日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

化学オタクだった?アメリカ第3代大統領、トーマス・ジェファーソン設計の秘密研究所がバージニア大学の構内から出土

更新日:

アメリカのバージニア大学の構内から、約200年前の「遺跡」が出土。学者が調べたところ、何と第3代大統領、トーマス・ジェファーソンの秘密化学研究所ではないかとの分析が出て、関係者をビックリさせています。

化学オタクだったのでしょうか?

アメリカのABCニュースが報じています(20151016日付け)。

才人だったとは分かっているが…

その前に、ジェファーソンがどんな人だったかを、例によってウィキペディア日本語版から引用させて頂きます。

アメリカ独立宣言1776年)の主要な作者であり、アメリカ合衆国共和制の理想を追求したことで最も影響力のあったアメリカ合衆国建国の父の一人とされている。共和制を推進し、イギリス帝国主義に対抗する偉大な「自由の帝国」の陰にある力としてアメリカの姿を描いた。首都ワシントンD.C.で就任演説を行った最初の大統領である。

大統領就任中にはルイジアナ買収1803年)やルイス・クラーク探検隊1804-1806年)を進めたが、辞任後の米英戦争1812-1815年)に繋がるイギリスおよびフランス両国との緊張関係を増すことになった。

政治哲学者として啓蒙時代の人物であり、イギリスやフランスの多くの知識人と知り合いだった。共和制の美徳の体現者としてヨーマン(独立自営農民)を理想化し、都市や金融家を信用せず、州の権限や厳しく制限された連邦政府に賛成した。ジェファーソンは政教分離原則を支持し、バージニア信教の自由法(1779年、1786年)を起草した。ジェファーソン流民主主義名祖であり、25年間アメリカ政界を牛耳った民主共和党の創設者かつ指導者だった。戦時のバージニアで知事1779-1781年)を務め、初代国務長官1789-1793年)および第2アメリカ合衆国副大統領1797-1801年)も歴任した。

博学者であるジェファーソンは数ある得意分野の中でも園芸学者、政治指導者、建築家考古学者古生物学者発明家およびバージニア大学の創設者として傑出していた。ジョン・F・ケネディ1962年にホワイトハウス49人のノーベル賞受賞者を招いた席で「私はこの今日お集まりいただいた皆様が、ホワイトハウスにかつて集められた最も秀逸な才能と知識の集大成だと思います. . . トーマス・ジェファーソンがここで一人で食事をした時を除いては」と挨拶した2013年現在、2期を完全に務めたアメリカ合衆国大統領の中で、議会の法案に対し一回も拒否権を発動しなかった唯一の人物である。学者達によるアメリカ合衆国大統領の評価でも常に偉大な者の一人とされてきた。

引用終わり。才人だったのですね。考古学にも造詣が深いとなると、我が武将ジャパンとしてもネタ元として捨て置けませんが、今回は化学ネタに専心させて下さい。

ウィキにもありますが、大統領退任後の1819年にバージニア大学を創設。1826年に死去しています。つまり、晩年の7年間に、この研究所を作っていたようなのです。

スポンサーリンク

校舎の設計に携わる

出土したのは大学を象徴するロタンダというドーム屋根の校舎の中。サイトから写真を引用させて頂きます。