日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

寝耳に水で非難轟々の16鯖統合 なぜ運営さんはこんな強引に押し進めたのだろう?

更新日:

 

『スキル強化用の素材を取引所で買うとしたら、いくらなら得なのか?』

たとえば特武将は、ランクアップしていない状態ですと一枚につき900の経験値がいただけます。ゆえに取引所で800銅銭以下で買えればお得……。

と一瞬考えがちですが、実際は違います。

白クジからは約4枚に1枚が上武将(経験値300)が出ます。仮に800銅銭分の白クジを引いたら、【上武将2枚+序武将6枚】で得られる経験値は合計1,200となります。

白クジ経由の場合、単純に100銅銭で100経験値の価値とはならないんですね。だから900経験値の特武将を800で買ったとしても得にはならないという理屈です。

 

そして以上のような理屈を踏まえて作ったのが以下の様な表です。

戦国IXA攻略ブログ獲得経験値表2

こちら、素材を取引所から買う場合、いくら以下ならお得なのか?

という価格を表示したものです。

計算の仕方はコチラの過去記事に譲りますが、要は白クジの4枚に1枚が上武将という前提条件で進めておりますので、そこにご納得いただけない方はスルーでよろしくお願いしますm(_ _)m

 

先行33鯖と後発48鯖ではどれだけの差があるのか?

さて本日は、何と言っても16鯖統合について触れないワケにはいかないでしょう。

33鯖のプレイヤーさんならともかく、48鯖がメインの方にとっては、あまりに青天の霹靂。

私の所属する同盟内では割とノンビリしている印象でしたが、当ブログへ頂戴しましたコメントを拝見させていただいたところ、やはり一大事と考えておられる方も少なくないようです。

 

大きな理由は一つ。

33鯖と48鯖ではスタート時期があまりに違いすぎて、合戦での有利不利も大きくなり過ぎていることでしょう。

 

では、実際にどれぐらいの差があるのか?

ixawikiの戦況アーカイブスで各鯖の初戦を調べたところ、以下の様な日程でした。

順番 鯖番号 鯖初戦 前鯖との期間差 先頭(33鯖)との期間差
1 33鯖 2012年7月5日
2 34鯖 2012年8月4日 1ヶ月間 1ヶ月間
3 35鯖 2012年9月9日 1ヶ月間 2ヶ月間
4 36鯖 2012年10月21日 1ヶ月10日間 3ヶ月2週間
5 37鯖 2012年12月14日 1ヶ月20日間 5ヶ月1週間
6 38鯖 2013年2月6日 1ヶ月20日間 7ヶ月間
7 39鯖
8 40鯖
9 41鯖 2013年5月25日
10 42鯖 2013年6月30日 1ヶ月間 11ヶ月25日間
11 43鯖
12 44鯖 2013年11月3日 16ヶ月間
13 45鯖 2014年1月26日 2ヶ月20日間 18ヶ月20日間
14 46鯖 2014年3月26日 2ヶ月間 20ヶ月20日間
15 47鯖 2014年6月13日 2ヶ月20日間 23ヶ月10日間
16 48鯖 2014年7月19日 1ヶ月5日間 24ヶ月2週間

33鯖ってのは2012年7月から始まってるんですねー。

今から3年半ほど前になりますか。

あらためてIXAの歴史を感じてしまいますが、では「最も新しい48鯖はどこか?」と申しますと、こちらは2014年7月です。

実に丸2年の差!

 

やっぱりこれはデカイすな(・ω・;)

いくらなんでも慌てすぎ感がハンパじゃないです。

仮に16鯖を統合するとしても、なぜ、もっと期間の猶予を設定しなかったのでしょう?

例えば前後半(33-40鯖と41-48鯖)の8鯖ずつを2月に統合しておいて、次の半年後(8月)ぐらいに16鯖の統合では間に合わなかったのでしょうか。

スケジュールを事前に告知しておけば、今回ほどの混乱は招かなかった気がします。

 

とはいえ、運営さんだってアホじゃないんですから、今回の16鯖統合を急ぐ理由はあったのでしょう。

それが一体どんな理由だったのか?

私が感じているのは『合戦の過疎化』です。

サブ鯖を持っていないので41-44鯖のことしか触れられないのですが、現状、同鯖の過疎化はハンパじゃないありません。

例えば前回の防衛戦なんて敵襲ゼロ。

戦国IXA攻略ブログ前回合戦報告書

たしかに陣張りの数が少なかったという私にも責任はありますが、村や支城への敵襲もゼロなんですから、もうどうにもなりません(・ω・;)

 

にしても、どうしてこんな状況になってしまったのでしょう……。

以前からワタスは、合戦を盛り上げるために銅銭スキルの武将を配るのではなく、攻撃や戦功、盟主陥落等の「働いた分」に応じて報酬として銅銭を支払えば良い――と申し上げておりました。

確かに藤堂さんの合流は楽しいものがありますが、一方で、藤堂さんがいないときの合流を味気ないものと感じてしまうプレイヤーさんもおられるのではないでしょうか。

これが結局、心理的マイナスに働いて、参加率が落ち、そうなるとますます藤堂合流に乗りづらくなって、いずれ辞めてしまう――。そんな悪循環が発生している気がしてなりません。

 

 

また、ブログ記事を毎日書いてるワタスは中々テンションも下がりませんが、もしフツーの重課金プレイヤーだったら、とっくにヤメてても不思議じゃありません。

だって、銅銭スキルがなければ【いくら頑張ったって報われない】んですから、そりゃヤル気も萎えまっせ。

以前、同様の意見をコメントから頂戴しましたが、無課金・微課金さんよりも、藤堂さんをゲットできなかった重課金プレイヤーの落胆っぷりは凄まじいものがあると思います(まぁ、これって私のことですがw)。

プレイヤーの数は多ければ多いほど楽しいハズのIXAで、なぜ、こんな排除を促すような仕組みにしてしまったのでしょう……?

って、そりゃ課金クジの売上のためですよね。あーあー(・ω・;)

 

仮に、こうした負の状況を「16鯖の統合」で補おう――という考え方でしたら問題の先送りに他なりません。

先程も触れましたように後発鯖のプレイヤーに多大なる負担を強いることにもなります。

まぁ、こんなこと言うと、『なんでもかんでも藤堂と結びつけるな!』というご意見を頂戴しますが、銅銭の流通量とリンクしており、必ずや影響していると思われます。

 

なので、もういっそのこと銅銭武将を取引不可で全員に配ったらどうっすかね?w

こうなると「必死に銅銭貯めて買った人が涙目すぎる!」というツッコミをいただくでしょうけど、これまでの銅銭武将よりスペックを落として配布すれば藤堂さんなどの価値を大きく毀損することもないのでは。

頑張った分だけ銅銭が配布される――その仕組が大事なんだと思います。

まぁ、課金クジの売上に関わることだから無理かもしれんですが、一方で過疎化が進んだらクジもクソもないわけで。

問題は根深そうです(´・ω・`)

 

 

てなわけで、本日は金銀クジ3枚勝負で!

BGMはビートルズの『A Hard Day's Night』私の空耳で!

ミュージック、スタート!( ^ω^)

 

じゃーん!

逸見な♪

歯~出~ずないっ♪

 

結果は次ページへ

 

 

スポンサーリンク

影討伐に超便利♪ 砦中心からの時間が一目瞭然なやつ

戦国IXA攻略ブログ影討伐の時間早見表1赤備え&電光付き比較

戦国IXA攻略ブログ影討伐の時間早見表騎馬鉄砲電光比較付き

 

 

スポンサーリンク

S1合わせ主要な組み合わせ2パターン

スロット1【◯◯襲撃】←スロット2【◯◯進撃&◯◯堅守】
スロット1【◯◯堅守】←スロット2【◯◯備え&◯◯襲撃】

※【槍隊◯◯】だけで狙うのが結局は得だと思います

 

スキル強化素材を取引所で買う場合、いくら以下ならお得なの?

戦国IXA攻略ブログ獲得経験値表2

 

捨てスキルの生贄武将が一目でわかる♪

◆槍隊進撃・槍隊堅守・槍隊備え・槍隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表槍20150630-2

◆弓隊進撃・弓隊堅守・弓隊備え・弓隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表弓20150630

◆騎馬隊進撃・騎馬隊堅守・騎馬隊備え・騎馬隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表馬20150630

スポンサーリンク

「早見表、意外と使えんじゃん」と思われましたら、下記のブログランキングButtonをポチッとよろしくお願いします(*´Д`)


戦国IXA(イクサ) ブログランキングへ

戦国IXA・攻略ブログ

 

 

次のページへ >




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.