日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

ストーンヘンジよりも古いストーン・サークルが英国で見つかる

更新日:

イギリス南部のダートモールという場所で4000年以上前のストーン・サークル見つかりました。考古学者によると、あのストーンヘンジが紀元前2500年から2000年にかけて作られたとされていますから、それよりも古いとの事。大ニュースやん!

ガーディアンが報じています(2015年5月11日付け)

サイトより写真を引用させて頂きます。標高525メートルというから、結構高所にありますね。

直径34メートル。30基の石が横たえられています。その外側にも石が1基あり、更に囲む形で壁があります。この種のサークルは他にもダートモールにありますが、2番目の大きさ。ガーディアンは他にも写真を掲載していますので引用させて頂きます。

1つ1つの石が大きいのが分かりますね。考古学者は「宗教的な目的で作ったのだろう」と見ているそうです。

 

日本の縄文ストーンサークルと同じ4000年前

ダートモールでは5000年前から4000年前(新石器時代後期から青銅器時代初期に相当)にかけて村落があったのではないかと考えられていましたが、この発見でそれが有力視されるようになったとしています。

石そのものはビクトリア調時代に見つかっていましたが、最新の科学を応用して調べて見た所、驚くべき結果が出ました。石は最寄りのシッタフォードから運ばれ、現地で加工された節がある事。恐らくは入念に選んでいたらしい事。また、元々は立っていた事などが分かったからです。

ダートモール国立公園専属の考古学者であるジェーン・マーチャンド氏は「この発見は、考古学で使われる最新の科学的手法で、ダートムーアの先史時代のモニュメントの象徴として最も謎に包まれた建造物に待ち望んでいた洞察を与えてくれる好機をもたらしたのだ」と興奮した口調です。

ちなみに、日本の縄文時代のストーンサークルとして知られる東北北部や北海度で見られる「環状列石」もくしくも同じくおよそ4000年前です。

なお、これが現場の地図です。サイトより引用させて頂きます。

他にもストーン・サークルが数多くあるようですね。ちなみに半マイル離れた所にグレイ・ウェザース・ダブル・ストーン・サークルというのがあり、これが良く似ているそうです。

ダートモール国立公園のサイトより引用させて頂きました。なるほど、確かに似ていますね。

マーチャンド氏は「ダートモールのストーン・サークルの2つ石の下にあった砂を初めて採取し、幾つかの予備的な放射線炭素測定を行った。 その結果、4000年前頃だという事が分かった。つまり、石が横倒しにされる頃だと言う訳である」と話しています。

なお、測定に使われたのは地球物理学のテクノロジーだそうです。そういう時代なんですね。これによる結果が完全に出てはいないものの、サークルの外側にも幅の広い溝がある事が判明したそうです。

更なる調査は今年夏に行われるそうです。一体、どんな結果が出るか、楽しみですね。

スポンサーリンク

南如水・記

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.