日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

中学受験

【中学受験ブログ】反抗期は歓迎すべき親離れ!試される父親の「管理職能力」

更新日:

中学受験は、親離れを促進します。
親離れとは生物学的に「反抗期」を意味します。

中学受験によって、頭脳をより早く成長させることによって、精神もまた早く成長します。親の言うこときかなくなるのは当たり前のことです。
ところが、親の感情からは「いつまでも子離れしたくない!」とも思ってしまいます。
人と場合によってはそれが暴力的なまでの支配欲になり、子供を管理しようとするのです。
「小4まではちゃんと言うことを聞いていたのに!ムキー」とか。

もちろん、スケジュール管理やテキストの丸付けなどのマネージメント(管理)は必要です。
しかし、コントロール(管理)しようとしては、子供と親のストレスがどんどんとあがり、学習意欲の低下につながりかねません。

特に父親は要注意だと思います、自戒を込めて。

昨年出版された新書で、太田肇『がんばると迷惑な人』(新潮新書)があります。太田さんは同志社大の教授で、個人を尊重する組織の研究が専門です。

そこにこんな一文があります。

彼らの多くは「忙しすぎる」と不満をもらしながら、よく見ると部下の態度や行動まで必要以上に管理しようとしています。そして自分に依存する部下を心のなかでかわいく思い、仕切っている自分を誇らしく感じているものです。(略)
こうした関係が続くかぎり部下はいつまでたっても成長できないし、一人前の仕事ができるようにもなりません。
(122ページより引用)

「部下」を「子供」に変えるとあら不思議。受験生の父と子の関係になりましたとさ苦笑
心配ありません。多少はみんなそうです。
この文を読んでどきりとした人は、「塾なしで受験」などと高尚な手段はとらないほうが無難です。

菅原道真・記

【合格後にふりかえった中学受験で成功する秘訣ブログ記事一覧】

下克上達成!偏差値28から女子御三家桜蔭合格!

偏差値28から桜蔭合格まで。絶対に押さえておきたい5冊

難関校を目指す前に見極める必要がある我が子の2つの資質

塾の比較と選択。とりあえずサピックスあわなければ転塾

学年別、2月にやるべきこととやってはならないこと

新6年生限定。2月にやること、それはヤフオク!

反抗期は歓迎すべき親離れ!試される父親の「管理職能力」

自分から勉強する子になる法則今日からできる11ステップ

必ず役に立つ荘司雅彦式勉強法「5項目の方法論」を振り返る

毎年何人が受験するのか調べてみた。ざっと3万人超か(首都圏)

合格のアメとしてスマホを約束していいか

最新の東大合格者数から見るコストパフォーマンスのいい中学校はどこ?

juken

スポンサーリンク

「うん、うん、こういう人いるよね」と読んで笑えますが、実は隣の同僚が「菅原さんってまさにこんな感じ」と笑われていると思うと、スリルまで楽しめるお得な1冊(笑)




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-中学受験

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.