日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ

北陸の利家&勝家は動揺で動けず!? その間、明智軍を食い止めた愉快な仲間たち 【戦国boogie-woogie vol.74】

更新日:

 

明智軍13,000に攻められ、敢えなく陥落した本能寺。
業火の炎に包まれ焼け落ちる中に織田信長の遺体は見つからず、明智光秀が焦燥に駆られる頃、いち早く行動に出たのが中国地方で毛利と対峙していた豊臣(羽柴)秀吉だった。
和睦を結び、備中高松城の清水宗治を自害させると、後に「中国大返し」と呼ばれる進軍作戦で畿内へ。
その頃、織田家中でも随一の実力者が揃った北陸方面軍は上杉家の魚津城を取り囲み、今まさに陥落せんとするとこおろであった……。

 

【毎週土曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

『魚津在城衆十二名連署状』に見る悲壮すぎる決意

20150725アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆本能寺の変の頃、そういや柴田勝家って何してたの?
明智光秀を打ち破り、きっちりカタキを取った秀吉に対し、あまり知られていないのが、北陸方面軍かもしれません。
前田利家や佐々成政を率いた勝家は上杉方の魚津城を取り囲んでおり、本能寺の変翌日には同城を陥落させていたのです。
この頃、上杉の当主だった景勝は、後詰のため魚津城付近まで来ておりましたが、信州(長野県)や上州(群馬県)から本拠地・春日山城を脅かされる動きがあり、仕方なく越後へ戻ってしまいました。
ゆえに魚津城の12将は耳に鉄線を通した名札をつけ、討ち死にを覚悟したという書状が残っております……。それが『魚津在城衆十二名連署状』でした。

 

スポンサーリンク

鬼柴田の目にも涙 そして槍の又左こと前田利家は……

20150725アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆若かりし頃から信長に仕え、織田家の成長と共に自身も出世してきた柴田勝家に前田利家。
一時は弟・信行を担ぎ上げ、信長の命も狙った柴田勝家ですが、家中がひとつにまとまってからは文字通り粉骨砕身で合戦働きをし、その地位も家臣では筆頭の位置にまで上り詰めておりました。
一方、少年の頃から信長と共に成長してきた前田利家は、君主と家臣という単純な結びつきだけでなかったでしょう。
笄(こうがい)事件とか思い出したりしたのかなぁ。利家さんの本気で絶望している姿を思うと、まさしく走馬灯のように様々な記憶が甦ってきた気がしてなりません。

 

スポンサーリンク

四国方面軍の織田信孝 少しだけ立ち上がる!

20150725アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆後に清州会議で柴田勝家に担がれる織田信孝さんは、この頃、伊勢の神戸氏(かんべ)に養子に出されておりました。そして丹羽長秀などと共に、四国へ渡海する準備を進めていたのです。
場所は堺。本来なら光秀に近く、真っ先に報復すべき立地にいた信孝さん。
この時、やけに兵が少なかったことから、いかにも信孝さんに人望がなく、配下の者たちが逃げ出したという話もありますが、一方で最初から兵が少なかったという見方もあります。
一般的には「長宗我部元親へ攻め込む」と思われている四国方面軍ですが、実はすでに元親は信長へ降伏の意を示しており、この軍は軍隊というより挨拶目的の使節団だったとする見解があるのです(元親の書状が解読されたことから最近浮上してきた)。
果たして真実は……?

 

細川親子に続く摂津の愉快な仲間たち

20150725アニィたかはしさん4コマ漫画4
高山右近と中川清秀と言えば、アラーキーこと荒木村重の謀反を促しておりながら、すぐさま手のひらを返し、これを攻め立てた立場コロコロキャラ。
そんなイメージの強い二人がもしも明智側についていたら、秀吉の中国大返しも計画通りにならなかったでしょうし、その後、細川親子の動きなども変わったかもしれません。
逆に、この2名すら味方にできなかった光秀さんってのも可哀想ですよね……。
いや、荒木村重の一件から、あらかじめそれは悟っておくべきだったのでしょうか。天下取りは、ほんと難しいどすw

 

漫画・アニィたかはし
【毎週土曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

戦国ブギウギの新刊です!




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.