十分にその資格があるだろう。
太田資長、またの名を道灌――。
今回は、現代戦国絵巻の主流には決して踊り出てこないが、数々の逸話を残したあの名将の登場である。

 

扇谷上杉の家臣で早雲のライバルとも

20140523アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆道灌は1432年生まれ。早雲もまた1432年生まれという説と、1519年という説がある。いずれにせよ応仁の乱が起きたのが1467年であるので、日本史の教科書通りな見方をすれば、道灌35才あたりから全国各地は乱れはじめ、下克上の世の中となっていく。扇谷上杉に使える道灌にとって、その流れは決して幸福だったとは…。

 

スポンサーリンク

花じゃなくて蓑が欲しかったんですけど・3・

20140523アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆道灌が、父を訪ねるとき突如にわか雨に打たれたときの逸話。「蓑も貸せないほどウチは貧乏なんです」ということを花一輪に託した村人の気持ちに気付くことができず、これを機に道灌は歌道を勉強し、かなりの腕前になっていきます。マンガ的には、避けて通れない美味しいネタでありましょう。

 

スポンサーリンク

どんだけ歌好き!? 暗殺に遭ったときすらも

20140523アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆一輪の花をキッカケに、道灌は歌好きになり、そうとうな腕前になったと言われます。そしてそんな折、主家に下克上を疑われ、暗殺されてしまいます! まぁ、そんなときまで歌を歌えるのって、よっぽどですよね。「板垣死んでも自由は死なず」並にインパクトがありました。

 

単なるひねくれ者じゃないよね?

20140523アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆まるでアニメ『一休さん』みたいな頓智ですが、それだけ才知溢れる幼少期だったのでしょう。
当時から有能な武将として名を知られながら、主家に恵まれなかったのがカワイソースです。

漫画・アニィたかはし
連載全話を最初から読む

スポンサーリンク

書籍版『戦国ブギウギ』です!




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが戦国ブギウギ
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.