日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 島津家

九州の桶狭間とはこのことばい! 沖田畷の戦いで巨熊落つ(・(ェ)・)クマー 【戦国boogie-woogie vol.88】

更新日:

 

賤ヶ岳の戦いで柴田勢力を一掃し、俄然、天下人に近づいた羽柴秀吉。その前に立ちはだかったのが織田信雄・徳川家康だった。
秀吉の好きにさせてなるものか――。
畿内では今まさに日本ツートップの勢力が衝突しようとしていたその頃、九州ではこれまた同地方の勢力図を一新させかねない大きな衝突が起きようとしていた。
鎌倉時代以来の名家・島津家と、下剋上で成り上がった龍造寺。
数的に圧倒的優位に立っていた龍造寺は、有馬晴信と島津家久を相手にのたまうのである。
「ゴーマンかましてよかですか!」

 

【毎週土曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

忠臣かつ義兄弟 オレは龍造寺一の家臣・鍋島直茂だ

20151101アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆龍造寺隆信と鍋島直茂はイトコ同士にして、その後、義兄弟にもなるという関係です。立場は直茂が家臣で、隆信を補佐しておりました。隆信も当初は深く信任していたのです。
しかし、家名の存続になると話は変わり、後年になって「鍋島化け猫騒動」なるトラブル話が話題になるように、今後、龍造寺家と鍋島家には複雑な関係が生じていくようになります。
ともかくこの頃、龍造寺隆信さんは馬に乗れないほどデブってしまったという話がありまして……。

 

スポンサーリンク

立ち上がれ キリシタンと釣り野伏!

20151101アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆龍造寺隆信の、国人に対する苛烈な姿勢に耐え切れなくなったキリシタン大名・有馬晴信。
彼は島津を通じて打倒龍造寺の旗を挙げますが、当時の島津は大友とも敵対しており、大軍を簡単には送れない状況でした。
そこでやってきたのが島津家久とその息子・豊久。一見、バカっぽく見えるこのお二人でしたが……。

 

ナメたら死ぬばい! ほんとに死ぬばい!

20151101アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆数万を率いる龍造寺軍と数千の有馬・島津連合軍。
隆信が失笑してしまうほど、この合戦の事前の趨勢は龍造寺有利なものでした。
しかし、相手は「釣り野伏」という戦法を駆使し、さらには古くから鉄砲を駆使した戦いの得意な島津です。おまけに鎌倉時代以来というコッテコテの名家のご子息です。
ナメたらダメ、絶対!
鍋島直茂は釘を刺したのですが……。

 

九州の桶狭間 ここに今、完成す

20151101アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆島津、大友、龍造寺――。
九州は、一瞬、この3家による『三国志』のような様相を呈しておりました。やはり一代で勢力を急拡大させた龍造寺隆信の才覚は疑うべきものではないのでしょう。
しかしながら、最期は惨めとしか言いようのない展開となったのは、酒に溺れて我を見失ったとする説が有力なのかもしれませんね。
「畷(なわて)」とは湿地帯・田んぼのなかにある小道・あぜ道のことで、そんな場所に大軍を無理に進めたどうなるのか。少し考えたら、誰でもわかりそうなハズですが・・・。
逆に島津は、ここで龍造寺の攻撃を受けるべく準備を進めていたと言いますから、やはり指揮官の能力が左右したんすなぁ。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週土曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.