日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ 北条家

小田原城、陥落! 関東のツワモノ北条五代が夢のあと【戦国boogie-woogie118】

更新日:

 

難攻不落の小田原城――。
かつて武田信玄や上杉謙信の侵攻も食い止めたこの城は、北条家の礎として全国にその名を知られ、特に秀吉との決戦がきまってから築かれた全長9kmにも及ぶ「総構え」は噂に違わぬ鉄壁の防備として西国の武将たちを慄かせた。
しかし……。
後詰(他勢力からの救援)のない籠城など、ただの犬死。
そう解釈されるように、単に小田原に籠っているだけでは勝ち目など見えない。むろん北条とて、小田原に至る手前の城に兵を配置し、西からの大軍を待ち構えていたが、やはり多勢に無勢。
刻一刻と、その瞬間は訪れようとしていた。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

名人久太郎 最期は名誉の戦死なり?

戦国ブギウギ201614-1
◆箱根にある山中城は、小田原城の支城ネットワークの重要拠点であり、東海道の押さえとして北条氏康が建てたものです。
小田原征伐では激戦が行われたところの一つ。豊臣としてもここで万が一にもコケるわけにもいかず、一翼を任せられたのが戦上手として知られる堀秀政さんでした。
堀秀政さんの死因は、現在のところナゾとされておりまして。小田原征伐中に病死したという説も有力ですが、織田信長の側近として戦場を駆け巡った、THE・戦国武将!な御方ですので最期は戦場で……と心情的には考えたくなりますね。

 

スポンサーリンク

モブ氏政の小田原評定

戦国ブギウギ201614-2
◆小田原征伐のとき、北条家の当主は五代目・氏直さんでした。
しかし、実権を握っていたのが隠居の氏政とされ、こちらが何かとマイナスエピソードの残る御方でして。
当連載でも、偉大過ぎる父・氏康と比されてモブ扱い。モブとはアニメや漫画に出てくる観衆のことですが、要は存在感の薄~い凡将だったと言うわけで、長い会議で何も決まらんという「小田原評定」も彼の責任だとされております。
実際、北条家ほど巨大な大名を取り仕切っていたので、単純に凡夫だったワケではないかもしれませんが……まぁ、結果だけを見るとこうなっちゃいますな。

 

スポンサーリンク

一夜城は墨俣にあらず、石垣山にあり!

戦国ブギウギ201614-3
◆小田原城を見下ろすようにして建てられたという石垣山城。
一体、どこに建てられたのか?
今回は、当サイトでお城分析の連載をされているお城野郎さんのお写真をお借りしたいと思います。

お城野郎小田原征伐20160612-2

左端をご覧ください。
少しわかりにくいですが、『豊臣秀吉』という名の上に『石垣山城』と記されているのがご覧いただけますでしょうか?
全体を見渡せば、とにかく四方八方塞がれている状態で、北条方は毎日((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしながら秀吉の一夜城に気づかなかったのかもしれません。
なお、小田原城の何がすごかったのか?という記事が以下にございますので、後ほどお楽しみいただければ幸いです。

【関連記事】北条氏政はなぜ強気で秀吉に抵抗し続けたのか? 絶対の自信を持っていた小田原城はどんだけ強い?

 

やっぱり黒いぜ、天下人!

戦国ブギウギ201614-4
◆結局、秀吉の前に全面降伏となった北条家。
度重なる上洛の呼び出しにも応じず、武力行使と相成ったからには当主・氏直も斬られてしかるべきでしたが、この辺が秀吉のいやらしい……もとい巧みなところかもしれませんね。
実際、氏直の妻は徳川家康の娘でしたので、その辺の事情も斟酌された可能性も。
ともかく関東に名を馳せたツワモノ北条五代も、ここに夢の跡となってしまうのでした――。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが戦国ブギウギ, 北条家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.