日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

これで債務返済?!ギリシャでミケーネ時代の宮殿跡と工芸品が大量出土

投稿日:

債務不履行だの、EU離脱するだのしないだの、暴動だのと、暗いニュースばかりが続いているギリシャで、ひさしぶりに明るい話かも。

同国南部のアジオス・バシリオスという場所で、古代ミケーネの宮殿後が見つかったのです。あのスパルタの御近所さんだったそうですから、観光客誘致になりそうですね。

歴史の起源というサイトが報じています。

当時のミケーネの生活や政治・経済状況まで分かるかも知れないという話にもなっています。当時の記録を刻んだ碑なども見つかっているからです。

ギリシャミケーネ1

サイトから引用させていただきます。案外小さいですね。ギリシャ文化省によると、紀元前1700年から1800年頃に建てられた宮殿で、全部で約10室あったそうです(Phys.orgというウェブサイトの報道による)。当時の宗教儀式に使われたオブジェや、粘土の人形、牛の頭の飾りのついたカップなども出土しています。スパルタを彷佛させる剣や壁画まで出てきたとありますから、まさに歴史的発見!

ギリシャミケーネ3

サイトより、写真を紹介させて頂きます。確かに凄いや。

線文字Bで書かれていた碑には...

発掘は2009年から続けられていたそうです。これまでにも碑が発見されており、線文字Bで書かれている事が判明しています。そう、有名なクレタの線文字Bですね。長らく不明だったのを、20世紀半ばに解読に成功。今回読み込んでみると、当時の宗教上の慣習などについての記載だったそうです。

各種の証拠などから、この宮殿は紀元前13世紀初頭から14世紀にかけての火災で消失したと考えられています。

ミケーネ人は、古代ギリシャの青銅器時代の再末期に栄え、豪華な芸術や文化で知られていました。この頃から良く知られる都市国歌が作られるようになりました。ピュロス、ティリンス、ミディアなどの都市国家がペロポネソス地方に、アテネやテーベなどがテッサリア地方に、それぞれ作られました。

その中でも、特に力が大きかったのがミケーネ。エーゲ海の島々や、小アジアやレバノンやキプロス、イタリアなどへの入植に影響を与えていたからです。ところが、青銅器時代の終わりとともに滅びます。「海の人々」によるとの伝承がありますが、ドーリア族か自然災害もしくは気候変動が原因では無いかとされています。ちなみに多くの古代ギリシャ文学の多くはミケーネが発祥の地だそうで、代表的なのがトロイの悲劇なのですって。

多くの工芸品も出土していますが、宗教については分かっていない事が多く、この発見が解明の手がかりになるのではと見られているそうです。どうやら動物を神に捧げた後に皆で食べていたらしい。

「こうした伝統から、スパルタがミケーネ時代に重要な役割を示していた事が分かりました」と、アメリカのサザンウェスタン大学でミケーネ文化を研究しているl考古学者のハル・ハスケル氏。で、このハスケル氏が、宮殿だと主張しているのだそうです。

「ギリシャ文化省が公開した出土写真を見る限りでは、ミケーネ時代の宮殿跡だろう。スパルタ近くで発見された碑はアルカイック期のものだ」

うーむ。「金になりそう」と言う事で、こうした碑がドイツに巻き上げられなければ良いのですが(汗)

スポンサーリンク

南如水・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.