日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 豊臣家

鎌倉で源頼朝像と天下を堪能する秀吉 その頃、江戸にはあの光秀が!? 【戦国boogie-woogie119】

更新日:

 

本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれるや、電光石火のスピードで天下人に昇りつめた秀吉。
四国、九州、小田原を征し、残す敵は奥州の小勢力のみとなった。
最後まで粘りに粘った伊達政宗も死装束で秀吉に伏せており、あとは簡単な仕上げのみ。興味はむしろ東国の管理にあっただろう。
秀吉はいかにして東北地方を従わせようと画策したのか。
名づけて奥州仕置――スタート!

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

俺の方が下剋上パネェからすげぇよ、フフン

戦国ブギウギ20160621-1
◆小田原も、奥州最大の伊達政宗も征した秀吉さん。
奥州仕置に向かう前に、鎌倉の白旗神社で源頼朝像に触れ、「俺の方が下剋上パネェからすげぇ!」と、天下の地位を味わっておりました。
これ、なんてフラグなんでしょう。人間、えらくなったとき、成功したときが最も危険といいますが、このエピソードって象徴的ですよね……。

 

スポンサーリンク

モブ氏政の小田原評定

戦国ブギウギ20160621-2
◆宇都宮城に入った秀吉は、そこで東北諸勢力の処遇を決め、楔として蒲生氏郷を残しました。
石高は一気に91万石の大大名に!
伊達政宗の押さえとして配置されたのですが、氏郷さんは喜ぶどころか「都会(畿内)から離れてしまった」と嘆いたとされます。
そして氏郷と政宗は、この後、一揆騒動を巡って対立します。それはまた後日……。

 

大湿地帯をもらって虎視眈々の家康さん

戦国ブギウギ20160621-3
◆江戸への配置換えを命じられた家康は、まず埋立事業から着手しました。
当時の海辺は現在の江戸城辺りまで海域が広がっていて、地ならしせねばどうにもならんかったと言います。
飲み水にしても井戸が不便だったため(塩水が出てしまったりして)、その対策にも奔走の日々。現代で言えば、超難解なシムシティでもやってる感じだったかもしれませんね。

 

江戸のブラック僧侶天海 まさかの光秀か!?

戦国ブギウギ20160621-4
◆言ってません。ナゾ多き僧侶・南光坊天海が、実は明智光秀だったなんて、ありえないでしょう。
しかし、そうでないとも否定しきれないのが歴史の妙。
彼は一体誰なのか? なにやら面影を感じながら見てみたいのは、山崎の戦い。
以下はそのワンシーンです。

雌雄を決する山崎の戦い 秀吉に追い込まれた光秀はまさかの選択を……!? 【戦国boogie-woogie vol.76】

戦国ブギウギ光秀生存説

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.