日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



まんが戦国ブギウギ

決戦、山崎の戦い! 羽柴・明智の思惑うずまく「天王山」を奪うのじゃ!【戦国boogie-woogie vol.75】

更新日:

 

京都で本能寺の変が起きたことを知り、毛利と和議を結んだ羽柴秀吉は、すぐさま畿内へ向けて進軍。
俗に言う「中国大返し」を進める一方で、謀反の張本人・明智光秀も畿内で足場を固めるべく、四方の武将、諸勢力へ書状を送り、自軍の充実をはかっていた。
北陸の柴田勝家&前田利家は上杉を相手に一歩も動けず、堺にいた四国方面軍の神戸信孝と丹羽長秀には肝心の兵がいない。
かくして事態はいったん膠着し、光秀は一息入れることができるだろうか――。
畿内を包む空気が一瞬弛緩しかけたとき、ヤツらは到着するのであった。

 

【毎週土曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

下馬評は不利? だったらオッズも大きくなるぜ、アヒャヒャ!

20150801アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆京極高吉と京極マリアを両親に持ち、若狭の大名・武田元明(たけだもとあき)に嫁いだ京極竜子。
兄弟には京極高次や高知がおり、この一族は祖先を源氏に持つ近江の名門でしたが、やはり嫁ぎ先が不幸だったのかもしれません。
劇中ではすっかりノリノリ、ばくち打ちな元明さん。
「若狭一国」という巨大なニンジンをぶら下げられて、明智光秀側につくことにしたのですが……。

 

スポンサーリンク

電光石火の大返しに驚く摂津の愉快な仲間たち

20150801アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆畿内は摂津に居て、本能寺の変後、真っ先に光秀のプレッシャーにさらされたのが中川清秀と高山右近でした。
そもそも荒木村重が信長に対して謀反を起こしたときも、共に織田への反旗を翻していた2人だけに、恩義などは一切感じてなかったでしょう。
それだけに彼らを味方に引き入れられなかった光秀の失策と、逆に味方に付けた秀吉の手腕が光りますよね……。

 

名目上の総大将は織田信孝でいいんだもーん

20150801アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆「山崎の戦い」と言えば、豊臣秀吉vs明智光秀による天下分け目の戦い!
一般的にこの戦いはそんな位置づけをされがちですが、このとき秀吉はまだまだ織田の家老たちの間で格下で、表面的には神戸信孝(織田信長の三男)を総大将にしておくのが得策だったのでしょう。
信孝も、そのお供をしていた丹羽長秀も、光秀と対峙するには兵の数が足りず、結局、秀吉の中国大返しを待つしかなかったんですね。
こういった様々な要素も、歴史のイタズラで面白いところでもありますなぁ。

 

決戦は天王山! 兵力は圧倒的な差があった…

20150801アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆山崎の戦いで、真っ先に衝突したのは天王山でした。
高山右近と中川清秀の部隊に、明智方の伊勢貞興が突撃。開戦の火ぶたが切られると、しばらくは両軍ともに一進一退となります。
が、総勢1万数千の明智軍に対し、秀吉軍はその2~4倍の兵力を整えていたと言われます。
言わずもがな名目上は織田信孝を神輿に担いだ秀吉に理があるわけで。
果たしてこの戦の行方はどうなるか……。

 

(来週へ続く)

 

漫画・アニィたかはし
連載全話を最初から読む

 

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの新刊です!

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.