【艦これブログ】第236隻 「秋雲」さんがなんか戦う気ナッシング / 「第一航空戦隊」西へ!

 

メンテナンス明け、おなか空いたなーと思いながら 3-3 でウィークリー任務をこなしていたら、艦娘が牛丼を食べていました。どうも、俺提督です、こんにちは。

知らなかったんですが、艦これとなか卯がコラボしてたんですねー。実は俺提督、都会に住んでいたころはなか卯の親子丼が好きだったのですが……田舎に引っ越したらなか卯がありませんでした。正確に言うと引っ越して1年ぐらいは自転車で10分か15分ぐらいの距離にあってたまに食べに行っていたのですが、いつの間にかコンビニになってしまっていました。

めっちゃ悲しいです。

艦これブログ21061007-2

それにしても「秋雲」さん(の新しいグラフィックス)はフリーダムですな。中破したときのグラフィックなんか、

「うーん! 原稿終わったぁ!」

っていう感じにしか見えません(俺提督もよくこうして背伸びしてます)。なんにせよ、コラボに戦闘に遠征にと、お疲れ様です。

「第一航空戦隊」西へ!

さて、水曜日のメンテナンスではいろいろ新しい要素が追加されたようですが……今回はそんな流れは無視して、既存の任務を消化します。

「第一航空戦隊」西へ!

旗艦「赤城」同僚艦「加賀」を中核とする艦隊で、深海東洋艦隊漸減作戦を貫徹せよ!

月も明けて、4-5 のゲージも回復しましたからね!

4-5 は毎月クリアしているのですが、だいたいこんな編成でいっています。

  • 「武蔵」
  • 「大和」
  • 「イタリア」
  • 「ローマ」
  • 「大鳳」(→ 「赤城」)
  • 「加賀」

ちょっとコストは重いのですが、撤退が少ない分、精神的によろしい。今回は「大鳳」を「赤城」にスイッチするだけの簡単なお仕事ですな。ちょっと撃たれ弱くなるけど、まぁ、大丈夫なんではないでしょうか。制空値は300ほど、戦艦は徹甲弾組2隻、三式弾組2隻にして、貫徹力と防空力を両立(どっちつかずともいう

これで完璧! そう考えて、出撃したのですが――

艦これブログ21061007-3

ボスを S 勝利したのに任務が達成されてない! なぜだ!!

結論を言うと、「坊やだから」でした。任務の条件をもう一度読むと、ちゃんと書いてある。

旗艦「赤城」同僚艦「加賀」を中核とする艦隊

「赤城」を旗艦にしなきゃいけないんですなorz 気を取り直して再出撃。

無事ボスを撃破できました。

艦これブログ21061007-4

今度こそちゃんと任務達成!

艦これブログ21061007-5

ご褒美に資源 0/800/0/800 と改修資材x3。

艦これブログ21061007-6

そして「熟練搭乗員」をゲットしました。

艦これブログ21061007-7

司令部の備蓄が増えて、大食いの「赤城」さんも満足そう。俺提督も少しだけネジが増えてうれしかったです。

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る