日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

艦これブログ

【艦これブログ~オレの娘は不沈艦!】 第21隻 「第五戦隊」出撃せよ!

更新日:

 

先週水曜日からお休みをいただいて、松山から飛行機で東へ。東京の IT 開発者向けカンファレンスと仙台の IT 勉強会に出てきました。

かなりの過密スケジュールで観光どころではなかったのですが、それでも最終日はちょっと余裕ができたので、仙台から仙石線で塩釜へ出て、船でどブラッと日本三景で有名な松島へ。

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-1

船の名前は「あおば」。艦これ提督だと、あのパパラッチ重巡「青葉」を思い浮かべてしまいますね。

塩釜から松島までは50分ほど。

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-2

伊達政宗の菩提寺・瑞巌寺(国宝)にも寄りましたよ。

修復工事中だったのが少し残念でしたが、SUICA で拝観券が買える割りとモダンなところもあるお寺でした。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-3

伊達政宗・忠宗父子の位牌。めちゃくちゃでかかったデス。もちろん台の上には乗れないのでちゃんとは計っていないのですが、僕の身長以上はありそう。

大名の位牌というものを実は初めて見たのですが、これほど豪華なものだとは・・・。ウチの爺ちゃんの位牌が習字の墨のように見えます。

 

次に行くときは、もう少しゆっくり仙台のほうもまわりたいですね!

城と瑞鳳殿(伊達家代々の廟です)のほうは震災の1ヶ月前に行ったことあるのですが、那珂那珂よいところだった覚えがあります。

 

突然ですが、第五戦隊出撃します!

 

――さてさて。

留守にしている間、ほとんど“艦これ”情報をチェックできていなかったのですが、この前追加された出撃任務「「第五戦隊」出撃せよ!」、実は毎月登場するマンスリー任務だったようですね。

「第五戦隊」出撃せよ!」は、「第五戦隊」(妙高・那智・羽黒からなる重巡戦隊)を基幹とする艦隊を編成して「Extra Operation 沖ノ島沖戦闘哨戒(2-5)」S勝利するクエストです。

2-4 をクリアすると挑戦できるオマケマップ「Extra Operation 沖ノ島沖戦闘哨戒(2-5)」

2-4 をクリアすると挑戦できるオマケマップ「Extra Operation 沖ノ島沖戦闘哨戒(2-5)」

艦隊の構成を縛って、2-5 をS勝利ですかー。割としんどいですね。

個人的に何回か挑戦してみたのですが、最適な編成は見つけられていません。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-5

S 勝利した編成の例

 

重巡×3 は入れなければならないのですが、ほかの3艦を何にするか。作戦概要は、

同方面に敵反攻の兆候が報告された。巡洋艦を中心に哨戒部隊を編成、敵艦隊の動向を探れ!

となっているので、偵察を重視した・運用コストがそれほどヘビーじゃない艦隊を編成したほうがいいのかなぁーと思い、暫定的に

重巡×3、雷巡×1、軽空母×2

の構成にしています。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-6

この編成だと、まれに1戦のみでハズレルートに行ったり、4戦するルートに行くこともあるのですが、3戦のみで済むルートをとることが多いような気がします。

また、この編成では若干偵察が手薄で、BOSS 前で偵察エフェクトが出ずハズレルートを引くことがあるのですが、「二式艦上偵察機」を入れたあとはまだ BOSS を外していません(5回ほどしか試せてないのでまだ確証はないのですが、なにか秘められた能力が?)。

 

どちらももう少し試行回数を重ねないと何とも言えないのですが、もしかしたら編成や装備で BOSS 戦が少し楽になる3戦ルートを引けるようになっているのかもしれません。

重巡の装備は昼砲戦での連撃を狙って、主砲×2+偵察機(観測機がベター)で。残りのスロットは電探でも積んでおくとよいのではないでしょうか。

 

Extra Operation では、毎月ゲージを破壊することで「勲章」が得られます。この「勲章」は今後艦娘の改造などに必要になってくると思われますので、引き続き攻略方法の調査を進めたいと思います。

 

スポンサーリンク

おまけ:第五戦隊ってなーに?

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-7

「戦隊」というのは、

「戦闘ニ於テ一指揮下ニ概ネ一団ヲ為シテ動作シ、固有ノ戦闘任務ニ応シ、戦術上各種ノ術策ヲ施スニ足ル軍隊ノ単位」

のことを言います。

「艦隊」が陸軍における師団とすれば、「戦隊」が旅団・連隊といった感じになるでしょうか。軍艦2隻以上または航空隊2隊以上を束ねたものです。

狭義の「戦隊」は戦艦や重巡洋艦の部隊になりますが、軽巡+駆逐隊を合わせた「水雷戦隊」、潜水艦から構成された「潜水戦隊」、そして空母+艦載機航空隊からなる「航空戦隊」(「赤城」が「一航戦!」とか言ってるのは、第一航空戦隊の略です)なども「戦隊」の一種です。

 

みにくくてごめんなさい! できれば拡大してみてね。細かい日付は割とテキトーです

見にくくてごめんなさい! できれば拡大してみてね。細かい日付は割とテキトーです

第五戦隊は、妙高型重巡三隻(妙高・那智・羽黒)から成る戦隊です。

哨戒邀撃を主任務とする第二艦隊に所属し、開戦時からレイテ作戦あたりまで長く活躍しました。

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-9

艦これブログオレの娘は不沈艦20140604-10

とはいえ、「那智」は早い時期に北方担当の第五艦隊(第五戦隊とややこしいですね!)へ旗艦として転出してしまったので、もっぱら「妙高」「羽黒」のコンビで知られています。

 

最高の見せ場はなんといってもスラバヤ沖海戦でしょう(妙高型四姉妹が勢ぞろいした海戦でもあります)。この海戦で第五戦隊はジャワ近海の連合軍艦艇を一掃、制海権を確立しました。

(しかし、損害を出さないようアウトレンジ砲撃に固執したため、丸々二日も戦う羽目に(残弾ゼロ!)なったほか、海軍自慢の酸素魚雷の不良が明らかになるなどの問題も見られました)

 

そんな第五戦隊も、「妙高」が被雷して脱落。レイテ作戦で壊滅した重巡戦隊の生き残りが一時的に編入されたりもしましたが、最後は「羽黒」「足柄」のみに。

戦隊の解体、両艦はともに戦没しています。

 

ステータス重視で艦隊を組むのもアリですが、史実を重視した編成で海戦に臨んで歴史をなぞるのも“艦これ”の楽しみ方。ぜひお気に入りの艦隊をみつけて、遊んでみてくださいね!

 

 

 

 

妙高のショートカットも那珂那珂よいよね♪という方もそうでない方もポチッとご協力お願いしますm(_ _)m

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

 

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)



スポンサーリンク

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

お好きな大河ドラマ作品を選べる!





意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-艦これブログ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.