藤堂さんへの入札件数36! 抽選システムになって改めて感じる【極限突破】武将の規制緩和必要性

 

まずは新武将の訂正・お詫びから。


先日、コチラの松平清康さんを追記でアップしましたときに、スキルの発動条件を「拠点陥落」と記載しておりました。
正しくは「防衛敗北時」であります。大変申し訳ありませんm(_ _)m
つまり松平さんを「兵法振り・追加防御スキル無し」という育成の上、落とされたくない拠点に一人で配置しておけば、ノックが来ただけで周囲マスの陣を吹き飛ばすことができるワケですね。ixawikiさんでもまだ記載がないためスキルLv10の発動率が不明ですが、軍師適正等を含めて最終的に50~60%ぐらいの確率にはなりますかね。いやぁ、これはすごい。13章からは砦が陣形配置になって、そんな中に松平さんがいたら結構展開が変わったりしそうですね。喰らった方はたまったもんじゃないですが。
またaikoを聞いている一休がキモいとのお声もいただきました。こちらも併せて謝罪させていただく上で、週明けは西野カナか絢香でもチョイスしてみようかなぁと思います♪(・ω・)♪

 

極限突破は「引退者がRTM業者に銅銭を売る」のを阻止するため?

さて本日は、メンテナンスを機に仕様が変わった「入札&落札システム」につきまして。
以前は「早い者勝ち」だった取引所での入札&落札が、先日のメンテを境に「抽選システム」へと変更されたことは皆さんご存知でしょう。

そこで気になっていたのが「もしも藤堂さんが出品されたら、どれだけ入札されるのか?」ということでした。むろん期の序盤・中盤・終盤によって入札件数は大いに変化するでしょうが、こればかりは地道に見ていくしかありませんね。
幸か不幸か、私のおります33-48鯖は次の刷新日が2月13-14日と発表されたばかり。約1ヶ月後に控えており、大金を所持されている皆様は、そろそろ気が気でない状況となって来られるでしょう。
そんな折に出品されたのが


★5までランクアップされ、まだ【天下普請】へとチェンジされていない藤堂高虎さんであります。1月14日に出品され(時刻は不明)、翌15日の午前6時50分時点で果たして入札件数はどこまでふくらんでいるのか?
じゃじゃん!


36件って、ぅワオ!
しかも締め切りの午前8時まではまだ1時間以上も時間があり、ここから40件を超えても全然不思議じゃござーせん。とういか超えそうですね。500万銅銭持ってる人、多いんだなぁ(*´Д`)ハァハァ
こういう状況ですと、たとえ入札&落札が抽選システムになったからと言って、銅銭を満足に使えるプレイヤーさんが増えるとは限らないですね。というかヘタすりゃ欲しくもない武将にバカみたいな大金を投じるワケで、今後、一日一日と不安や不満は高まっていくでしょう。

やはり運営さんは【極限突破】の武将も取引所に出せるようにするべきではないでしょうか?

そもそも、なぜ極限突破だからと言って取引禁止にされなければならないのか。
「極限突破武将の取引不可が、課金クジへの誘導だとしたら、運営さんは状況を読み違えている」というご意見をコメント欄から頂戴いたしましたが、私もほぼ同意です。自由なヤリトリを減らすことは、停滞感が漂うばかりで、プレイヤーの心理に何ら良いことはござーせん。プレイヤーさんが『あっ、極限突破したら売れなくなるのか……』と一瞬でも躊躇することそのものが、ゲームに対する停滞感を地味に積み上げてるのであり、まさにチリも積もればなんとやらだと思います。政府が規制ばっかりかける国は経済が盛り上がらないのと一緒。

個人的な話でアレですが、結局、私の手元の童さんは限界突破(※ご指摘あざすw)されたままキープされている状態で3枚、★5の状態で1枚、ただただ鎮座しているだけでございます。やっぱり心理負担が大きいんすね。
この極限突破の売買規制は、今からでも遅くない。外せます。期に◯枚という条件があったとしても良いので考えていただきたいところです。

ただ、同じくコメント欄から「極限突破の売買が開放されると、引退者がRMT業者に銅銭を売ってしまうことが横行する」というご指摘も頂戴いたしまして。

もし、その理由で規制をかけているのだとすれば、あまりに本末転倒。運営さんは取引に参加する客・業者を取り締まるべきであって、真っ当に遊んでいるプレイヤーにその皺寄せを負担させるべきではござーせん。しかし、極限突破させていない武将だったら今でもRMT業者へ銅銭を売ることは可能ですし、さほどの効果もない気が……。

うーん。運営さんの真意は一体どこにあるんですかね?

【極限突破】された武将が取引所に出ると、相対的に新天・極武将の価値が下がってしまうから? いずれにしてもなんとかして欲しいもんです。価値ある武将が取引所に出てこないとなると、銅銭を貯める気が失せますし、ひいては合戦への参加欲も削いでしまいかねないでしょう(´・ω・`)

てなわけで本日の課金クジは、銀クジ1枚!

BGMはSex Pistolsの『God Save The Queen』私の空耳で。

ミュージック、スタート!( ^ω^)

 

 

ジャララ ジャーラララ♪

ジャララ ジャーラララ♪

ごっせざ食い~ん♪

 

続きは次ページへ

 

 

【S1合わせ】主要な組み合わせ2パターン

パターンA

スロット1に入る
カードのスキル枠
スロット2に入る
カードのスキル枠
初期スキル 1 初期スキル
◯◯襲撃 2 ◯◯進撃
3 ◯◯堅守

パターンB

スロット1に入る
カードのスキル枠
スロット2に入る
カードのスキル枠
初期スキル 1 初期スキル
◯◯堅守 2 ◯◯備え
3 ◯◯襲撃

※S1合わせのときには【槍隊◯◯、弓隊◯◯、騎馬隊◯◯】の3兵種から選べますが、結局、【槍隊◯◯】だけで狙うのがお得だと思います

付け方をイチから記した詳細記事はコチラ

スキルの追加合成で超重要な【S1合わせ】手順、すべて解説いたします
【進撃・堅守・備え・襲撃】4種編

パターンC

スロット1に入る
カードのスキル枠
スロット2に入る
カードのスキル枠
初期スキル 1 初期スキル
槍隊守備 2 槍隊急襲
 弓隊守備 3 弓隊守備

パターンD

スロット1に入る
カードのスキル枠
スロット2に入る
カードのスキル枠
初期スキル 1 初期スキル
槍隊守備 2 槍隊守備
 槍隊急襲 3 槍隊急襲

※こちらのパターンC&Dはスキルテーブルの【候補Cと候補S1】を狙うときに限定され、候補一つだけを狙うときには向いておりません。それでもオススメなのは、捨てスキル用素材の入手が容易ですし、また付けやすいからです。

付け方をイチから記した詳細記事はコチラ

知らないと損する【急襲】×【守備】の【S1合わせ】
捨てスキルの素材不足はこいつで解消だ

 

スキルLV上げに必要な経験値早見表

 

下記のブログランキングボタンをポチッとよろしくお願いします(*´Д`)


戦国IXA(イクサ) ブログランキングへ
戦国IXA・攻略ブログ

 

ページ:

1

2

やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • わたしも編集者兼イクサー
    • 2017年 1月 17日

    上でも皆さんが書かれていらっしゃいますが、
    極限突破の売買はあまり必要性を感じないですね。
    だって極限突破は、弱者が少しでも廃様たちに近づくことができる
    「唯一低予算で強くなれる方法(ただしリスクを負う人に限る)」だと思いますから。

    尤も、課金でガンガン良素材を引きまくり、
    鬼のようなスキル付与を繰り返している廃様も
    600金を払えば難なくできてしまうこと。
    実質的には課金者優遇仕様のひとつでしかないんですけどね。

    少なくともリスクの箍を外しちゃうと
    課金クジから排出される大量の、隠し玉、ランクアップ素材、合成成功率アップ素材を駆使して
    どんどんつくる>>売る>>銅銭が集まる が実現できてしまいます。
    格差がもっともっと短期間で広がっていくような気がします。

    • 匿名
    • 2017年 1月 16日

    匿名 :
    貴重な童を限界突破までさせて600金払って更にコストが0.5増加する時点で十分メリットに対するコストは払ってる。
    極限突破カードが取引できなくなるなんてただのデメリットでしかないのに反対する意味ワカランね。
    はなっから極限突破に縁が無いからかな?

    極限→いらなくなったら解除して市場に出す

    ができるようになると童大量に引ける人が
    飛びぬけて強くなるけどそれでいいのかな
    こういう仕様だったらそれはそれで
    課金者優遇のがめついスクエニと叩かれる気がするわw

    • 匿名
    • 2017年 1月 16日

    極限突破は売買不可と引き替えに許された
    ランクアップなのに売買出来るようにしろは
    虫が良すぎる話ですね。
    取引出来なくなるのが嫌なら極限しなければ
    いいだけの話。
    金使って限界に戻せる昨日はあってもいいと思うけど。

    • 匿名
    • 2017年 1月 16日

    極限突破について
    皆藤堂のことと絡めてると思いますが

    藤堂以外の武将で極限突破して後悔している輩は多いと思いますよ。
    私もその1人。

    それはヴィレラ。

    極限突破は売りに出さなくてもいいから、限界突破に戻す仕様くらいは認めて欲しい。

    それか破棄した時に相場価格に見合ったものにして欲しい。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    貴重な童を限界突破までさせて600金払って更にコストが0.5増加する時点で十分メリットに対するコストは払ってる。
    極限突破カードが取引できなくなるなんてただのデメリットでしかないのに反対する意味ワカランね。
    はなっから極限突破に縁が無いからかな?

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    極限突破した藤堂を売りたくなる時ってどういう時?
    引退するので銅銭に変えてRMTか同盟員にばらまく時だろうか?
    そんなカード売れる必要ないよね

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    極限は売れなくて正解だと思いますね。
    売れないからこそ制限がかかってるということです。
    売りたかったら、極限にしなければ良いだけ。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    @匿名

    その通り。マネやマネ素材で真似た方が、銅銭期待値は高くなります。

    マネつけて、上位天スキルつけたら、あと何したらいいんだろう。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    @匿名
    2枚目の藤堂より先にマネやマネ素材を買うのですよw

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    @匿名

    藤堂を500万で買う人は2枚目3枚目4枚目5枚目6枚目の藤堂を狙ってるだけですよ。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    極限が売れるようになるとしたら取引上限も上がると思うが
    本当にそれで良いのかな?

    覇やプラチナのように極限も売れなくても良いのでは
    復活クジもあるしどうしても欲しいなら課金すればいいよ

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    藤堂持ってない微課金ユーザーですが、極凸が売れないことの何が問題か全くわかりません。

    500万とか藤堂ない人はかなり課金しないと貯まりませんよ。

    藤堂その他で合戦報酬がアホらしいくらい稼げるのが問題+それに有効な対策を取らなかった運営の問題なのでは?
    もう対応するのは無理だと思いますけどねw

    • 33-48 ユーザー
    • 2017年 1月 15日

    皆様の意見みて思ったこと。

    業者排除すると、見た目のユーザー数が減り、会社の上層部へいい数字を報告できない。

    藤堂同盟は一戦100~300万位稼ぎます。あとくじ(種類不問)で新天ひけば、結構カンストで売れます。だから、500万なんてすぐ貯まりますよ。

    あと課金しなくても、(気持ちはわかりますが)良デッキが揃うのは、「そういう仕様および運営」なんだから仕方ないんですよ。

    全プレイヤーは「スクエニが作った箱庭の中で、遊んでいるだけ」ですからね。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    藤堂を500万で買う人は藤堂無しで500万貯めたってことですよね?
    別世界すぎる

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    ×「引退者がRTM業者に銅銭を売る」のを阻止するため?

    ○ RMT購入者や藤堂同盟が無課金で良武将を確保するのを阻止するため

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    取引不可のメインの理由は間接的なクジ売り上げ補助の為でしょう
    出版業界と古本屋の関係を考えてもらえばわかりやすいかと

    ほしいカードを入手する手段として、ユーザーは自力(クジ+育成)で入手、取引で入手という2つの方法がありますが、後者を抑制することで間接的にクジ売り上げを補助してるわけです。
    これをすることで、新たな顧客が増えればカードインフレに走らずともクジ売り上げが安定する・・・はずなんですけど、結局新たな顧客というのが少ないためカードインフレをしないとクジ売り上げの安定化にはならなそうですけどね。

    とまぁ、間接的とはいえ運営の実利に絡むことなので、逆行するような極限突破の取引緩和はユーザーの声があってもなかなか難しいかと。

    ちなみに個人的な意見としては、極限突破は売れなくてもいいけど、元に戻せる(童は消滅してもいいから限界突破に戻せるように)といいな、とは思いますが上で書いた理由があるのでやっぱり難しいんでしょうね。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    いやそもそも一休は馬鹿みたいに極凸してんジャンなんでその上童が余ってるのにただ鎮座してるなんてのたまえるの正直引くわ
    大体極限突破は金も払わずTDで銅銭に物言わせてる連中への対策のひとつなんだからこんなもんまで売れるようにしたら話にならんわ

    • 気持ち分かります もとい 島津家イクサー
    • 2017年 1月 15日

    この藤堂、ダメ元で入札してましたが、落札できていましたw
    8時の時点で37入札でした。
    今年の運を既に使い果たしてしまった気がしますw

    カードを落札しました
    2017-01-15 08:01:01
    カードを落札しました

    武将名:藤堂高虎 カード番号:2147

    カードの情報
    ランク★★★★★ LV20 レアリティ極
    攻撃720 防御710
    兵法440 指揮3400
    統率 槍A 馬B 弓B 器A
    スキル 普請LV5

    落札額:銅銭 5000000

    • 運営に不満あれどまだ続ける予定の者
    • 2017年 1月 15日

    スクエニは利重視の会社です。 利益>ユーザー満足度
    スクエニが神対応したなどという話は聞いた事はないでしょ。
    その反面、銭ゲバって話はよく出てるけどね。
    今回の変則統合を含め、統合を急ぐのも、前回のベータテスト内容があれだったのも、影城主を無理やり搭載したのも・・・利益!!

    極限突破の武将を売れるようにする=ユーザー満足度の向上なのですが、長期的に見れば極限突破する金が減収になるはずなのでやらないというだけの事でしょうね。不正もほぼとりしまらず、業者やツール野郎が平然とツイッターでメッセージ流していてもほとんど対応しないのも、それをやると「利益がどうなるの?」って考えがあるからだと思います。

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    私は結構課金してる方なのでRMTで楽してウマウマしてるのが許せずに市を見ておかしなの見つけては、
    時間ある時ちょこちょこ通報してるんですが、対応してるんだかしてないんだか分からないんですよね。
    ちょっと検索すれば業者がいくらでも見つかりますし、
    某有名オークションでも大量に出品されていてちょこちょこ入札入ってます。
    一休さんも位階3位になるほどなので(それ以前の課金額も含めれば相当な額になるはず)、
    その何分の一、何十分の一で同等かそれ以上のデッキが揃うとか許せないと思いませんか?

    定期的に複垢・銅銭移動・RMTに対する警告をアナウンスするとか、
    処罰対応した場合は○○鯖で○名を削除対応したとかアナウンスするだけでも抑止効果あると思うんですけどね。
    しない理由、できない理由でもあるんでしょうかね?

    • 匿名
    • 2017年 1月 15日

    1戦100万弱稼げる同盟が各鯖いくつか存在してるんだから、銅銭でできることを減らしたいんでしょ
    それでも極限突破を自分で作れば期の序盤に3枚溶かして新天買えるんだし選択肢はあると思うけどね

    • 衍字コメ
    • 2017年 1月 15日

    記事中 「私の手元の童さんは極限突破されたままキープされている状態で3枚」とありますが、
    お手元の童は極限突破ではなく限界突破では?

    • 戦国牢人
    • 2017年 1月 15日

    一休 様
    いつもお世話になります、
    いつもお役に立つ情報をご提供して頂きましてありがとうございます。

    ってあまり運営さんのノウミソに期待しない方はいいでしょう。

    今後とも続いてヨロシクお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る