日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

またまたストーンヘンジネタ。今度は近くで4000年前の人骨が見つかる

更新日:

いやー、ホンマのホンマに、ストーンヘンジネタが続きまんな。今度は現場近くで、4000年前の人骨が見つかったそうです。インディア・トゥデーというインドのサイトが報じています(2015年7月26日付け)。

サイトより写真を引用させて頂きます。青銅器時代のティーンエイジャーだっただろうと推定されています。ストーンヘンジ近くのウィルシャーにあるピュージー渓谷にウィルフォード・ヘンジという場所に墓地があり、そこから見つかりました。

発掘したリーディング大学の考古学者らは、興奮した様子。ストーンヘンジが建立された時代の生活が偲べるからです。広範囲な研究を今後も重ね、今回出土したティーンエイジャーが、どこから来たのか、また、死因は何だったのか等について特定を急ぎたいとしています。

遺体の身長は約1メートル50センチ。両足は揃えられ、腕は交差され、頭は右側を向いていたそうですから、何らかの呪術的な意味合いがあったのでしょう。なお、琥珀のネックレスもかけられていたそうです。
大学の考古学チームは、同じ渓谷にあるマーデン・ヘンジの発掘も6月から始めているそうですから、こちらでも何か出てくるかもしれません。
この当たりは考古学的には重要な地だそうで(そりゃそうですわね、あのストーンヘンジがあるぐらいだし)、3年かけて発掘し、当時の住民の生活振りや宗教祭礼などについて解明していくそうです。
リーディング大学の考古学部のジム・リーリー博士は「この頭蓋骨は素晴らしい発見です。ストーンヘンジ時代の活発な活動の影にあった当時の生活を知らせてくれるのですから。科学的な分析によって、体重や死因や埋葬時期などが分かるでしょう。この若き遺体の生前の様子にも光が当たるかもしれない」と喜んでいます。
この他にも火打ち石の鏃や装飾された器、頁岩や銅のブレスレット、それにローマ時代の美しいブローチも出土していたとの事です。
連綿と使われてきた墓地だったのでしょうか。掘れば今後も何か出てきそうですね。ワクワク。

南如水・記

ストーンヘンジ関連ニュース

「ムーより速報!ストーンヘンジのそばにミステリーサークル出現!」

「ストーンヘンジよりも古いストーン・サークルが英国で見つかる」

スポンサーリンク

「4400年前のストーンヘンジが作られたのと同時代の金の円盤が英国で展示へ」




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.