日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ドイツ アメリカ 歴史・戦国NEWS

「トランプ氏はヒトラーソックリ」という非難にドイツ報道サイトが「歴史は正しく認識しましょうね」と苦言

更新日:

顰蹙発言が止まないのに、相変わらずアメリカの大統領候補レースの先頭にあるドナルド・トランプ氏。気に食わない人の間で当然ながら大顰蹙を買っているのですが、そんな人達は「奴はヒトラーにソックリ」と非難しています。

ところが、これに釘を刺したのがドイツの報道サイト。「歴史は正しく認識しましょうね。似ていませんよ」と、6つの証拠を例示しながら苦言を呈しています。

ザ・ローカルというサイトがそれです(2016年2月24日付け)。

多くのリベラルなコメンテーターが、そう発言しているので困っていたようです。以下、サイトから写真を引用させてもらいながら、紹介していきましょう。

 

トランプ氏ほど、ヒトラーは女好きじゃなかったぞ

トランプとヒトラー1

サイトでは「ドナルド・トランプ氏が好きだと世界中が確信しているものがある。それはきれいな女性だ」と、サイトは書き出しています。実際、ヒトラーは自殺の直前に愛人のエバ・ブラウンと結婚したのは有名です。つまり、これが初婚。一方、トランプ氏は3回結婚しています。それだけで飽き足りないのか、魅力的な女性には未だに興奮するそうですし、なんと娘さんとデートしたいと匂わせた事すらあったのだとか。ちなみに、上に掲げた写真が娘さんだそうで。

トランプ氏も、そういう性向を認めています。1997年の自著「復活という芸術」(The Art of the Comeback)の中で「攻撃的である事、セックスなど全てに貪欲である事が、男として重要だろ」と書いているほどです。

ではヒトラーはどうだったか。多くの歴史家は、セックスには嫌悪感を持っていた可能性が高く、主治医のテオドール・モレルに治療用の注射を打つように求めていた節があると語っています。

また、医療記録などから、キン●マが1つしか無かった事も最近になって判明しました。なお、このキ●タマが1つというのは、戦時中の英国で卑猥な替え歌にもなり、一世を風靡していたのですが、結果として正しいと裏書きした格好にもなっています。

 

スポンサーリンク

対照的なドイツ民族への思い

方やドイツ民族である事を誇りに思い、方や先祖がドイツ系な のを恥じているというのも違いです。ヒトラーはオーストリア生まれなのですが、ドイツ民族には強迫観念に囚われたかのように賛美を続けました。遂には、 ファーザーランドという概念を主張し、ドイツ民族による欧州の支配を唱えました。

一方、本人は髪の毛の色は黒かったのですが、背もそれほど高くなかったのですが、ブロンドで青色の瞳を持ち、背の高いドイツ人こそが、真の「アーリア民族」だと唱えていました。

で、 そうした条件をクリアしているのがドナルド・トランプ氏。背が高く、ブロンドで青い瞳を持っています。おまけに先祖はドイツ系。なのに、本人は血筋を恥と 思ったのか、何年もそれを隠そうとし、先祖はスウェーデン人だと嘘を付いていました。結局、最近になって祖父はドイツのラインラント=プファルツ州の出身 だと認めています。

 

スポンサーリンク

国境線について、きちんと理解している

トランプとヒトラー2

1938年にウィーンに進駐するヒトラー

トランプ氏は、メキシコとの国境に壁を築いて不法移民を防ごうと唱えています。

「大統領に就任したら、南部に巨大な壁を構築し、建設費はメキシコに賄わせる。この発言を覚えておいてくれ」と、昨年6月の遊説キャンペーン開始時にぶちあげていたほどです。

一方、ヒトラーは、国境を開放していました。もっとも、外国人を招き入れる為ではなく、ドイツ兵や入植者が迅速に展開する為の措置でした。また、既に人が住んでいる地に東欧にドイツ民族を入植させるという「生存圏」を提唱していました。

 

チョビ髭を生やしていないじゃん

ヒトラーは鼻のサイズが大きすぎるとのコンプレックスがあり、その為にチョビ髭を生やしていたとの説があります。一方、トランプ氏には体に関するコンプレッ クスは無く、むしろ「色んなメディアが記事にしてくれているけど、俺の指って長くてきれいだろう。他だってそうなんだぜ」と自慢していたほどです。

なお、近年の研究でヒトラーは尿道下裂という病気に罹っており、ペニスのサイズが大きくなかったとの学説があるそうです。トランプ氏がどうなのかは不明ですが。

 

英国に橋頭堡を築いているぞ

トランプとヒトラー3

英国に不動産があるトランプ氏

1940 年に電撃戦を展開してフランスを降伏に追い込んだ後、ヒトラーはルフトヴァッフェを展開して英国を空から空襲、英国空軍(RAF)とバトル・オブ・ブリテ ンを繰り広げたのは歴史でも有名です。そして、結局は制空権を握れず、ドーバー海峡を越えて進軍できなかったのも、武将ジャパンの読者の皆様なら御存知で しょう。

ところが、トランプ氏はスコットランドに不動産を持っています。トランプ・インターナショナル・ゴルフ・リンクスというゴルフ施設をスコットランドの東岸に作っているからです。ただ、このコースの近所に風力発電所の建設を英国政府が進めており、やめさせようと揉めた挙げ句に裁判にまでなっていたのですって(結局敗訴)。

そういや、英国では「あんな奴を入れるな」と騒ぎになっていますね。

 

フランクフルトの街並みを忘れるな

1939年から45年まで続いた第二次世界大戦は、中世から続いてきたドイツの街並みの多くを廃墟にしてしまいました。RAFやアメリカの陸軍航空隊による猛爆で瓦礫の山になってしまった街の1つがフランクフルトでした。

戦後、苦労しながら再現したところへトランプ氏は世界で最も高いビルを建設しようと計画していたのです。金融の中心地という事情もあったようですね。97階建てで、高さは369メートル。ミレニアル・タワーという名称も付けられていました。結局、地元の景観条例などが煩わしかったらしく、計画を撤回しています。

トランプとヒトラー4

第二次大戦で廃墟になったフランクフルト

つまり、「歴史的な経緯なぞお構いなし」な人なのですね。ホンマ、人騒がせな人でんな。ただ、こういうのを見ていて個人的に気づいた点が。

2人ともエネルギッシュで行動力があるというのが共通していますよね。だからこそ「トランプ=ヒトラー」って主張になっているのでしょうけど。ちなみに、メキシコの元大統領も、この「トランプ=ヒトラー」説に賛同し始めているそうですから、ドイツの負の遺産は深い?

 

スポンサーリンク

南如水・記

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-ドイツ, アメリカ, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.