日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 豊臣家

二度とさせるか、下剋上! ドス黒天下人・秀吉の大仏建立と刀狩り 【戦国boogie-woogie vol.112】

更新日:

 

九州を平定し、佐々成政を自害させた秀吉。
未だ東国に敵対勢力は残っているものの、事実上、天下統一を果たした豊臣政権の前にもはや敵は……そう、日本国民そのものであった。
農民の出から歴史上類を見ない大出世を遂げた秀吉にとって、自らの立場を危うくするものは民にほかならない。彼らからいかにして武力を奪うか。
刀狩り――。
歴史の授業でもお馴染みすぎるこの一大事業を押し進める豊臣政権、その内部から迫る!

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

そうだ! 方広寺に大仏を作ろう

戦国ブギウギ20150425-1
◆松永久秀の焼き討ちで被害を被った東大寺に代わり、天下人・秀吉が目論んだのが方広寺の建立でした。
武で全国を統治したなら、次は宗教――と言わんばかりに数年かけて東大寺より大きな大仏を実際に作ってしまうのです。が……。
後の慶長伏見地震により、この大仏は脆くも崩れ去ってしまうのです。

 

スポンサーリンク

兵農分離のジレンマ

戦国ブギウギ20150425-2
◆朝鮮出兵のフラグをビンビン感じる今日このごろ。
事実、大軍を動員して天下統一を進めた秀吉にとって、その後の国内統治はアタマの痛い問題であったことでしょう。
こんなとき、頼りになるのは、親類衆や頼りになる家臣なんすよね。それがないもんだから独裁政権とは危うい方向へ進むと、誰も止められなくなり……。

 

釘に使うって言えよ、バカ!

戦国ブギウギ20150425-3
◆当時、村人たちにとって武器の携行はごく自然なものでした。
近隣の村同士の争いによって合戦に至っていた経緯などもあり、それがまさしく戦国の世というやつでしたが、秀吉の完全統治が進めば戦争不要というのも道理。
もとより反抗するチカラなどなかったはずですし、その上、国民のために仏様を作ると言われれば、誰も逆らえませんな、止められませんな。

 

其れ、すべからく因果応報なり

戦国ブギウギ20150425-4
◆組織というのは、トップ次第で変わるもの。
特に独裁政権ともなれば、出世も早いが崩壊も秒速であり、後に三成が悪者にされてしまったのももともとは秀吉自身が招いたものなんでしょう。
後に、「方広寺の鐘」問題で豊臣秀頼が家康に攻められることになるのも、全部、因果応報だったんすなぁ。
※ちなみに「最近の秀吉さんについていけない」というのは、九曜紋からして、後に三成と対立した細川忠興さんでございましょう

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.