日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

銀クジ1枚!真田家筆頭同盟さんとの盟主戦ぜんぶ見せるでござ候 戦国IXA攻略ブログ

更新日:

 

優勝者にWebmoneyの歴史戦国大喜利

第2回の投稿締切は明後日土曜日です!

アイキャッチ歴史戦国大喜利300

 

41+42鯖も刷新から1ヶ月半が過ぎ、ようやく合戦にある程度の兵力を投入できるようになりました。

伊達家の成績は今回(8/18-19)の合戦直前まで3勝2敗。今のところ攻撃側でボコられる事態に見舞われることはありませんが、防衛戦ともなれば私の本領はすでに落とされており、緊張を強いられます。

特に今回は、41+42鯖の中でもとりわけ結束が固い真田家で、しかも早い時間から本領周囲には筆頭同盟さんの陣が多数迫ってくる状況でした。

 

これに対し我が伊達家でも、国内ランカーさんとの事前打ち合わせで、真田家の筆頭同盟・盟主さん陣に一斉攻撃を仕掛けることを決定。

午前10時15分に私も含めたプレイヤーさんで潰しにかかったのですが、もちろんコレに懲りるような弱腰な盟主さんでもなく、ジワリジワリと本領へ…。

 

真田家 筆頭同盟 vs 伊達家 武将ジャパン漢塾 開戦!

戦いの幕は、8月18日午後8時39分53秒、真田家の斥候部隊から切っておとされました。

まずは騎馬10騎による凸撃。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書

半蔵氏の毛利元就【謀将掌握】発動!

むろん寡兵相手にコチラの能力が発揮されるのは当然のことで、敵方ももう一発の攻撃を放ってきており、同盟ポイントから加勢数を判断する考えが見てとれました。

 

午後8時43分50秒、斥候部隊と思しき第2陣、着弾!

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書2

お次は騎馬100騎の成果と引き換えに、半蔵氏の光成・元就コンビが白日のもとにさらされました。

流浪人氏によって堅実に鍛えられた鮭延・忠輝の槍砲方陣も。

 

敵方が王道の攻めで来るならば、お次は剣豪による攻撃でしょうか。

午後9時09分39秒、3発目、着弾!

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書3

やはり剣豪でした。

こちら、漣(さざなみ)氏の清正が虎のごとく咆えると、敵方も負けてはおらず【義兵】や【電光】の付いた剣豪が出てきたでござ候。

おそらく、真田筆頭同盟さんには数名の剣豪マニアがおり、彼らの期待通りに働いているようです。

 

そして・・・。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書4

ついに実弾が撃ち込まれたか!

と思ったら、再び斥候部隊による手探りが続き、いささか油断していた直後のことでした。

 

真田家盟主戦はダブル氏康の特攻から

3発目の斥候部隊を退けた、その約5分後、午後9時19分のことでした。

突如、馬のいななきと、敵兵・武将の咆哮、そして数少ないながらも種子島の音が聞こえてきたのです。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書5-2

真田家のエースプレイヤーと盟主さんが、ダブル氏康で初期スキルを発動。

一方、我が漢塾でも無垢氏の伊達政宗が吠え、独眼竜を発動するものの、報告書上では一方的に押される展開です。

 

そしてもう一発が着弾!

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書6

明智が、謙信が、義久が、信玄が!

鋼のごとく鍛えられた攻撃陣に気圧されそうになりますが、防御側は一人でも気を吐けば耐えられるというものです。

ちどりや氏の赤池、よくぞ耐えてくれました。

 

もちろん無慈悲な攻撃はこの程度では止みません。

午後9時44分27秒。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書7

お次は元親に如水、ダブル左近。恐ろしいほどのラインナップに対し、漢塾・刃裏亜氏の長安も立ち向かってくれました。

先程も申したとおり、防御側は一人でも気を吐き続けていれば城は簡単には落ちませぬ。

まだまだ城内の兵糧や矢弾に余裕はありました。

 

士気は落ちず 後詰が来れば耐えるでござ候

まるで天武将のお披露目舞台かのような攻撃は続きました。

午後9時44分30秒。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書8

義元まで出てくるか・・・。

おそらく表示されていないだけで【破軍星】も中には含まれているのでしょう。

着実に削られゆく、漢塾武将たちの体力。

 

そして続けて午後9時44分34秒。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書9

私の配下であった光成も焙烙火矢を振るって、流浪人氏の鮭延も能力を発動!

まだまだやれる。そんな風に強がりたい気持ちはおそらく見透かされていたでしょう。

ついに、1名の負傷武将が出てしまったのです。

 

ここで加勢部隊を入れ替えるべきか否か。

近くに拠点があれば無論トライすればよいだけなのですが、敵方が大同盟ですと、そう簡単に入れ替えさせてくれないのが常。

周囲は敵陣で赤く染まっており、次なる波状攻撃の着弾時間を読み、そのタイミングで加勢部隊を入れ替えるのは神のごとき所業であります。

むろん、そんな博打はできるハズもなく・・・。

 

午後10時04分25秒。

先の攻撃から20分後のことでした。

戦国IXA攻略ブログ戦国無双さん盟主戦報告書10

20名が脱落・・・。ついに恐ろしい状況に陥りつつありました。

しかし、こんな状況でも戦う姿勢を失わない、ちどりや氏の赤池、きんたろう氏の佐竹。

恐怖の赤備え、敵方・井伊直政の赤備鬼神にも決して負けてはおりませぬ。

 

ここの攻撃を耐えれば、新規の加勢で防御できる。

後詰さえ来れば勝てるやもしれぬ。後詰さえ・・・。

 

 

スポンサーリンク

続きは次ページへ!

 

 


戦国IXA(イクサ) ブログランキングへ

戦国IXA・攻略ブログ

 

 

次のページへ >




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-毎日クジの戦国IXA攻略ブログ
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.