日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

武田・上杉家 歴史・戦国NEWS

関ヶ原直前で緊迫している直江兼続の直筆書状を発見!

更新日:

山形大学が2月4日、上杉の智将として有名な直江兼続(1560~1619)直筆の書状が見つかったと発表しました。

共同通信などが報じています。

naoesyojo直江書状

共同通信より

書状は山形市内の個人宅に所蔵されていたもので、山形大学人文学部の松尾剛次教授(日本中世史)により花押や筆跡から本物と鑑定されました。

 現存しない「直江状」を想像させる迫力の筆跡

報道によると、書状の日付は慶長5年(1600年)7月27日。内容は上杉家の家臣4人に宛てたもので、会津地方で伊達政宗軍と戦っていた家臣をねぎらい政宗の動向を知らせるよう指示しているとのこと。

秀吉の死後、台頭めざましい徳川家康に会津征伐を決意させるきっかけとなった返書「直江状」を送りつけたといわれる直江兼続。「直江状」は現存しませんが今回発見された書簡の文字は「直江状」を彷彿とさせるような力強い筆跡だったようです。

慶長5年(1600年)7月27日といえば、まさにこの「直江状」をきっかけに家康が会津征伐に向かっていたころ。途中、今の栃木県のあたりで石田光成挙兵の一方を受け、光成率いる西軍と戦うことを決めた軍議「小山評定」(慶長5年7月25日)を開いた二日後です。

朝日新聞DIGITALの記事によると、書状には家康撤退の情報に苦慮している様子も書かれていたようです。

この後、軍を西に進めた家康は、9月15日関ヶ原合戦で西軍を撃破し天下統一へと大きな一歩を踏み出しました。一方、上杉家は家康率いる東軍が西に進軍した後、最上家や伊達家と激戦を繰り広げますが、西軍敗退の知らせを受け米沢領へ撤退し、翌慶長6年(1601年)家康に降伏しています。

今回発見された書状は当時の緊迫した戦況を伺う貴重な資料。河北新報によると、松尾教授は「上杉家の研究は、景勝が新潟から会津に移った慶長3年以降が空白域。新たな文書発見で今後研究が活発化すると思う」と語っています。

スポンサーリンク

妻夫木も真っ青、リアルにイケメンで知性派だった兼続

直江兼続といえば、平成21年のNHK大河「天地人」で「愛」の武将として有名になりました。兼続を演じたのはイケメン代表妻夫木聡。実際、直江兼続は智将としてだけではなく美男子でも有名でした。

江戸時代中期に成立した『常山紀談』には直江兼続について次のような記述があります。

「長高く容儀骨がら雙なく、弁舌明らかに殊更大膽なる人なり。且文芸にも暗からず」(『常山紀談』巻十一「直江兼続が事」より一部抜粋)
つまり、「背が高く容姿人柄ともに秀でている。話しぶりは晴朗で大胆な人である。かつ、文芸にも秀でている」と評価されています。

関ヶ原の後、上杉家は米沢三十万石に減封されましたが、兼続は最後まで景勝を支え、智将と謳われた手腕を大いに発揮し米沢藩の藩政を安定させました。このとき兼続が築いた「直江石堤」は今も残っています。

 

後世に名を残すイケメン智将直江兼続直筆の書状。山形大学は所有者の許可を取って公開することも考えているそう。今後の研究が期待されます。

スポンサーリンク

坂部心夢・記

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-武田・上杉家, 歴史・戦国NEWS
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.