日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

http://www.khou.com/story/news/nation/2015/07/27/fla-family-finds-1m-sunken-spanish-treasure/30758901/

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

300年前にフロリダ沖で沈んだスペイン船から1億円超の金貨がザクザク!

更新日:

フロリダ沖で300年前に沈んだスペイン船が見つかり、専門のサルベージ会社のダイバーが潜った所、100万ドル相当の金貨が発見されました。

ウハウハでんな(笑)。

ヒューストンのKHOU.comが報じています(2015年7月27日付け)。

1715年に沈没。300年の時を経て…

発見したのはフリート・クィーンズ・ジュエルズLLCとシュミットさんの家族。6月にフロリダ沖に沈んでいた船を探索した所、宝石と金貨がザクザク出てきたのです。総額100万ドルとの事です。

サイトより写真を引用させて頂きます。

内訳は、金貨が51枚、派手な金の首飾りが40個だったそうです。「発見されたのは6月でした。他の人に見つけられないように秘密にしておりました」と、フリート・クィーンズ・ジュエルズLLCのブレント・ブリスベーン氏。金貨は当時のフェリペ5世に献上される為のロイヤル・メイドと呼ばれるもので、今回の発見が300年ぶりだったので「王制300周年」と名付けられました。非常に貴重なので「恐らくこれだけで50万ドルします」(ブリスベーン氏)。

スポンサーリンク

実は2年前に痕跡を発見

さて、今回の大発見は2年前から助走状態でした。シュミットさんの御家族が2013年9月に長さ50フィートの金の鎖を発見したのです。翌年、金線で飾られた聖杯を見つけました。それで、フリート・クィーンズ・ジュエルズLLCと契約を結び、探索してもらった所、今回の大発見に繋がりました。

船が沈んだという事実は様々な文献やブログなどで紹介されていました。ドン・ファン・エステバン・デ・ウビラという長い名前の船長さんが操舵するカピターナ号という名前でした。その積み荷の中身が凄い。350万ペソ相当の財宝だったのですって。キューバ経由でスペインに向かっていた所、1715年7月30日にハリケーンに遭遇し、11隻の商船隊ともども海の藻屑に消えたのです。勿体無い!

発見したフリート・クィーンズ・ジュエルズLLCは、これまでにも沈没船の発見で定評があります。今回も水中考古学者のサー・ロバート・マルクス氏や博物館などと手を組んで探索していました。マルクス氏は、かつてカピターナ号についての著書を発行していた事もあって感慨深げ。近くフロリダ技術研究所で、記念講演をするそうです。また、ジュエルズも近く記者会見するとの事です。
金額が金額ですので、地元メディアも殺到し、フォックス・ニュースではダイビングした映像を放映して世間の注目を集めていました。

なお、ブリスベーン氏によると「5隻が見つかっていない。4億ドル相当の財宝が、まだ不明なんですよ」

スキューバの心得がある皆さん! さぁフロリダへ!!

スポンサーリンク

南如水・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.