日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

合戦βテストで最注目の「強襲専用部隊」9つのメリット・デメリット 現状で気になる点はここだ!

更新日:

 

昨日、運営さんより発表された『合戦βテスト』の内容(記事はコチラ)。

総合ポイントで銅銭獲得――という試みに対しては「活性化して良い」とか「談合が増えて意味がない」と賛否両論寄せられましたが、個人的にある程度は楽観視しております。

というのも、銅銭獲得手段の開放は、イコール運営さんの利益にも直結する試みですので、ソレに伴い「談合禁止」がキッチリと明示される可能性もあるのではないか?と思うためです。これで日頃から行われている談合も取り締まり対象の方向へ進めば、一歩前進でしょう。

そして、妄想すればするほど、ヘタすりゃ銅銭の話よりも楽しみになってきたのが【強襲専用部隊】です。

戦国IXA攻略ブログ合戦βテスト8

ご存知、「敵襲に対して自身からも攻撃部隊を発射してこれを迎え撃つ――」というものですが、現段階でわかっている主要なことは次の通りです。

①部隊のコストは最大10
②一回で名声を10消費する
③この部隊を出せるのは、敵襲の着弾20秒前まで
④敵部隊との衝突時間は、速度と距離で計測
⑤勝敗は「攻撃力」で決まる

このβテスト案に対して、皆さまから数多くの意見を頂戴し、またワタシも気になったことがあればその都度チャットワークに書き込んでおり、今回9つのメリット・デメリットにまとめてみましたのでご報告さしあげます。

「合戦も始まる前から何やってんの?」

というツッコミはその通りですが、いざ楽しむ段階になって失敗しないよう、あるいは後に運営さんへご意見されるときに気に留めておけるよう公開させていただきました。

ではまずメリットから!

「強襲専用部隊」のメリット

①低コスト武将が輝く

コスト10ですから、純粋な攻撃天ではまず部隊を組めません。

佐竹さん(コスト2)、尼子さん(コスト3)で合計コスト5には抑えられますが、残り5ではやはり無理。コスト2.5の防御天に攻撃スキルを付与すれば可能となりますから、もしかしたらこうした措置も楽しみの一つかもしれませんね。

強襲専用武将、みたいな。

かなりの贅沢ですが、今後、その用途を踏まえた低コストな攻撃天様がでるかもしれず、幅が広がって良いでしょう。

むろん現状の極部隊でも部隊を組めますし、こうした縛りがあった方が色々とアイデアがあって面白いかもしれません。実際、考えるのが楽しくて仕方がないです(*´Д`)

 

②馬攻武将にも再び出番

砲兵種(鉄足)にも3すくみ制度が導入され、一気に評価の下がった馬攻武将の出番が増えそうな気がします。

もともと種類が多く、低コストな攻撃武将もおりました。単純に、攻撃力も高いです(兵種による補正はまた後述)。

例えば私の場合ですと……。

戦国IXA攻略ブログ極真田幸隆

戦国IXA攻略ブログ極馬場信房

戦国IXA攻略ブログ板垣信方

戦国IXA攻略ブログ甘利虎泰

戦国IXA攻略ブログ極服部半蔵

戦国IXA攻略ブログ天佐竹義重馬砲

武田騎馬軍団の育成でたまたまたコスト2.5の武将が多くてラッチ―でした(*´ェ`*)

コスト2の真田幸隆さんや佐竹義重さんを入れたら、コスト3武将も使えることになり、一気に組み合わせの可能性は膨らむでしょう。

 

③兵1ダミーを迎撃できる

合戦における最も大きなメリットはこれかもしれませんね。

現状、兵1あるいは兵100などのダミーノックに対して対抗できる手段は「読むこと」だけです。起点陣を潰すという手法ももちろんありますが、毎回、確実に実行できるのは読むことだけでしょう。

しかし、強襲専用部隊が導入されれば、事前にこれを迎え撃ち、しかるべき拠点へ加勢を送ることもできるワケですな。

ただ、問題もあります。普通、ダミーノックは本攻撃と同じ時間帯に着弾するワケですから、一つ一つ迎え撃っていると時間との戦いになるワケですな。

そこで価値が上がってくるのが次項の速度武将・スキルでしょう。

 

④速度武将・スキルの価値上昇

これはあくまで妄想なのですが、たとえば敵襲の着弾時間が10分後だとします。一方、自身の攻撃部隊も10分だとしたら、単純に衝突するのは5分後でしょうか。

時間と距離、速度の計算が苦手なので間違えていたら申し訳ありません(´・ω・`)

ともかく、衝突時間は距離や速度に影響されるそうなので、ダミーノックを早めに潰すなら、とにかく足の速い部隊の方が良いワケです。というか、そうしないと加勢を送るべき拠点の見極めもままなりません。

運営さんには、その辺のバランスを考えた上で、設定していただきたいものです(というか、それを前提に考えられたシステムなのかもしれませんが)。

 

 

スポンサーリンク

「強襲専用部隊」のデメリット

①名声が高すぎる

名声10はさすがに高すぎるんではないか、と。

もしかしたら名声回復をバンバン使って、金の使用へ――という狙いもあるのかもしれませんが、その機能を使うのはやはり一部の重・廃課金の方だけでしょう。

迎撃システムは、主に出城での攻防をかなり活性化させそうです。激しくなれば、より面白くなり、なるべく気にならない程度の名声消費に下げてもらいたいのですが……。

 

②防御力の兵種補正はどうなる?

ご存知、戦国IXAの攻撃力・防御力の計算システムは、攻撃力が一定で防御力が変動するシステムです。防御側がどんな兵種を積んでいるか。それによって防御力は変動します。

たとえば騎鉄部隊の攻撃に対し、鉄足で守れば鉄足の防御力は2倍になり、焙烙で守っていれば焙烙の防御力は半分になります。一方、攻撃側の騎鉄攻撃力は、相手の兵種関係なくそのまま算出されます。

しかし、強襲専用部隊では【攻撃力vs攻撃力】で計算されるわけで、このシステムが働きません。となると兵種も関係なくなり、単純な攻撃力勝負になりますから馬を積んでいた方が得ですね。

もしかしたら敵襲を出した側の攻撃力はそのままで、強襲専用部隊を出した方の防御力が補正されるかもしれませんが、やってみるまでわかりませんね。

 

③防御武将の価値低下リスク

迎撃部隊を出しまくり、敵襲を潰す機会が増えると、どうしても防御武将を配置する機会は減ってしまいます。

出番が減れば当然価値は下がるというわけですが、少々気にしすぎでしょうか。

名声の消費が必要となるのは、もしかしたらこの辺のバランスかもしれませんね。

 

④修羅の援兵は効かない

今、槍弓馬スキルで最も人気の高いスキルの一つが、この【修羅の援兵】でしょう。

発動率25%にして、攻撃上昇率は平時が25%で、合流時には50%になるという高い能力が売りですが、強襲専用部隊では一人合流ができそうにありません。

万が一、できたとしても上限がコスト10では【修羅の援兵】が付いた武将での合流攻撃は出番はないでしょう。

まぁ、贅沢な話なんすけどね。

 

⑤攻撃を出す側がバランス配置になりがち?

これは②の兵種補正が大きく関わってくるのですが、もしも、攻防部隊で3すくみによる攻防力の上昇・減少があれば、攻撃側としては辺に兵種を傾けるリスクがとれなくなるでしょう。

敵襲部隊の兵種がどんな配置になっているか。事前に強襲専用部隊を出して、その配分を把握できたら防御側はそれに応じて兵種を傾ければよく、防御側がかなり有利になってしまいそうです。

たとえば相手が【弓弓馬馬】で攻撃してきたのが報告書からなんとなく判明すれば、【馬馬馬馬】で守るか!という判断がつくかもしれません。

そうすると、攻撃側としてはバランス良い配分にせざるを得なくなりますでしょう。

しかしコレは「敵襲の兵種配分を事前に読むことができる――」ということに言い換えられるかもしれませんね。報告書が通常どおりに表示されればの話ですが。

 

マトメ

皆さま、色々とコメントありがとうございました。

ご指摘いただいたおかげで、このシステムがかなり魅力的だとわかり今回の記事になった次第ですが、まぁ、詳細はこれから決まるわけで。

銅銭獲得システムと共にゲームがよりよい方向へ進んでいただきたいものです。

 

てなわけで、結果は金銀戦クジ3枚をご報!

低コスの攻撃武将を今から欲しいよ( ^ω^)

BGMはSex Pistolsの『God Save The Queen』私の空耳で。

ミュージック、スタート!( ^ω^)

 

ジャララ ジャーラララ♪

ジャララ ジャーラララ♪

ごっせざ食い~ん♪

 

結果は次ページへ

 

 

スポンサーリンク

スキルLV10にするまでに必要な経験値は?

スキル強化表2

 

影討伐に超便利♪ 砦中心からの時間が一目瞭然なやつ

戦国IXA攻略ブログ影討伐の時間早見表1赤備え&電光付き比較

戦国IXA攻略ブログ影討伐の時間早見表騎馬鉄砲電光比較付き

 

S1合わせ主要な組み合わせ2パターン

パターンA

スロット1に入る
カードのスキル枠
スロット2に入る
カードのスキル枠
初期スキル 1 初期スキル
◯◯襲撃 2 ◯◯進撃
3 ◯◯堅守

パターンB

スロット1に入る
カードのスキル枠
スロット2に入る
カードのスキル枠
初期スキル 1 初期スキル
◯◯堅守 2 ◯◯備え
3 ◯◯襲撃

※S1合わせのときには【槍隊◯◯、弓隊◯◯、騎馬隊◯◯】の3兵種から選べますが、結局、【槍隊◯◯】だけで狙うのがお得だと思います

 

捨てスキルの生贄武将が一目でわかる♪

◆槍隊進撃・槍隊堅守・槍隊備え・槍隊襲撃

槍隊進撃を付けたい場合
【槍隊進撃の候補A】 鳥居強右衛門・小国頼久・安宅冬康・猪苗代盛国
【荒切武者の候補A】 福留親政・扇谷定正
【槍隊襲撃の候補B】 留守政景・一条信龍・森下通与
【槍隊備えの候補B】 おたあ
【橙武者の候補B】 薄田兼相
槍隊堅守を付けたい場合
【槍隊堅守の候補A】 森好之・朝比奈信置・足利義栄・伊丹康直
【弓隊堅守の候補C】 宮部長房・田尻鑑種・鈴木重則
【槍隊襲撃の隠れS1】 留守政景・一条信龍・森下通与
【槍隊備えの隠れS1】 おたあ
【四風賢鳳の隠れS1】 鳥屋尾満栄
槍隊備えを付けたい場合
【槍隊備えの候補A】 おたあ
【四風賢鳳の候補A】 鳥屋尾満栄
【槍隊進撃の候補B】 鳥居強右衛門・小国頼久・安宅冬康・猪苗代盛国
【槍隊堅守の候補B】 森好之・朝比奈信置・足利義栄・伊丹康直
【城破りの候補B】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【弓隊備えの候補C】 石田正継
槍隊襲撃を付けたい場合
【槍隊襲撃の候補A】 留守政景・一条信龍・森下通与
【騎馬隊襲撃の候補C】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【弓隊襲撃の候補C】 椿姫・絶姫
【槍隊進撃の隠れS1】 鳥居強右衛門・小国頼久・安宅冬康・猪苗代盛国
【槍隊堅守の隠れS1】 森好之・朝比奈信置・足利義栄・伊丹康直

◆弓隊進撃・弓隊堅守・弓隊備え・弓隊襲撃

弓隊進撃を付けたい場合
【弓隊進撃の候補A】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【弓隊襲撃の候補B】 椿姫・絶姫
【弓隊備えの候補B】 石田正継
【四風賢鳳の候補B】 鳥屋尾満栄
【騎馬隊進撃の候補C】 神余光弘・朝倉景紀・蠣崎季広
弓隊堅守を付けたい場合
【弓隊堅守の候補A】 宮部長房・田尻鑑種・鈴木重則
【騎馬隊堅守の候補C】 上杉景信・酒井家次
【鉄砲隊備えの候補C】 谷衛友・土橋平次
【弓隊襲撃の隠れS1】 椿姫・絶姫
【弓隊備えの隠れS1】 石田正継
弓隊備えを付けたい場合
【弓隊備えの候補A】 石田正継
【弓隊進撃の候補B】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【弓隊堅守の候補B】 宮部長房・田尻鑑種・鈴木重則
【騎馬隊備えの候補C】 古田重勝・太田一吉
【防壁破りの候補B】 小田氏治
弓隊襲撃を付けたい場合
【弓隊襲撃の候補A】 椿姫・絶姫
【弓隊進撃の隠れS1】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【弓隊堅守の隠れS1】 宮部長房・田尻鑑種・鈴木重則

◆騎馬隊進撃・騎馬隊堅守・騎馬隊備え・騎馬隊襲撃

騎馬隊進撃を付けたい場合
【騎馬隊進撃の候補A】 神余光弘・朝倉景紀・蠣崎季広
【騎馬隊襲撃の候補B】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【騎馬隊備えの候補B】 古田重勝・太田一吉
【槍隊進撃の候補C】 鳥居強右衛門・小国頼久・安宅冬康・猪苗代盛国
騎馬隊堅守を付けたい場合
【騎馬隊堅守の候補A】 上杉景信・酒井家次
【槍隊堅守の候補C】 森好之・朝比奈信置・足利義栄・伊丹康直
【騎馬隊襲撃の隠れS1】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【騎馬隊備えの隠れS1】 古田重勝・太田一吉
【荒切武者の隠れS1】 福留親政・扇谷定正
騎馬隊備えを付けたい場合
【騎馬隊備えの候補A】 古田重勝・太田一吉
【騎馬隊進撃の候補B】 神余光弘・朝倉景紀・蠣崎季広
【騎馬隊堅守の候補B】 上杉景信・酒井家次
【荒切武者の候補B】 福留親政・扇谷定正
【槍隊備えの候補C】 おたあ
騎馬隊襲撃を付けたい場合
【騎馬隊襲撃の候補A】 現役不在※もしおりましたらご一報おねす
【槍隊襲撃の候補C】 留守政景・一条信龍・森下通与
【騎馬隊進撃の隠れS1】 神余光弘・朝倉景紀・蠣崎季広
【騎馬隊堅守の隠れS1】 上杉景信・酒井家次

 

スポンサーリンク

「早見表、意外と使えんじゃん」と思われましたら、下記のブログランキングボタンをポチッとよろしくお願いします(*´Д`)

戦国IXA・攻略ブログ


戦国IXA(イクサ) ブログランキングへ

 

 

次のページへ >




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.