日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

http://en.wikipedia.org/wiki/Moonbeam,_Ontario#mediaviewer/File:Moonbeam_UFO.JPG

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

日本上空も!アメリカ空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルー・ブック」がネットで閲覧可能に!

更新日:

正直、歴史ネタという感じでは無いかもしれませんが(苦笑)。まぁ第二次世界大戦後間もない頃からのプロジェクト記録という事で、一応「こういう事を大真面目にアメリカが研究していた過去の歴史がある」と言う意味合いで取りあげます。

戦後間もない頃から各地を賑わせたUFOですが、アメリカ空軍でも深刻視した時期がありまして、1947年から69年にかけて「プロジェクト・ブルー・ブック」との名称で調査・記録していました。

そのブルー・ブックが、このほど誰でもオンライン上で閲覧できるようになりました。

アメリカのNBCが報じています(2015年1月22日付け)。

 

1万ページ以上の膨大な記録を市民がご親切にデジタル公開!

何事も「馬鹿馬鹿しい」と退けないのが、アメリカ人の大真面目というか、凄い所。今回、アメリカ空軍が機密解除したブルー・ブックは、1万ページ以上にも昇る膨大な量。かの地のUFOマニアは大喜びするやら、困惑するやらって所でしょうか。

公開されたのは1月の第2週。驚かされるのは、ナショナル・アーカイブを訪れた人が個人で全データを公開したって所でしょう。マメでエネルギッシュな人がいるものですね。

ジョン・グリーンワルドさんという方で、全部をデジタル化し、自分のサイト(The Black Vault)で公開しています。こちらです。

image002

御本人は「世間の皆様方に、この問題を調べる最も簡単な手立てを与えたかった」と意気軒昂。苦労の甲斐あってか「世界中からアクセスがあり、少なからず驚いている」との事です。

良かったですね(汗)。

文書の中でアメリカ空軍は、目撃総数は1万2618件だったが、700例が今なお「良く分かっていない」としています。また、グリーンワルドさんによると、今なお非公開のUFO関連の文書があるそうで、自分は「氷山の一角を見た」に過ぎず、残りも公開して欲しいと話しています。

スポンサーリンク

 1949年日本でも秋田の基地の米軍機が目撃

試しに「Japan」で検索すると、1949年11月23日付けで報告書が上がっていました。

image004

該当箇所が、ここです。サイトより引用させて頂きます。11月21日に秋田の基地に配属されていたF-80シューティングスター機が高度3万フィートを飛行中に、1時の方向に出現していたのだそうです。

長方形で縦40フィート、横20フィートぐらいの大きさで不規則に飛んでいたと、文書にはあります。

その後、別の形で文書になっていました。場所は東経140度8分、北緯39度43分で、空軍気象観測班に照会したが手掛かりは無いとの回答が寄せられています。

略図も描かれていました。サイトより引用させて頂きます。

image006

この他にも、同じ年の10月5日に目撃例があったそうです。東京から報告が上がっています。形などには触れていませんが、場所は東経127度、北緯41度だったそうです。両者とも北で目撃されていますね。

一体、正体は何なのか?

南如水・記

スポンサーリンク

top画像はwikipediaより

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.