文京区の「切支丹屋敷跡」から宣教師シドッティの人骨出土! 和服帯刀姿で来日したイタリア人

博学の新井白石を驚嘆させたシドッティ

東京都文京区は4日、同区の小日向にある「切支丹屋敷跡」から人骨が発掘され、当時、ここに幽閉されて亡くなったイタリア人宣教師ジョバンニ・バッティスタ・シドッティ(1668~1714年)のものである可能性が高いと発表した。

シドッティは、儒学者や政治家として名高い新井白石の尋問を受けて逆に白石を驚嘆させ、その後白石がまとめた『西洋紀聞』や『采覧異言(さいらんいげん)』に多大な影響を与えたことで知られている。

 

文京区によると、2014年に行われた発掘調査で屋敷跡の墓の遺構から3体の人骨を発見。国立科学博物館などがDNA分析を行ったところ、そのうちの1体がイタリア人のシドッティである可能性が高いと判明した。

シドッティは、シチリア島パレルモ出身の司祭で、1668年に貴族の第三子として生誕。その後はローマ教皇庁の法律顧問になるなど順調な活動を行っていたが、1703年、教皇クレメンテ11世の命により欧州から船で出航すると、マニラなどを経て1708年、大隅国の屋久島に到着した。

到着したときには「和服帯刀」姿だったといい、キリスト教布教のため友好的な姿勢を表明していたが、ただちに捕らえられて長崎へ送られ、その後は小石川の切支丹屋敷で4回にわたり新井白石の尋問を受けていた。

このとき「宣教師」として来日したことが発覚し、屋敷に幽閉され、後に番人として働いていた夫婦に洗礼を受けさせたことが発覚してしまい、1714年、地下牢に移されるとそのまま病気で亡くなった。

シドッティは、新井白石にキリシタン侵略説の誤解を解き、さらには博学で知られていた白石を驚嘆させる知識や人格などで感動・尊敬させたという。

【参考】東京都文京区 国史大辞典

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る