日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

ISがパルミラ遺跡の考古学者を斬首!首無しの遺体を晒し者に

投稿日:

久しぶりに頭に血が上った(激怒)。ISIS(IS、イスラム国)が、シリアのパルミラ遺跡研究者であるハレド・アル・アサド博士(82歳)を公開斬首刑に処し、その遺体を柱から吊り下げて晒し者にしたそうです。

ヘッドラインズ&グローバル・ニュースというサイトが報じています(2015年8月19日付)。

「ISISは数カ月前にパルミラの考古学者であるハレド・アル・アサド博士を捕まえ、パルミラの公共広場で衆人環視の中をナイフで斬首刑に処しました」とシリア人権観測所という団体が怒りと悲しみに満ちた声明を同日付で発表しました。しかも、首なしの遺体を広場の柱から吊り下げていたそうです。その写真を公開している他のサイトがありましたが、今回は敢えて引用しません。

ミドル・イースト・アイというサイトでは、生前の博士を収めた画像(右)を紹介しています。こちらの方は引用させていただきます。

温厚そうな方ですね。何という酷い事を!

ツイッターにも、生前の博士を思い出し、哀悼している方がおられました。引用させていただきます。

(ISISはパルミラの考古学者と、家族ぐるみでお付き合いしていた友人とをISILが占領した街頭で斬首刑に処した)‬ この方は、英国のインペリアル・カレッジの宇宙物理学者だそうです。畑は違いますが、学問に見を捧げた人がこんな目に遭った事に我慢ならなかったようですね。

(偉大なる#パルミラのシンボルであったハレド・アル・アサド博士が街頭で虐殺され、子供のようにショックを受けている自分がいる)

パルミラの遺跡保存に50年以上も尽くした

博士は、パルミラの遺跡の保存などに50年以上も尽くしてこられました。今年5月に原理主義者に捕まり、先月にISISに引き渡されていたそうです。

「あれだけ記憶に残るようなパルミラと歴史の為に尽くしてきた学者が斬首され、しかも遺体がパルミラ遺跡内の広場の柱に吊るされたままなんて」とシリア遺跡省の部長であるマーモム・アブダルカリム氏は、ロイター通信の取材に絶句しています。
無法者がパルミラに居座り続けるのは、遺跡全体にとって災厄でしかないと絞り出すように続けていますが、頷くしかありません。

既に遺跡の幾つかを破壊し、残りも完全に破壊すると脅迫していると、DWというサイトが報じています。シリアとイラクの3分の1を制圧し、シリアのラッカと言う街にカリフ(太守)を自称する輩まで現れています。

どうかこのクズどもに罰を与えたまえ。

スポンサーリンク

南如水・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.