日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

運営様へ提言! 新章では【ステ振りの自由化 or 規制緩和】を切に願います 戦国IXA攻略ブログ

更新日:

 

先日、当ブログで触れました「猫侍」のツイート。

この一件につきまして、当サイトで調べていただきましたので、一応、ご報告。

もし気になっていた方がおられましたら、下記のリンク記事をご参照ください( ^ω^)

猫を連れて散歩している武士「猫侍」って実在するの?

 

「ステ振り自由にさせておくんなまし(◉◞౪◟◉`)」

さて、先日の新章発表は、かなりのサプライズを持って皆様の元へ届けられたと思われます。

一般的な感想としましては、合戦の色々が改善されるのは賛成。されど、突然の【鉄足・焙烙・騎鉄】の3すくみには、がぜん納得がいかない――。そんなところではないでしょうか?

これを一つずつ考察してみたいと思います。

 

まず現在の砲攻と砲防の関係から申しますと、従来は3すくみの関係がなかったため、純粋に【鉄足vs騎鉄】の【防御力vs攻撃力】を考えれば良かった。

要は、防御と攻撃の最強部隊は、鉄足と騎鉄で決まる。

そういう絶対の方程式がありました。

 

しかし、これがまず根本的に崩れます。

3すくみが適用されれば、鉄足に対して騎鉄の攻撃はあまりにも脆い。

ゆえにまず最初に反応するのは攻撃側で、砲攻部隊を【騎鉄】→【焙烙】へと変えることでしょう。そうすれば槍の鉄足に対し、今度は弓の焙烙が絶大な力を持つことになる。

でも、どうやって?

新しい焙烙武将をゲットしろって言うの?

はい、わかりました、課金します(`・ω・´)ゞ って、おいおいおい。それはキツイぜよ。

 

今回の変更は、以前に【焙烙火矢】が投入され、さらにその数カ月後に生産コストが大幅に下げられたときとはワケが違います。

メインの兵種が根本から変わってしまうのです。

騎鉄の天極武将をゲットしたけどダブってたから売った。あるいはスキル合成で溶かした。そんな方は少なくないハズ。

もし、最初から鉄足・騎鉄・焙烙火矢が3すくみの関係だったら、2枚目以降は焙烙用に育てたりしていたでしょう。

こうした状況を踏まえた上で、何の救済措置もなしにいきなり

「兵種の仕様、変えたんでよろぴく♪(・ω<)」

と言われたって、やはり我慢がなりません。

 

先日の記事コメント欄には、こうした一方的な仕様変更に対し「ゲーム終了のフラグであり、課金プレイヤーから最後の搾り取り」というご意見も見られました。

私は他のオンラインゲーム・課金ゲームの経験値がゼロですので、過去の学習から何とも言い難いのですが、この意見に対しては五分五分かと思っています。

運営さん性悪説に則れば、たしかに最後の搾取って見方も否定しきれません。

されど性善説から見れば、ゲームに刺激を与えるためのスパイスとも見えます。ただし、これは【ステ振りの自由化・規制緩和】が伴って初めて言えることで、何のケアもなく、いきなり騎鉄を否定されるような処置ですと、一気に興ざめしてしまう可能性もあるでしょう。

 

また、こんな意見もいただきました。

微課金プレイヤーさんにとっては、「そもそも【騎鉄】【焙烙】と兵種を分けて天極武将を育てる余裕はなく、あまり関係ないかも・・・」という内容です。

なるほどっす。たしかにそういう環境の方も多いかもしれません。ただ、それはあくまで攻撃を主眼にしたときのお話でしょう。

もしも今後、焙烙の攻撃が増えると、必然的に【馬防】の需要が高まります。というか、敵の焙烙の攻撃に対して、自分たちが騎鉄で守るワケには行かず、どうしたって馬防の出番が増えるでしょう。その分、今まで育てた槍防の出番が減るし、鉄足武将の出番も減るでしょう。また対騎鉄用にコツコツと作っていた弓防は、全く意味をなさなくなってくるハズです。馬で蹴散らされてしまうんですから。

微課金の皆様こそ、ここら辺で最も打撃を食らうのではないでしょうか?

たとえ騎鉄と焙烙の育成で迷うという悩みはなくても、防御面で、対赤備えの中心に槍、対騎鉄の中心に弓を据えていたのは間違いないハズ。

 

とまぁ、皆様からいただいたご意見を元に色々と事態を妄想してみたのですが、すいません、結局は生産コストや、攻撃力・防御力の詳細が発表されないことには何とも申しあげにくく、現状で明らかになっているのは、これぐらいのことでしょう。

「ステ振り自由にさせておくんなまし(◉◞౪◟◉`)」

正直申し上げまして、ステ振りを自由にしただけでも、多くの不満は消えないでしょう。それでも、この措置がないと、本当に途方に暮れてしまいます。

だって、今まで散々、騎鉄を中心に武将を集め、課金クジを引き、スキルを付与してきたんですからね。

それがイキナリ最強じゃないから♪って言われちゃうと、賽の河原の子供と鬼の関係っす。もう諦めて他のゲームを探すか、仕事に集中するしかありません。

 

とはいえ、詳細はまだまだ発表待ちなんすけどね。

兵種の仕様変更には、3すくみだけでなく、各兵種のスペックや生産コストの見直しも含まれており、ほんとーにどうなるか不明です。

要は上級兵(武士・弓騎馬・赤備え)の上に、プレミア上級兵(鉄足・焙烙・騎鉄)を設置しただけなんすよね。

 

そして気になることがもう一つ。

戦国IXA攻略ブログ新章兵種の仕様変更

上記の説明でもございますように、新章から【槌・櫓・大筒】の器兵種は3すくみに関係なく、槍弓馬に対して「攻撃に優れ」とあります。

そもそも破壊重視だった兵種たちが、突然、槍弓馬に対して「攻撃に優れ」っていかがなものでしょうか。

万が一、騎鉄や焙烙より強くなってしまったら、これはもう笑ってしまうしかないというか、引退者が続出となってしまうから、さすがに運営さんもそんな処置はしないでしょう。

破壊力は従来通りで一定の攻撃力を有するようになる――そんな扱いかと思われます。雑賀衆みたいな。ただ、それだと今度は秘境兵の存在意義も薄くなってしまうのですが・・・。

 

スポンサーリンク

◆まとめ

ともかく、文句は詳細が出てからにしろよ――。

という意見もございましょうが、砲の3すくみが決まった時点でやっぱりコレだけは通していただかないと、本当にヤル気を削がれてしまいます。

「ステ振り自由にさせておくんなまし(◉◞౪◟◉`)」

コメント欄では「一日一武将のステ振りをできるようにする」なんて意見も頂戴しました。それぐらいだったら、非常にちょうど良い気がするんですが・・・。

 

追伸

合戦2日目がシンドイというご意見もいただきました。

合戦と合戦の合間が3日間しかない、という間隔の短さが問題のようで、たしかに今の静かな2日目は戦をやってる意味をあまり感じられません。

現実問題、2日目は影武者もあり、兵が溶けてもたない――というのもあるでしょう。これって運営さんが資源の生産値を絞るからこうなるという見方もあり・・・w

ただ、今後は変わっていく可能性もありますし(忙しい方向へ、ですが)。この辺は、あらためてプレイヤー全体の意見が反映されていくようになるのではないでしょうか。

 

 

てなわけで本日は銀クジ7枚の結果を!

BGMはマライヤ・キャリーさんの『All I Want For Christmas Is You』私の空耳で!

ミュージック、スタート!( ^ω^)

 

ン チャララ♪

チャラララ♪

愛丼 小野♪

 

続きは次ページへ

 

 

スポンサーリンク

捨てスキルの生贄武将が一目でわかる♪

◆槍隊進撃・槍隊堅守・槍隊備え・槍隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表槍20150630-2

 

◆弓隊進撃・弓隊堅守・弓隊備え・弓隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表弓20150630

 

◆騎馬隊進撃・騎馬隊堅守・騎馬隊備え・騎馬隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表馬20150630

スポンサーリンク

「早見表、意外と使えんじゃん」と思われましたら、下記のブログランキングButtonをポチッとよろしくお願いします(*´Д`)

 


戦国IXA(イクサ) ブログランキングへ

戦国IXA・攻略ブログ

 

 

次のページへ >




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.