日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

後藤勝兵衛次々ここにあり

者共、此は戦ぞ!! 己の研ぎ澄まされた鍛錬の成果を如何なく発揮するがよい 【後藤勝兵衛次々ここにあり vol.6】

更新日:

 

皆様に於かれましてはご機嫌麗しゅう。勝兵衛次々で御座候。

金木犀の香りに心癒される時期で御座るが、夜は空気も冷え込む季節で御座ります故、皆様に於かれましてはご存分にご自愛下さります様。

さて、先週の楽しそうな顔合わせの雰囲気から一転して、この武骨なタイトルは此れ如何に!? とお思いの皆様も、どうせいつもの大袈裟な言い回しだろとお思いの手練の方も、最後まで後ゆるりとお楽しみ下さりませ。

劇団歴史新大陸20140921-1

現在、制作中の『水戸黄門Z』 本稿ではその舞台裏に迫ります/公式Facebookより引用

 

リハーサルの目的とは何ぞや?

演劇や映像作品を作り上げていく上で重要なのが、皆さんご存知「リハーサル」で御座る。

と、一口に言ってもそれはいくつかの種類が御座って、例えば舞台稽古の様に稽古場でガンガン芝居を練っていくリハーサルから、ドラマなどでカメラの前で軽く行うリハーサル(「はいテストぉ~」とか言ってるアレです)まで様々。

現在、拙者共が進めている作品「水戸黄門Z」の現場で行われているのは、この前者に近いもので御座りますな。

 

ここでの目的は…。

壱、監督の狙う芝居、アクションを作り固める

弐、カメラアングル、カット割りを決める。または芝居を絵コンテに当てはめる

参、武芸者たるもの自己の鍛練の成果をいついかなる時でも存分に発揮し披露する

と言った事が主なもので御座る。

つまり撮影現場で実際にカメラの前でお芝居をする前段階で、すでにお芝居を練っておいて、いざ撮影となれば、戦場がスムーズに進む様にするとても大切な下準備なので御座る。

それに加えて、今回も「時代劇ミュージカル」という独自のワールドを持つ作品で御座りますので、歌の練習、ダンスの練習も必須なので御座るよ。

 

スポンサーリンク

監督の意向を汲みつつイイ意味で裏切るのが殺陣師の腕 

アクションシーンと言うものは、監督とは別に通常「殺陣師(たてし)」と呼ばれる立場の人がおりまして、最近は「あくしょんこーでぃねーたー」などと横文字で言われる事も御座りますが、とにかく殺陣師は監督の意向を的確に汲みつつも、監督をうならせる様なカッコいい殺陣を考える事が醍醐味なので御座るな。

見よ!この躍動感!

劇団歴史新大陸20140928-1

やはり、日頃から殺陣をやっている人と言うのは、殺陣師の要求にすぐに応えて再現する事が出来るもの。日ごろの鍛錬がいかに重要かと言う事ですな。

そして、写真左側をよくご覧ください。

…お分かりだろうか…アクションをしている男性陣の奥で、カメラを構えている不可解な男性が映り込んでいるのを…(左から2番目の人物)。

この方は、ご自分の趣味で写真撮影をしていてたまたま近くを通りすがったので…はなく撮影監督と言いまして、一般的にはカメラマンと言った方がイメージが近いで御座ろうか。文字通り監督の右腕として画面上に現れる画の全てに責任を持つ重要なお方で御座る。

リハーサルでの実際の動きをカメラにおさめてイメージを膨らませたり、自分の動きも決めたり。織田信長様にとっての森蘭丸の如く、いつも監督の傍にいて細かく相談しながら画を決めて行くのですな。

劇団歴史新大陸20140928-2

 

スポンサーリンク

殺陣と並んで重要なのが普通の「所作」

その一方では、時代劇ならではの所作の指導も並行して行われて御座る。

この時代劇の所作と言うのも、殺陣同様に一朝一夕では決して板に付くものではなく、数十年前まで往年の名優さんなんかは、皆さん日本舞踊を習っていらっしゃったもので御座る。

が、悲しいかな時代劇の衰退とともにその風潮も薄れ、所作を身につけている役者さんも少なくなっているのが現実。。。

 

見よ、所作指導をしながら燦然と輝く某の「I LOVE 岡山Tシャツ」を!

劇団歴史新大陸20140928-3

 

そうこうしている内に、何故か二人の役者に迫られて、良く分からない表情になっている某!!

劇団歴史新大陸20140928-4

ここら辺りまでが、前述の

壱、監督の狙う芝居、アクションを作り固める

弐、カメラアングル、カット割りを決める。または芝居を絵コンテに当てはめる

に当てはまるところで御座る。

 

殿の御前で武芸を披露するときの心持ち 

さて、参の

参、武芸者たるもの自己の鍛練の成果をいついかなる時でも存分に発揮し披露する

の意味で御座る。

実はこの稽古場と言うものは、各々方が、どのようなスキルを持ち、どのぐらいの動きを、どれほどの錬度で出来るものなのかを見せるという意味でも非常に重要な場なので御座るな。

例えるならば、兵法指南役に推挙された武芸者が殿の御前にてその腕前をご披露する時の心持、と言っても過言ではないくらいの場でもあるので御座る。

もっと言えば、監督のイメージを良い意味で覆せばそれが採用される事も多々御座るし、逆に監督のイメージを刺激して新たなものが生まれる可能性も御座るし、「いんすぴれーしょんのぎぶあんどていく」、日本語に訳せば「霊感与奪」と言う事になるので御座る!

※こちら側も、それぞれが披露しやすい現場作りと言う事もこれ大切にしなければならない事なので御座るな。

 

この様に、たっぷりとリハーサルに時間をかけて作れるものもあれば、売れっ子の方々が出ているドラマの様にリハーサルの時間などほぼ取れない、ぶっつけ本番的なものまで色々な現場に対応せねばならんのも、此れ役者の使命也。

しかし、こうしてたっぷり時間をかけて監督とお芝居を練って行ける現場と言うものは、役者にとっては非常に有難くやりがいのあるもので御座る。

 

 

そして、何と言っても稽古後のビールの美味さは抜群で御座ってなぁ、えへへ、えへえへ。

・・・あ!いやいや、これも大切なお芝居に関するコミュニケーションの場なので御座るよ!!こうして高められた結束感こそが、画面上に、舞台上に、えも言われぬ一体感を出すので御座る!

 

さてさて、本日はこの辺りで。来週は、リハーサルの他、レコーディング風景などもお届けする予定で御座る!

さらば!!

 

 

著:勝兵衛次々

次回へつづく(日曜日掲載)

 

◆ 後藤勝兵衛次々 プロフィール
後藤氏プロフ画像

普段は【劇団歴史新大陸】で局長・後藤勝徳として活動。生まれる時代をうっかり450年程間違えた役者でもあり、演出家でもある。
日本の誇りある歴史、文化、伝統芸能などを国内の若者、ひいては世界に発信し、その素晴らしさを広める為の場として、劇団活動を活発に行っている。

自称日本一の尊王俳優(あるいは日本一の快男児)。

劇団歴史新大陸HP  http://rekishin.com/

フェイスブック https://www.facebook.com/Katsunori.Goto.0113

 

スポンサーリンク

編集部注※戦国武将・後藤又兵衛さんのご子孫でもある

後藤又兵衛(Wikipediaより)

後藤又兵衛/Wikipediaより引用

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-後藤勝兵衛次々ここにあり
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.