日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ~オレの娘は不沈艦!】 第4隻 敗北から学べるコトもある!(震え声)

更新日:

 

「漣」「皐月」「白雪」の駆逐艦隊で挑んだ初めての戦闘は、こちらの一方的な勝利(ランクS)に終わりました。

士気は騰がり、燃料も弾薬もまだまだ十分。このまま海域突破を目指し、暁の水平線に突き進みましょう!!

艦これブログ島風に恋をして20140401-1

 

駆逐艦ってなんやねん

と、さんざん煽っといてなんですが、まだ大事なことをお話していませんでした。それは、彼女たち「駆逐艦」って一体何なのなの? ということ。

まぁ、知らなくてもゲームは進められるのですが、一応押さえておくとより楽しめます。

なぜなら"艦これ"のルールは割と複雑だからであります。

 

今は艦隊に「駆逐艦」しかいませんが、「巡洋艦」「水上機母艦」「戦艦」「航空機母艦」「潜水艦」などと艦種が増えてくると、いろいろ覚えることが増えます。

「索敵」もやらなきゃいけないし、「対空」戦闘や「対潜」戦闘にも備えなきゃいけません。当然、武装や艦の編成も考えなきゃいけない。艦のパラメーターだって、それぞれビミョーに違います。

 

その一方で、"艦これ"のルールは割と史実に基づいていることが多いです(そうでないところも少なくないですけど!)。

そのため、史実でどうであったかを知っておくとルールを覚えるのがちょっと楽になりますし、なにより楽しいです。

 

「駆逐艦」っていうのは英語で言うと「デストロイヤー」です

艦これブログ島風に恋をして20140401-2

駆逐艦(くちくかん、英語: destroyer)は、もともとの名前を水雷艇駆逐艦(torpedo-boat destroyer)と呼び、19世紀末に出現した艦種。すなわち、水雷艇(torpedo-boat)を駆逐する艦種であった。 駆逐艦 - Wikipedia

(写真は初期の駆逐艦、英 Havock 級駆逐艦 from: Havock-class destroyer - Wikipedia, the free encyclopedia

 

1870年代、戦艦をも一撃で粉砕する兵器「魚雷」が開発されます。

どんなにすごいかというと、こんなにすごいらしいです。

(0:50 ぐらいから魚雷の命中シーンがあります)

まさに一撃必殺ですね。

砲弾みたいにたくさん積んで打ちまくるわけにはいかず、また初期のものは命中させるのが難しかったのが玉に瑕ですが、安いボートをたくさん用意して魚雷を積み、夜にでもこっそり近づいて打ち込みまくれば、やがて当たるわけです。これだと、戦艦が買えない貧乏な国でも大国に立ち向かえるかもしれませんね。

 

こうした考えの元、開発されたのが「魚雷艇」――または「水雷艇」――です。実際、日本は日清戦争で清の最新鋭戦艦「定遠」を魚雷で沈めています。

これはとても恐ろしい――なんてったって、当時のお金で何億円という巨額の予算と数年の歳月をかけて建造する戦艦が、たかがボートに沈められるのですから。

 

そこで「魚雷艇」の脅威を払う(destroy!)ため、海軍国イギリスが開発したのが「駆逐艦」です。

最初の「駆逐艦」に要求されたのは、以下の項目でした。

  • 対魚雷艇:「魚雷艇」を相手の有効射撃範囲外(アウトレンジ)から砲撃して沈められる
  • 魚雷艇の上位互換:魚雷を積んで、大型艦(戦艦など)を攻撃できる
  • 大型艦の護衛:内海だけでなく(とりあえず)外洋も航行できる
  • 経済性:大型艦よりは建造が容易

その代り、装甲は紙です

まぁ、「当たらなければどうということもない!」と昔の赤いヒトも言っていたので、大丈夫、大丈夫。昼戦の大型艦による砲撃は根性で避けて、そのあとの魚雷攻撃に賭けましょう。

幸い、"艦これ"の駆逐艦はみんな「回避」パラメーターが高いし、某「○風」のように大戦中ほとんど被弾せずに済んだ艦もあるにはあります。

艦これブログ島風に恋をして20140401-3


(「奇跡の駆逐艦」と呼ばれた陽炎型8番艦「雪風」。数々の激戦をほとんど無傷でくぐり抜ける(戦艦大和の特攻でも無事)。とはいえ、ともに戦った艦はことごとくエラい目に合うのですが……"艦これ"提督の中には「異能生存体」と恐れる人も from:雪風 (駆逐艦) - Wikipedia

 

ちなみに"艦これ"の雪風はコチラです。お願いだからスカートはいてください。

艦これブログ島風に恋をして20140401-4

そんな「駆逐艦」ですが、大戦期から戦後にかけて駆逐艦の役割は大きく変わっていきます。

たとえば大戦中期以降、日本が制空権を喪い、砲雷撃戦より対空戦闘がメインになると、魚雷の発射よりも対空機銃などを充実させた「防空駆逐艦」(秋月型)なども現れます(魚雷艇の上位互換という役割はほぼ失われました)。

また、「潜水艦」の脅威が増したため、聴音機(ソナー)や爆雷といった装備が重視されるようになります。戦いだけでなく、輸送や掃海(機雷の除去)、沈没艦・墜落不時着機の救助も大事な任務のうちの一つでした。

 

戦後はミサイルの登場により、小さいながらも火力は十分になります。おかげで、戦艦や大型巡洋艦の役割は大きく低下してしまいました(どうせ当たれば終わりなので紙装甲でも問題なく、レーダーや迎撃ミサイルが大事!)。現在では、ほとんどの戦闘艦が「駆逐艦」なのではないでしょうか。海上自衛隊の「護衛艦」の多くも、英語では「destroyer」なのです。

しかし、一口に「駆逐艦」といっても多種多様で、対潜ヘリコプター、イージスシステムを搭載した大型なものから、海賊対策のための小型なもの(コルベットやフリゲートと呼ばれる方が多いかもしれませんが)まであります。

座学にゃ飽きたかい? ほな戦いじゃ!!

艦これブログ島風に恋をして20140401-5

というわけで、少々戦力が足りなくても

  • ひたすら避けて(祈)
  • 夜戦で魚雷をぶち込めば(祈)

勝てるということを、僕たちは歴史から学びました。さっそく実践してみましょう。

羅針盤は北東を指し――BOSS戦です!

 

艦これブログ島風に恋をして20140401-6

敵艦隊は「軽巡洋艦」×1、「駆逐艦」×3という構成です。

「軽巡洋艦」は「駆逐艦」よりも大型な艦種で、攻撃力も防御力も一段上。勝つのは難しいですが、歴史を十分に学んだ僕たちならばやってやれないこともないはず。

避けて、魚雷だ!

 

艦これブログ島風に恋をして20140401-7

幸い「反航戦」を引いたので、こちらから有効なダメージを与えるのは難しいですが、こっちもダメージを受けにくい……

 

ハズです(震え声

艦これブログ島風に恋をして20140401-8

うぎゃぁあああ!

いやいや、まだ、「白雪」が中破しただけだ!

 

念のためもう一度繰り返しますが、「反航戦」はダメージを受けにくいはず、です。

艦これブログ島風に恋をして20140401-9

……なのに、「皐月」大破(泣

 

中破・大破すると、艦娘の服が破れます。

ウチの娘たちに何をするんだー!

許せぬ! 許せぬ! (^q^

 

 

砲撃フェーズが終わり、雷撃(魚雷戦)フェーズに。

艦これブログ島風に恋をして20140401-10

中破・大破した艦は魚雷が発射できません(史実では誘爆を恐れて、廃棄ついでに撃ってしまうことも少なくないらしいので撃ってほしいです!)。

1対4ではいかんともしがたい……これで無理をして夜戦に持ち込んでも、最悪艦娘が撃沈されてしまいます。

仕方ない、今回はあきらめましょう。

 

艦これブログ島風に恋をして20140401-11

初めての敗北(D)を喫しました。

 

敗北すると、基礎経験値(30)以下の経験値しか得られず、艦娘のドロップボーナスもえられません。

艦これブログ島風に恋をして20140401-12

しかし、敗北から得るものもありました。

 

まず、艦の数を揃えねばなりません。相手が4隻ならば、こっちは5隻か6隻で臨めば勝てるはず。

次に、うちの艦隊にも「軽巡洋艦」がほしいですね。「駆逐艦」よりもワンランク上の攻撃・防御力をもっているみたいです。できれば、相手よりも多く揃えたい……。装備もいいものがあると戦闘が楽かもしれません。

 

また、レベルも少し足りないかもしれません。さすがに Lv1 とか 2 では……もう少し鍛えないと。「出撃」だけでなく「演習」にもチャレンジしてレベルを上げましょう。

目標がハッキリしたのは収穫ですね!(震え声)

 

では母港に戻り、次なる戦いの準備をすることにしましょう。今度こそは勝つ!

 

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

  • 「駆逐艦」は避けて雷撃(魚雷で攻撃すること)!
  • 昼間の戦いは、砲撃戦 → 雷撃戦 と移行します。
  • 中破以上すると雷撃できなくなります。服が破れて喜んでいる場合じゃないゾ!
  • 中破・大破すると、攻撃力も落ちます……逆転の可能性は低く。
  • 大破したまま夜戦に移行するのは危険です。最悪撃沈、艦娘を喪うことになります。
  • 「雪風」はパンツはくべき

 

 

 

雪風がパンツはくべきだと思ったら、ポチッとご協力お願いしますm(_ _)m

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-艦これブログ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.