日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ】第208隻 縁の下の力持ち! 「神風」ちゃんと「春風」ちゃんのお話

投稿日:

イベントが終わって約3週間。ようやく「神風」ちゃんを改造することができました!

艦これブログ20160623-2

なんだかんだいって Lv50 まで上げるのはしんどいやね……。ちなみに、この要求レベルは駆逐艦で最高。これまでは「磯風」、「朝霜」のLv45がトップでした。

艦これブログ20160623-3

ついでに三女の「春風」も改造。なんか三女の方が落ち着いていないか?

というわけで、今回は彼女たち「神風」型について復習しましょう。

神風型は旧式可愛い

神風型には、初の国産駆逐艦「春雨」型の改良型として明治時代に建造された初代と、八八艦隊計画の一環で計画された二代目があります。今回紹介するのは、もちろん二代目の方です。

八八艦隊計画ということは、「長門」型、「加賀」「赤城」あたりと“同級生”ですね。旧式扱いしちゃってるけど、「長門」あたりと艦齢は一緒なんだぜ!――まぁ、大規模な近代化改装をやってる大型艦とは一緒にできないのですが。

前級の「野風」型(改峯風型)との違いは、兵装や機関はそのまま、艦の復元力を増すために船体が大型化されていること。はじめは27隻建造される予定(駆逐艦は数だよ、アニキ!)で、名前が足りなくなる(!)と予想されたため、単に番号で呼ばれる予定でしたが、ワシントン海軍軍縮条約により9隻で建造が中止されたため、ちゃんとお名前が付けられるようになったとか。よかったなぁ……(しみじみ

艦これブログ20160623-4

付けられたお名前は以下の通り(左から疾風、追風、夕凪、朝凪。この写真が撮られた大正15年頃は、まだ番号で呼ばれていた 神風型駆逐艦 (2代) - Wikipedia))。

  1. 神風(かみかぜ):1922年12月28日、三菱造船長崎造船所で竣工。大戦を生き抜き、復員輸送に従事。御前崎で座礁した海防艦「国後」の救援中に座礁(木乃伊取りが木乃伊とかいわない!)。
  2. 朝風(あさかぜ):1923年6月16日、三菱造船長崎造船所で竣工。南方攻略作戦と船団護衛に従事。1944年8月23日、米潜水艦「ハッド」の雷撃によりリンガエン湾西方で沈没。
  3. 春風(はるかぜ):1923年5月31日、舞鶴要港部工作部で竣工。船団護衛に従事し米潜水艦「シャーク」を爆雷で沈めるなど活躍。終戦時は艦尾を失った状態で残存しており、竹野港(京都)の防波堤に転用された。ちなみに、最初は「真風(まじ)」という名前になる予定だったとか。マジかよ。
  4. 松風(まつかぜ):1924年4月5日、舞鶴要港部工作部で竣工。船団護衛に従事するが、1944年6月9日、米潜水艦「ソードフィッシュ」の雷撃により父島東北方で撃沈。
  5. 旗風(はたかぜ):1924年8月30日、舞鶴要港部工作部で竣工。同じく船団護衛に従事。1945年1月15日、ヒ87船団の護衛中、米海軍機の攻撃を受け台湾高雄にて戦没。空母「龍鳳」以下、3隻の駆逐艦が護衛についたにもかかわらず輸送は失敗。強運艦「時雨」も力尽きる。
  6. 追風(おいて):1925年10月30日、浦賀船渠で竣工。1944年2月18日、トラック島空襲で戦没。
  7. 疾風(はやて):1925年12月21日、東京石川島造船所で竣工。開戦直後、ウェーク島攻略作戦で陸からの砲撃で轟沈。太平洋戦争における戦没第一号
  8. 朝凪(あさなぎ):1924年12月29日、藤永田造船所で竣工。主に船団護衛に従事。1944年5月22日、米潜水艦「ポラック」の雷撃により父島北西方沖で沈没。
  9. 夕凪(ゆうなぎ):1925年4月24日、佐世保海軍工廠で竣工。第一次ソロモン海戦やコロンバンガラ島沖海戦に参加するなど、常に最前線で輸送任務を担当したが、1944年8月25日、米潜水艦「ピクーダ」の雷撃によりルソン島北西岸にて戦没。

旧型艦ということもあり輸送護衛が中心でしたが、最前線にいたという点では実戦部隊となんら変わりません。それでも9隻中2隻が残存している(今回実装されたのも、この2隻)のは、よく頑張ったといったところですね。「旗風」なんか、「時雨」ですらやられる状況だったのだから、SHIKATANAI。

あと、「神風」は「足柄」「羽黒」と縁の深い艦だったりします。「羽黒」最後の戦いとなったペナン沖海戦と、「足柄」が雷撃で撃沈された場面に居合わせており、両方とも乗員の救助を行いました。

また、米潜水艦「ホークビル」との一騎打ちのエピソードも熱いですねー。

距離800m(!)で放たれた「ホークビル」の雷撃をかわし、「神風」が爆雷を投下。有効弾で「ホークビル」が艦首を海上に突き出したところ、「神風」が機銃を叩きこむ。「ホークビル」は観念して主砲での決戦にすべてをかけようとしたところ、急速注水に成功し、海底に擱座――なんていう映画のような展開。「神風」はとどめを刺さずに去り(船団の護衛中だしね!)、「ホークビル」の乗員は助かったのですが、戦後、両艦の艦長は文通でお互いをたたえあったのだそうな。

「シャーク」を倒した「春風」といい、この姉妹は潜水艦に強いのか。

スポンサーリンク

運40は伊達じゃない!

艦これでは、旧型だけあって最弱の部類。燃費の良さを生かした遠征任務が中心になりそう。

名前 神風改 睦月改二 吹雪改二
耐久 23 27 31
装甲 38 43 50
回避 98 90 92
火力 41 45 59
雷装 68 79 88
対空 48 56 78
対潜 64 69 68
索敵 42 43 54
運(初期) 40 14 17
運(最大) 99 64 77

しかし、特筆すべきところも。

まず、回避が高い。98 は「雪風改」「島風改」の 99 に次ぐ数値。あいつら並みに避けるということですな。

艦これブログ20160623-5

しかも初期装備の「53cm連装魚雷」は攻撃力こそしょっぱいものの、回避+2 がついていてさらに避ける(当たるときは当たるけどな!

また、運が初期値で 40 というのもなかなか高い(綾波改二と同じ数値)。耐久・装甲に難はあるものの、なかなかのサバイバビリティを発揮しそう。

スポンサーリンク

最後に――戦後の話――

もうひとつ、この「神風」型姉妹に関して、一つだけ話しておかなければならないことがあります。

敗戦により帝国海軍が解体され、海上自衛隊(当時は海上警備隊)が再出発するとき、初めて配備された国産護衛艦の名前が「はるかぜ」でした。地味な海上護衛という仕事に従事し、必ずしも手厚い支援を得られなかったにもかかわらず任務を全うしたことが評価されたようです。

本当のところをいうと、関係者は1番艦を「ゆきかぜ」という名前にしたかったようですが――でも、新たな門出なのですから、ひらがなでもなお暗くて厳しい印象のある「ゆきかぜ」よりも、温かさと新しさを感じさせる「はるかぜ」という名前の方がぴったりだったんではないかなと思います。

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.