日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

明治・大正・昭和時代 歴史・戦国NEWS

学校給食って日本式教育の伝統だと思っておりましたが……国連児童基金(ユニセフ)に感謝です

更新日:

1月24日から30日まで全国学校給食週間です。
当たり前に思っている「学校給食」。場合によっては古き日本の教育の伝統って思っている人もいるかもしれません。
じつは、学校給食の原点には、第2次大戦後の焼け野原になった日本で、国連児童基金(ユニセフ)の粉ミルク(脱脂粉乳)などの海外からの支援があったからなのです。

戦後、日本の子供たちの成育環境は言うまでもなく最悪でした。
終戦から2年後の1949年10月から、当時のユニセフ駐日事務局長のスイス人女性、ストレーラーさんが提唱して、全国12都市で、粉ミルクが配布されました。合わせてモデル校で学校給食も始まりました。

脱脂粉乳を実際に飲んだ世代は、その味のひどさを忘れられないという方もいるようですが、「生きる」という点での効果はとても大きなものでした。

配給を受けた指定校とされなかった学校を比較したところ、わずか1年に満たない期間で、男子で体重2,9キロ、女子で2.6キロ、身長は男子2.2センチ、女子2.6センチの差がでたのです。

愛知県名古屋市立汐路小学校/日本ユニセフ協会

愛知県名古屋市立汐路小学校の給食の様子/日本ユニセフ協会より引用

 

スポンサーリンク

参考:ユニセフ基礎講座

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-明治・大正・昭和時代, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.