日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

出土した土器Image: © Laurent Juhel, Inrap

スポンサーリンク

フランス 歴史・戦国NEWS

フランス最古の農作はいつ? 日本の三内丸山遺跡・縄文栗農園は5500年前ですが……

更新日:

 

PASTHORIZONZSと言うサイトの報道(2014年8月10日付け)によると、フランス北西部のケルヴーウィックという場所で、同国最古の農作の痕跡が発掘されたそうです。青森の三内丸山遺跡で栗の栽培がされていたとされていて約5500年前。さて、フランスの場合は?

同国の考古学者によると、紀元前4800年頃、つまり約7000年前だと推定されています。その頃に、狩猟主体の文明から農作や畜産を主体とする文明への移行(専門家の間では「新石器革命」と呼ばれています)があったとされています。村落や集落を形成する場合すらあったとの事です。サイトより写真を引用させて貰います)

当時の集落の想像図. Image: © Laurent Juhel, Inrap

当時の集落の想像図. Image: © Laurent Juhel, Inrap

大草原の小さな家?丘の上に3棟の家 井戸もゴミ捨て場も

今回の発掘では、渓谷を見渡す格好で、丘に3棟の大きな家屋が建てられていた事を示す跡が見つかっています。これらは農耕文明初期のコミュニティーに良く見られるのだそうです。
フランス北部や欧州大陸で同種のコミュニティーがあった事は、既に幾つかの発掘で判明しています。いずれの家屋も似ており、共通した農耕社会や文化が、このケルヴーウィックのあるブリタニー地方にも及んでいたのだと、専門家は推定しています。

東西に台形の形で幅30メートルにわたり発掘したところ、木の柱で屋根を支えていたと推定される柱を立てた跡が見つかりました。外壁や内装は、恐らくアカシアと粘土で塗り固められていただろうと思われます。決して、掘っ立て小屋などでは無かったようですね。

また、住居の両側から巨大な穴が見つかっています。壁を塗るのに必要な粘土を掘り出し、ゴミ捨て場にしていた模様です。その近くで井戸も見つかり、水を安定的に供給していた事も分かりました。

発掘された家屋跡は全長30メートル。ノルマンディー地方で採掘された火打ち石や頁岩のブレスレットなども出土した。 Image: © Laurent Juhel, Inrap

発掘された家屋跡は全長30メートル。ノルマンディー地方で採掘された火打ち石や頁岩のブレスレットなども出土した。 Image: © Laurent Juhel, Inrap

マスターキートンも注目 ドナウ文明の最西端か

こうしたゴミから、当時の日常生活が窺えます。陶器や火打ち石、石工に使った残骸や磨製石器、様々な装飾品が出土したからです。こうした出土品から、技術や文化的伝統が広い範囲で共通している事も判明しました。 貝殻のブレスレットはベルギーやブルターニュ半島でも原材料などが見つかっており、繋がりがあったものと見られています。

また、火打ち石は広い地域で定期的に取引されていた事を示しています。この地域の海岸の火打ち石が、新石器時代のケルヴーウィックで使われていた一方、ノルマンディーや中部地域で産出される、より質の良い火打ち石も見つかりました。

出土した土器Image: © Laurent Juhel, Inrap

出土した土器Image: © Laurent Juhel, Inrap

スポンサーリンク

 欧州新石器時代起源ドナウ川から一番遠い?

ところで、出土した場所は専門家からすると興味深いのですって。新石器時代に移行するに当たって、現時点で分かっている限りでは一番端っこに位置しているからです。なお、こうした新石器時代の欧州での起源となったのはドナウ川のある地域だったそうです。マスター・キートンさんの出番でしょうか?

東から西へのルートを経て、欧州北部で広まっていったのだそうですが、これとは別にイベリア半島からも北へ北へと新石器時代化の波が広がっていったとの事です。

さて、こうなると発掘後の様子が気になります。研究が続けられ、当時の村民の人数や、農作業の実態の推定や放射性炭素測定分析による年代の特定などが行われるとの事です。三内丸山や吉野ヶ里みたいな形で再現されれば面白いかもね。

スポンサーリンク

南如水・記

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-フランス, 歴史・戦国NEWS
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.