日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

古代遺跡の破壊は戦争犯罪とハーグ国際裁判所が認定!日本でも古墳などが破壊されまくっていますが…

投稿日:

ハーグの国際裁判所が、歴史的なモニュメントを破壊しているイスラム原理主義者に戦犯容疑で訴追する手続きをしているのですって。ウォールストリート・ジャーナルがスクープし、ロイター通信109日付けで追いかけるなど、報道機関は騒然としております!

内戦中のイエメンの首都に注目集まる

そんなロイターの配信記事を掲載したのが、人権運動で名高いヒューマン・ライツ・ウォッチ。ユネスコの世界遺産を含む、中東や北アフリカでの歴史モニュメントをISILやアルカーイダなどの原理主義者が破壊している事に対し、世界的な規模で懸念が高まっているのを受けている中での訴追手続きでした。

なお、このような懸念は、ISILやタリバンだけでなく、イエメンの首都のサナアにも向けられるべきだと、ロイターでは問題提起しています。と言うのも、首都の中に「街の中の、もう1つの街」が存在し、尖塔やモスクや「バージュ・アル・サラーム」ホテルの屋上のレストランは息を吞むほどの美しさだからです。