加藤清正vs小西行長 第1ラウンドは天草でファイッ!!!【戦国boogie-woogie vol.113】

 

25万の豊臣軍による九州征伐の後、秀吉によって肥後の国統治を任された佐々成政。
秀吉の陰謀だったのか、読み通りだったのか。
成政が国人たちに一揆を起こされ、その責で自害をさせるや、肥後国統治の後任として遣わしたのが加藤清正と小西行長であった。
秀吉子飼いの中でも武闘派の筆頭として知られる清正と、もともとは商家の出で武力よりも外交力で知られる行長。
両者の衝突が、避けられるハズもなかったのである――。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

武士と農民と商人は、水と油と酒みたいなもん?

戦国ブギウギ20160504-1
◆もしも肥後を加藤清正と福島正則に治めさせていたら、豊臣政権はどうなっていたのだろう――。
そんな妄想を抱いてしまうほど、この配置はマズかったのでは……と考えさせられてしまう清正と行長の肥後統治でした。
バランス感覚に長けた秀吉が、両者の資質を見抜けないなんて考えにくいですし、それとも反りが合わないと知っていたからこそ、同じ場所で競わせたりさせたんでしょうかね、うーん。

 

三成ひいては秀吉にまで、生まれる不信の種火

戦国ブギウギ20160504-2
◆九州を制圧し、このときには事実上、天下人となっていた秀吉さん。
太閤殿下という権力そのものが人の判断を狂わせてしまった――それが一つの答えで良さそうですね。
怖いです&不安です。黒い秀吉さん、嗚呼……。

 

切支丹退治に躊躇は要らない

戦国ブギウギ20160504-3
◆太閤となった秀吉のアキレス腱は、まさにこの切支丹だったかもしれません。
高山右近に黒田官兵衛などなど。自身の有力配下に信者が多かったにもかかわらず、これを一方的に禁じてしまったのですから、そりゃまぁ反感を買うワケで。
加藤清正との対立構造を生みやすい要因になったのも痛かったですね。歴史の必然だったのかもしれません。

 

ゴリゴリの武闘派戦人に綺麗もクソもない!

戦国ブギウギ20160504-4
◆一騎打ちにはいくつかエピソードがありますが、そもそもこの話ってあまり世間に認知されてないですよね。
加藤清正については文禄・慶長の役(朝鮮出兵)での活躍が華々しくて、その直前に行われたこの鎮圧劇がかすんでしまうのでしょう。
普通、一騎打ちなんて大いに注目されているハズなんすけどね……。ともかく卑怯な手も躊躇なく使ってしまう、清正さんの戦国武人っぷりに惚れ惚れしますなぁ。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

戦国ブギウギの書籍版です!


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • アニィたかはし
    • 2016年 5月 06日

    鬼武蔵使い様こんばんは、いつもありがとうございます
    マウントポジションで優位に立ってたのに、ウッカリ家臣に討たれたという
    悲惨なエピソード(しかも吃音が原因)のほうは、
    ちょっと考えると不自然に思えたのでコチラを採用しました
    木山弾正の不自由な言葉をからかった誰かの創作の匂いがします
    そういう非常事態でも言葉出てこないものなのか?とか
    組敷いた上の人が斃れても、セイショコさんはピンチ状態からは脱してないやん
    とか、眉に唾つけたくなるエピソードだったのです。
    この時の因縁の相手の息子さんが熊本城築城の際に絡んでくる逸話も
    時期が来たら描こうと思っております。頑張ります
    今後ともよろしくお願いいたします

    • 鬼武蔵使い
    • 2016年 5月 05日

    木山弾正が清正を組み敷いているところに家臣が来て「上か下か?」と問われ、咄嗟に清正が「下だ!」と答えたために、家臣の槍にかかって討たれた話は知ってましたが、こっちの話は知りませんでした

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る