日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ロシア 歴史・戦国NEWS

レーニン遺体は維持費が年間20万ドル! ロシア人は「埋葬しちまえよ」とつれないご様子

更新日:

モスクワの観光名所の1つであるレーニン廟の家主であるレーニンの遺体の維持費に、年間で20万ドルもかかっている事が判明したそうです。

文化財の維持費という観点で考えると、興味深いものがありますね。

アリー・ニュースというサイトが報じています(2016年4月14日付け)。TOP画像を引用させて頂きました。

 

没後92年、今なお維持に四苦八苦

ロシアのインタファックス通信が報じた事で、各方面の注目を集めたようです。

レーニンは1924年に没しました。つまり没後92年。ちなみに、ハ●ですけど、享年53だそうです。若死にだったのですね。まるで昨日に死んだかのような感じで保たれていますが、これには生物的かつ化学的に大変な苦労なのだとか。

ちなみに、維持費を出していたのはロシア政府。ソ連崩壊後も、律儀?に払っていたのですね。その額が実に1300万ルーブル。ドル換算でも20万ドルだそうで、財政難に悩む政府としてはスポンサーを募ろうとしたようです。何とも資本主義的な話ですな。

 

スポンサーリンク

維持作業は面倒くさい?

管理するのはロシア政府の調達庁という役所だそうですが、ウェブサイトで人材とも契約。「まるで生きているかのように維持出来る生物医学的な作業の専門家」なのですって。しかし、何故か名前を伏せています。悪い事をしている訳でもないでしょうに(苦笑)。

ちなみに、2年毎に保存液を加えて来たとの事。薬剤の風呂に入れるこの作業には1週間かかるのですって。気になる成分ですが、石鹸や保湿剤や化粧品などに使われるグリセロールや、ホルムアルデヒド(これは標本の保存に使われていますね)、酢酸カリウム、酢酸溶液と酢ナトリウムなどだそうです。

御参考になりましたでしょうか? 役に立たない知識かもしれませんけど(汗)。

 

スポンサーリンク

眉毛は植毛なんだって

「2年に1度だと、楽な仕事じゃん」と思われる向きもありましょうが、この他にも定期的なチェック作業があるそうです。痛んだ箇所の修復作業などをやらねばならないのですって。

なお、写真のレーニンの眉毛ですが、追加で植毛されているのだそうです。以前、メンテナンス作業の際に破損してしまったのが原因なのだそうです。この他、皺の維持には気遣いを余儀無くされるとの事です。

なお、第二次世界大戦が終結した1945年にはレーニンの足の肌の一部が欠損する事故が発生。人造皮膚を植え付けてしのいだ事もあったそうです。

また、鼻などの顔の一部には整形を施しました。こうした際に外見を象る材料はパラフィンやグリセリン、カロチンなどなのですって。

 

ロシア人は「埋葬しちまえよ」

涙ぐましく、かつ他には何ら応用出来そうに無い技術を駆使しているって感じですね。

異国人の眼からすれば「観光名所としての人寄せパンダになっているのだし、元は取れているだろ」と思えるのですが、他ならぬロシア人の目線は厳しいようです。ロシア政府による世論調査によると、大多数のロシア人が、展示など止めて埋葬してしまえと考えているとの事です。しかし、プーチン大統領はレーニンを現状維持するべきだと発言しています。

スポンサー募集は、そうした世論への譲歩なのかもしれませんね。プーチン後には、消え失せるのかも。見に行くのなら今の内?

スポンサーリンク

南如水・記

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-ロシア, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.