日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

200年前の小屋と思ったら900年前のバイキングの家が出土した!アイスランド

更新日:

アイスランドの首都のレイキャビクで、バイキングが建てたと思われる小屋の跡が見つかりました。アイスランド・モニターが報じています(2015年7月8日付け)。1799年に建てられた農作業用の小屋の跡を発掘していたら出土したそうで、関係者はビックリしているそうです。

サイトより写真を引用させて頂きます。レイキャビク中心部で見つかったそうで、約900年前の建設だろうと推定されています。

アイスランドバイキング1

長屋みたいな造りでして、縦20メートル、横5.5メートルだったそうですから、公団団地1棟分ぐらいの敷地面積となりましょうか。バイキングが建てた家屋としては、過去最大級の出土になるそうです。

発掘していたのはミンジャヴェルンドという在野の考古学保存団体。そこのディレクターを務めるポルステイン・ベルグッソン時は「この発見には皆様も驚かれたかと思います。レイキャビクの歴史を書き換えるでしょう」と嬉しそう。

全くのノーマークだった大発見

関係者が驚き、かつ喜んでいるのには理由があります。全くのノーマークだったからです。アイスランド考古学研究所の調査員であるリサベット・グウオマンズトティール氏も、その1人。

「1799年に小屋が建てられたという記録以外に、この地に何かあった事を示す書類は無かったからです。 小屋は牧草地の上に建てられましたが、遺構以外には何もありませんでした」

「もっと掘ったら何か出てくるかも」と思っての作業続行が大金星となったようですね。

アイスランドにバイキングが入植したのは紀元870年から930年にかけてだと推定されています。この長屋については、今後の更なる調査で正確な年数を割り出したいとしています。なお、発掘作業は今も続いています。

小屋の遺構の中からは銀の指輪と真珠が見つかっているそうですから、今後に期待したい所ですね。サイトから写真を引用させて頂きます。

アイスランドバイキング2

これは基礎部分のようですね。

発掘に当たる調査員の皆さんです。
それにしても、当初の小屋の調査はどうなってしまったのやら(苦笑)。

スポンサーリンク

南如水・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.