日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

4400年前のストーンヘンジが作られたのと同時代の金の円盤が英国で展示へ

更新日:

英国でストーンヘンジが作られたのと同じ時代の金の円盤が一般公開される事になりました。

ポピュラー・アーケオロジーというサイトが報じています(2015年6月19日付け)。サイトから写真を引用させて頂きます。

 

4400年前の太陽?!

英国のウィルトシャー州のモンクトン・ファールレイヒという場所で出土しました。州の博物館で夏至に合わせて一般公開するそうです。

紀元前2400年頃(日本でも東北などでストーンサークル「環状列石」が作られた縄文後期)の制作とされている事から、ストーンヘンジと同時代に当たります。この時代に制作された金属製の円盤の出土例は極めて希で、今までに6枚しか見つかっていないそうです。

ストーンヘンジ(Wikipediaより)

太陽を象ったものだとされています。1947年にモンクトン・ファールレイヒの墳墓から発掘されていたそうですから、半世紀上を経ての一般公開となる訳です。この墳墓はストーンヘンジから20マイルほど離れているとの事ですから、ご近所さんに当たるのかもしれませんね。

ガイ・アンダーウッド氏を団長とする発掘チームは、陶器や火打ち石の弓先や成人男性の骸骨なども見つけています。その後、地主が保管していたのですが地元の博物館に上とされ、入念な掃除の末に一般公開の運びとなりました。

円盤は金を薄い押し型によって加工されたシート状になっています。穴が2つあるのは、衣服か頭飾りに付ける紐を通していたのではないかと見られています。なお、頭飾りも2組見つかっていたそうです。

最近まで青銅器時代初期の金はアイルランドからもたらされたと考えられてきました。ところが、サウサンプトン大学で開発した最新の科学技術による鑑定では、この円盤の金はコーンウォールで採掘されたものだろうとの結果が出たそうです。

州の博物館のディレクターを務めるデビッド・ドーソン氏は「英国で最良の青銅器時代のコレクションと言えるし、信じられないほど貴重な円盤を展示できる運びとなった事について、寄付なさってくれた元の持ち主に感謝しきれない。デニス・ホワイトヘッド博士によって発見されて、厳重に保管されてきたが、2013年の先史時代ギャラリーの新設に伴い譲渡頂いた」と感慨深げ。ホワイトヘッド博士が地元出身で、既にこの世の人では無くなっている事もあって、良き餞になったようです。

実物、一度見て見たいですね。

スポンサーリンク

南如水・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.