日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

第40隻 E-4:北太平洋MI諸島近海 / まさかのあきつ丸 【艦これブログ~オレの娘は不沈艦】

更新日:

 

「駆逐艦では白露型がたまんねえんだよ!」 と平素から申し上げていたにもかかわらず、ちょっとしたボタンの操作ミスで「村雨」を沈めてしまった俺提督……orz

結局、再び手に入れるまでに5日ほどかかりました。今度は沈めず、大事に育てたいと思います。というか、ケッコンカッコカリして責任を取る所存です。

書類一式と指輪だけ先に買っておいたぞ!

書類一式と指輪だけ先に買っておいたぞ!

まぁ、それはともかく、お次は E-4 をサクッとクリアしてしまいましょう。

 

E-4:北太平洋MI諸島近海

艦これブログオレの娘は不沈艦201400821-2

MI島海域に展開する敵機動部隊を排除しつつ、連合艦隊を以て同島の攻略作戦を実施せよ!

実はこのマップ、島の攻略 → 揚陸作戦? ということからか、陸軍の強襲揚陸艦 「あきつ丸」 がキーになっているようです。「あきつ丸」を旗艦にすると、最初の分岐で下方向へ固定されます。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦201400821-3

この海域は大きく上ルートと下ルートに分かれますが、上ルートは潜水艦が待ち受けるほか、一定確率でボスへのルートを外してしまいますので、なるべく避けたいところ。そういう意味では、「あきつ丸」で下ルートへの確立をあげられるのはちょっとうれしい。

でも、下ルートではボス前で一戦、通常戦が待ち受けています。ここで撤退することもままありますので、「あきつ丸」 の有無はそれほど影響はないはず。持っていない提督も、気を落とさずに頑張ってください!

ちなみに、俺提督の場合、最初の分岐で下ルートをとった後はだいたい60%の確率で上ルート、40%の確率で下ルートをとりました。中途撤退率は上ルートが25%(潜水艦戦での事故とルートハズレ)、下ルートが20%(ボス前で大破を出して撤退)ってところです。

陣形は、

  • 航空戦:第三警戒航行序列
  • 対潜水艦:第一警戒航空序列
  • 通常戦、BOSS 戦:第四警戒航行序列

で。編成はこんな感じにしてみました。

艦これブログオレの娘は不沈艦201400821-4

第一艦隊。

ボスにはなぜか「艦攻」の攻撃しか効かない(雷撃も効きません)ので、空母には艦爆よりも艦攻を積むのがポイント。

あとは制空権がとれるように「烈風」(またはそれに準ずる艦戦)を積んで置けばいいです。上ルートを通ると索敵も必要になるので、こちらも十分対策をとっておきましょう。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦201400821-5

「あきつ丸」は何もすることがないので、艦戦のガン詰みで対空値をあげるのがセオリーのようです。これでも割と昼戦砲撃でダメージが出るのが謎……上陸作戦で張り切ってるのかしらん。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦201400821-6

第二艦隊。

“軽巡×1、駆逐×2”という制約にしたがっていれば、あとはなんでもいい感じ。今回は出撃コストを抑える&夜戦対策ということで「霧島」姐さんと最上型の航空巡洋艦に来ていただきました。残りの
“軽巡×1、駆逐×2”は電波係(索敵をあげるため)と夜戦支援(探照灯+照明弾・夜偵)をやってもらいます。

ボスに三式弾が効くようなので、詰み忘れのないように。

 

スポンサーリンク

ドロップ

- S A
MI島防衛艦隊 金剛、三隈初風赤城、蒼龍、比叡、浜風、舞風、妙高、夕雲 -
MI島基地隊 五月雨、鳥海 -
任務部隊(I) - 不知火

この編成だとボスでかなり楽に S 勝利が取れます。ドロップもなかなかのもので、イベントが一段落したらここでレア艦堀りをしてもいいかなーって思いました。

重巡「三隈」をゲットしたので、改造まで育てて「20.3cm連装砲(三号)」を手に入れよう(俗にいう、養殖)。

 

スポンサーリンク

報酬

艦これブログオレの娘は不沈艦201400821-7

クリア報酬は、陽炎型駆逐艦「時津風」。

同じ陽炎型の7番艦「初風」、8番艦「雪風」、9番艦「天津風」とともに第2水雷戦隊・第16駆逐隊に加わっていました。とくに「雪風」とは16駆の第1小隊の相方で、ゲームでも「いい?雪風、先に行くよ!」と仲の良さをアピールしています。

――でも、雪風のほうが最高速度は速く、先に行くのは彼女の方でしょう(雪風35.5ノット、時津風35.0ノット)。

(……もしかしたら「先に逝く」と言いたいのか(==?)

その後はスラバヤ沖海戦に参加したり、第二次ソロモン海戦で空母「龍驤」を護衛したりしています(この戦いで「龍驤」は沈没、乗員は「時津風」が収容しました)。潜水母艦「大鯨」を空母に改装した「龍鳳」を護衛して南方に向かう途中、「龍鳳」が潜水艦の雷撃を受けて中破、横須賀に引き返すなんてこともありました。

そんな感じで割といろいろ活躍していた彼女を、かの“ダンピールの悲劇”が襲います。

のちにキスカ島撤退作戦で名を馳せた木村昌福少将率いる第三水雷戦隊に加わり、陸軍の輸送船団を護衛してラバウルへ向かった「時津風」たちがダンピール海峡に差し掛かったとき、米・豪の空襲を受けます。高高度から爆撃を行うB-17を迎撃するため、零戦が高度を上げた隙を突き、もう一隊の爆撃機が低空で船団へ近づき、爆弾を放ちました。小さい頃、池に石を投げて遊んだことはありませんか? 石ころが水面を跳ねてポンポンと飛んでいく、アレです。ちょうどそれと同じ感じで爆弾が海面を跳ね、駆逐艦の船腹へ次々と突き刺さっていきました。

「時津風」も、この“反跳爆撃”の餌食になります。そのほかにもこの戦いでは「白雲」「朝潮」「荒潮」が沈没、輸送船も全隻撃沈されてしまいました。

ちなみに「雪風」は無傷だったようです(さすがやな!)。「時津風」の乗員は「雪風」に助けられ、「時津風」自身は航行不能のまま放置され、戦闘の翌日、米軍機の爆撃で撃沈されました。

 

 

 

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-艦これブログ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.