関ヶ原の戦い前夜! 石田三成はいきなり不器用モード全開で…… 【戦国boogie-woogie137】

 

【前回はコチラから】
豊臣秀吉亡き後、急速に動き始めた徳川家康。
各大名家との婚姻を押し進め、関係を強化しつつ、五大老の中で徳川一強への足元を固めていく。
そんな動きを止めるのは又左しかいない――と期待されていた矢先に前田利家もその生涯に終止符を打ち、慌てたのが石田三成であった。
有能な官吏と評され、合戦での準備には定評ありながら、最前線での武功に乏しく、秀吉子飼いの武闘派からは嫌われがちな秀才肌。
残された豊臣恩顧の武将たちはいかなる判断を下すのであろうか。
関ヶ原の戦い前夜がにわかに熱くなる――。

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

積もりに積もった鬱積がついに爆発!

戦国ブギウギ20161127-1

◆1599年に前田利家が亡くなると、福島正則や加藤清正を中心とした豊臣の武闘派と、石田三成など官吏派の対立はいよいよ根深いものとなりました。
背景にあったのは朝鮮出兵時における三成の不義理とされており、正則・清正以外に池田輝政、細川忠興、浅野幸長、加藤嘉明、黒田長政の計7名が襲撃したといいます。
しかしまぁ、家康にとってはラッキーでしたよね。
三成にしてみれば『なぜ、わからんのだ!?』と歯がゆい思いであったでしょうが、感情のもつれはもはやどうにもならず……。

 

息子よ慌てるでない! 私がいきますよ

戦国ブギウチ20161127-2

◆関ヶ原前夜に大きなポイントとなったのは前田家の去就でした。
東につくのか、西につくのか。
利家が亡くなったとはいえ、後に加賀百万石となる大藩ゆえに味方に引き込むのはどちらの陣営にしても最大の課題でした。
そこで家康は同家に対して高圧的なアプローチをかけ、まつを人質に取り込むことに成功したのです。まぁ、前田家は、同じく織田家で仲間だった丹羽家との戦いによって関ヶ原には参陣できなかったのですが……。

 

親友・吉継は

戦国ブギウギ20161127-3

◆豊臣恩顧の武将たちにことごとく嫌われる石田三成さんにとって、心強かったのは大谷吉継さんでしょう。
娘が真田信繁さんに嫁いだことでも知られておりますが、頭脳がキレるだけでなく人望も熱く、関ヶ原の戦いで勝利がどちらに転ぶか――彼の参陣によって情勢はガラリ!
毛利輝元を担ぎ出し、大戦へとつながっていくのでした。
おそらくこの時点で両者ともに、一日で決着がつくとは考えてはいなかったでしょう。戦略的には正解だったかもしれませんが、目の前の戦術で……。

 

忠興愛するガラシャの確保に全力投下も……

戦国ブギウギ20161127-4

◆東方についていた細川忠興にとって頭痛のタネは、愛する奥方・細川ガラシャが敵方の勢力内にいたことでしょう。
もし仮にガラシャが人質として囚われたら?
それでも三成憎しのキモチに変化はなかったかもしれませんが、逆に、命を保障して柔軟な対応を示しておけば、東軍にいる豊臣恩顧の武将に動揺が走ったやもしれず、戦争は長期化した戦略に発展したかも。
愛すべき不器用――石田三成。
まさに目の前の戦術には後手後手となってしまうのでした。

 

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

戦国ブギウギの書籍版です!


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • アニィたかはし
    • 2016年 11月 29日

    宗達様初めましてこんばんは。コメントありがとうございます
    次回は伏見城の戦いがメインになってきます。彼の裏切り者は
    チラリと顔見せにくる感じになります。
    福島が乗せられるのはその次以降。忠興に関しては
    この件は三成の空気読めない感が際立つエピソードで
    忠興の嫁大好きに絡めるにしては、三成のダメっぷりの方が
    強く印象に残るという理由で、見送らせていただきました
    過去にチョイ役で登場してたキャラ達がどんどん集結してきます
    戦国集大成です。頑張って描き切ります
    今後ともよろしくお願いいたします

    • 宗達
    • 2016年 11月 29日

    アニィたかはし様、いつも楽しく読ませていただいております。

    思ったより展開が早くてワクワクしてきますね~

    今年の大河のように、秀吉死去から関ケ原開戦までのドロドロとした雰囲気を続けてじらすのも好きですが、サクサク進むのもまた良いですね。
    次回は忠興さん大荒れ、福島さん乗せられる、某裏切り者登場、の三本立てでしょうか?
    今後も面白いキャラクターの登場に期待しております!

    しっかし、武闘派の人相の悪いこと悪いこと(笑)そりゃブッ○す以外やること無いでしょ。

    • アニィたかはし
    • 2016年 11月 28日

    乙様こんばんは、いつもありがとうございます
    大河ではほぼスルーされてた関ケ原ですが
    こっちではみっちり描かせてもらおうと思っております
    がんばります。今後ともよろしくお願いいたします

    • 2016年 11月 28日

    「出て行くわけねーだろ殺す気マンマン」って、ぷぷっ、面白ーい。
    次は前田家を攻める(?)。家康イキイキしています。
    その次は、上杉家を攻める(直江状省略)。討伐軍出動!。
    三成が背後から蜂起の相談。展開早過ぎのような気もします。「絶対に負けるよ」って直言ですねー。
    三成は生真面目/硬直なイメージもあるものの、助言を受け入れてあっさり毛利大将確立。急展開です。人質作戦の4コマ漫画は
    もう関ヶ原の戦い直前までいっちゃってるなあ。光秀の娘がしばらくぶりの登場。1コマだけ登場してお亡くなりに、あらら。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る