日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 徳川家 島津家

関ヶ原前哨戦の大一番・伏見城の攻防! 元忠と三成の間で揺れる義弘【戦国boogie-woogie138】

更新日:

 

【前回はコチラから】
徳川家康が上杉家討伐に出向いたタイミングを見計らい、ついに蜂起した石田三成。
当初は徳川派だった大谷吉継という味方にし、更には総大将として毛利輝元を担ぎ、万全の状態で挙兵した。
しかしその矢先、人質に取ろうとした細川ガラシャには実質的に自害され、にわかに計画は狂い始める。
豊臣恩顧たちに見限られていた信頼を取り戻すことはできるのか。
真価が問われんとするとき立ちはだかったのが、家康の忠臣・鳥居元忠であった――。

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

家康ってこんなに悪いんだよ~な13箇条!

戦国ブギウギ20161204-3

◆豊臣のことを第一に考え、豊臣のために戦う!
たとえそうだったとしても、その真意が味方にすら通じず、人望がないってホトホト辛い場面ですよね……。
このときも事前に五奉行を解任されていた三成は、前田玄以・増田長盛・長束正家の三奉行に家康弾劾の13箇条を発布させたのでありました。そして向かった先は……

 

スポンサーリンク

伏見城に現れた島津兄弟No.1の猛将

戦国ブギウギ20161204-1

◆豊臣政権において、島津家中で最も信頼されていたのが義弘でした。
ヘタをすれば本家の義久よりも重んじられており、実際、朝鮮出兵などでも義弘は大活躍するのですが、ちょうど関ヶ原のときは上京していながら、兵数は少なく、いざ合戦が始まるとなると、東か西かを選ぶに選べず、非常に苦しい立場であったといいます。
こんな状態から、後に『島津の退き口』を演出してしまうんですから、まぁ、ほんとに凄まじい一族(義弘と豊久)っすなぁ

 

三成、島津の助太刀を軽んじる!?

戦国ブギウギ20161204-2

◆島津義弘は石田三成とも親交深かった――という話がありますが、このときは非常に微妙な立場だったといいます。
本家・島津義久が東軍・西軍どちらを選ぶのか。その判断も確認できぬまま、なし崩し的に伏見城攻撃に加わらねばならなかった可能性があり、ほんと辛い立場としか……。
実際、三成がここまで義弘を軽んじたとは……いや、もしかして><;

 

後の裏切り者もここでは城攻めに……

戦国ブギウギ20161204-4

◆関ヶ原が決戦場となったのは、西軍にとっては吉だったのか凶だったのか。
結果だけを見れば間違いなく凶であり、その原因ともなったのが伏見城での鳥居元忠の大奮闘でした。
降伏せず、まさに城を枕に討ち死にするまで戦い抜き、その忠臣っぷりが今にも伝わっておりますが、実はこの戦いには小早川秀秋さんも参加していた、という……。もちろんこのときは西軍での参戦であります。

 

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 徳川家, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.